結婚前に仮性包茎を治しておいた方が良い理由

[メンズエステ]

結婚前に仮性包茎を治しておく

結婚前に仮性包茎手術を受ける

結婚相手がいる場合は、これからの結婚生活について考えていくでしょう。当然、子作りに励むこともあると思います。そのような時に、仮性包茎だった場合は、妊活する上でのリスクも伴います。可能な限り、結婚前に仮性包茎は治しておく必要があるでしょう。結婚相手や恋人を思うんであれば、自身の健康にも気を使わないといけません。

仮性包茎による症状

仮性包茎は、あまり危険ではないと軽く見られがちですが、実際には様々な危険性が伴います。

やはり、ペニスの衛生面が良くないので、病原菌の巣になる場合もあるのです。なので、体を大切にする意味でも、しっかりとケアする必要があるでしょう。

性病になるリスクがある

仮性包茎は衛生面の問題から性病になるリスクがあります。亀頭の皮膚も弱いので、傷口からウィルス感染して、梅毒やクラミジアになることもあります。

また、若い頃は抗体力がありますが、年齢を重ねると抗体力も衰えて、皮膚疾患になるリスクもあります。様々な病気予防もためにも、早めに仮性包茎手術を受ける必要があるでしょう。

コンプレックスを抱く可能性がある

仮性包茎の人は、コンプレックスを抱きやすいです。大人なのに包茎であることの恥じらいがあります。自分に自信をつけるためにも、仮性包茎手術は必要になってくるでしょう。しっかり亀頭が見えるペニスであれば、異性との付き合いにも積極的になることができます。コンプレックスを無くして、自分に自信をつける意味でも、仮性包茎手術を受けてみると良いでしょう。

発育が遅れて短小になってしまう

仮性包茎であることで、亀頭の発達が遅れて、ペニスが短小になることがあります。やはり、ペニスの大きさをある程度、男性も気にするので、正常に発育させるためにも、仮性包茎手術を受けてみると良いでしょう。仮性包茎手術を受けることで、性行為の充実感を得ることができます。病気予防のためにも、思い切って手術を受けてみるのも良いでしょう。

結婚相手にも性病感染させる可能性がある

また、仮性包茎でいることは、結婚相手にも害があります。ウィルスが蓄積やすいのが仮性包茎であるため、パートナーである女性にも性病がかかりやすい傾向にあります。最悪の場合は子宮頸がんのリスクも伴います。また、生まれてくる胎児にも悪影響を及ぼすでしょう。自分のパートナーや子供のためにも、仮性包茎について考えないといけません。

結婚相手と愛のあるセックスを気持ち良くするために

結婚相手や恋人との愛のある幸せなセックス(性行為)を行うためにも、健康管理をしっかりすることが大切です。お互いが清潔に保つためにも、包茎手術について考えていきましょう。恋人同士で話し合うことも大切かもしれません。

包茎にお悩みのアナタ【上野クリニック】包茎にお悩みのアナタ【上野クリニック】

結婚前に仮性包茎手術することの必要性

以上のように、仮性包茎について話してきました。やはり、結婚するのであれば、結婚前に仮性包茎手術を受けたいものです。

ペニスを清潔に保つ事は、結婚相手のためであり、生まれてくる将来の子供のためでもあります。悩んでいるのであれば、まずは、専門医に相談してみるといいでしょう。施術を受けた男性は、満足の結果を得ています。仮性包茎で悩む男性は、まず医療機関に相談してみましょう。

電話やメール相談も可能の包茎窓口!電話やメール相談も可能の包茎窓口!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ