手術は早めに!知っておきたい包茎のデメリット危険性

[メンズエステ]

日本人の多くが知らない仮性包茎の危険性

仮性包茎の危険性

仮性包茎になる人は多いと言われています。仮性包茎は亀頭が常に皮を被ってしまう状態です。すごく被っていると真性包茎という診断も受けます。仮性包茎には、様々な危険性があります。意外と知らない人も多いと思いますので、仮性包茎についての危険性を見ていきましょう。

包茎は性病感染する可能性がある

まず、仮性包茎の人は性病になる可能性も高いです。衛生面的に仮性包茎の人は、汚れが溜まりやすく、良い環境とは言えません。亀頭も皮膚が弱く傷つきやすいので、性感染しやすい環境下にあります。このような病気を伴うので、仮性包茎の人は早急に治す必要があります。

仮性包茎をそのまま放置する男性も多い

ただ、仮性包茎の人はイマイチ危険性を感じない人も多く、そのまま放っておく人も少なくありません。

なので、そのまま放置してしまう男性もいるのです。仮性包茎のままでも、セックスやマスターベーションができてしまうので、危険性を感じていないのでしょう。しかし、仮性包茎のままにしておくことで、様々な弊害があります。

仮性包茎は刺激に弱く、早漏になる可能性が高い

仮性包茎の人は、包茎ではない人に比べて、亀頭の皮膚が薄いので、刺激に弱い傾向にあります。なので、わずかな接触で射精してしまうので、早漏の人が仮性包茎者には多いです。よりよい性生活を送るためにも、仮性包茎を治す必要があるでしょう。

仮性包茎の人は、皮膚炎や亀頭炎にもかかりやすい

また、仮性包茎の人は、皮膚炎や亀頭炎にもなりやすいと言われています。亀頭の部分が弱いので、病気になりやすいのです。包茎でない人は、刺激にも慣れているので、病原菌への抗体力もあります。仮性包茎の人にはそれがないので、病気にもなりやすいのでしょう。

若い頃に比べて、40代50代は皮膚疾患にもなりやすい

若い頃は新陳代者も良いですが、年を重ねると変わってきます。なので、40代50代の仮性包茎の人は、皮膚疾患にもなりやすいのです。体の衰えとともに、病気になりやすい傾向にあります。菌が溜まりやすい仮性包茎者は特に注意が必要なわけです。

もう悩まない!男性用サプリは【リザベリン】リザベリン

早めの仮性包茎手術を!まとめ

以上のように、仮性包茎についてのデメリットをお話してきました。包茎とは自分たちの問題だけでなく、パートナーへも影響します。

性感染症になるリスクもあり、女性の場合は子宮頸がんのリスクにもなるのです。なので、仮性包茎の男性はいち早く治すことが賢明でしょう。甘く見ないよう、仮性包茎と向き合うことが大切です。

【東京メンズサポートクリニック】はこちら!
【東京メンズサポートクリニック】はこちら!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ