そもそも包茎とはなにか

包茎手術する人しない人

包茎手術をした方がいいのかどうかで、悩む男性も少なくありません。そもそも、包茎とはどんな症状なのでしょうか。包茎とは、ボッキ(勃起)時ではなく、通常時に亀頭が包皮(陰茎部を包む皮膚)に覆われている状態のことを言います。大人になっても何らかの状態で亀頭が皮膚に包まれるのが、包茎にあたります。

包茎手術をみんな受けるべきなのか

そもそも、この包茎手術ですが、男性全員が受ける必要があるのでしょうか。ずばり言うと、必ずしも必要とは言えません。

勃起時に亀頭が見えれば包茎手術を受ける必要性は極端には感じないのです。また、自力で包茎を治す方法もあります。

包茎手術した方が良い場合とは

では、実際に包茎をした方が良い場合というのは、どのような時なのでしょうか。重度の真性包茎、つまり常に亀頭が見えない状態の場合は、汚れが溜まりやすく感染症にもなりやすい状態です。また、真性包茎で尿道からうまく尿がでない場合も手術する必要があります。このように重度に包茎の場合は、手術する必要があるでしょう。そのまま放っておくと、性病にもかかる可能性があります。

実際に包茎手術した人の声

実際に包茎手術を受けた人の声は、満足が得られたと聞こえてきます。環状切開手術で、亀頭が見えるようになったと言いますし、傷口もわからなくなるまで、癒えてくるという声も聞こえてきます。やはり、悩んでいる分、包茎手術をすることで、気分が晴れた人も多くいます。真性包茎で悩んでいる人は、一度専門医に診てもらった方がいいでしょう。

包茎手術は保険適用外なのか

気になる保険の適用についてですが、泌尿器科で受けられる真性包茎手術のみ保険が適用されます。

重症の真性包茎以外は保険対象外

逆に、重度の真性包茎以外は保険の対象外であるため、高額な医療費がかかる場合もあるのです。なので、包茎手術をする場合は費用面などを含めて、よく考える必要があるでしょう。ただ、重度の真性包茎の人は、保険が効く場合が高いので、いち早く治療に専念しましょう。

もう悩まない!男性用サプリは【リザベリン】包茎で悩まない!

包茎手術する人しない人の見分け方!まとめ

以上のように、包茎手術をした方がいい人、しない方が良い人についてのお話をしました。真性包茎やカントン包茎について悩んでいる人は、一度泌尿器科などに診てもらうと良いでしょう。

仮性包茎の人も、自力で治すのが困難な人や、見栄えに悩む人は、泌尿器科もしくは整形外科に相談すると良いでしょう。病院は様々あるので慎重に選びましょう!

最新の包茎治療なら【東京メンズサポートクリニック】
【東京メンズサポートクリニック】

電話やメール相談も可能の包茎窓口!
電話やメール相談も可能の包茎窓口!