家族のなかにも反抗的なひとはいる

[メンタル]

すべての家族が円満なわけではない

どの家族も円満ということはありません。血がつながっているのだから、なにもいわなくてもなんでも分かり合えるという時代ではもはやなくなってきました。家族である人間が家族を殺すことが頻繁に起きています。家族だから仲良しであるということはもはやありません。

家族であるはずの人間が家族のひとを恨んだり反抗的な態度を取ったりすることがあります。仲の良い信頼し合える関係とは到底いえず、相手を憎んでばかりいる関係です。家族関係の悪化はさまざまな要因があります。親による過度な監視、遺産相続の問題、介護の押しつけ、極度に気にする世間体などさまざまです。

自分の責任が持てないひとほど家族に責める

しかし、これだけではありません。私はだれかより恵まれなかった、相手になにかをされたから私はこうなった、私は悪くないなど、相手のせいにしてしまう自分にも問題があります。すべて悪いことは親や兄弟に押し付けて自分の責任を無視して家族を責め立てます。問題なのはそういう考えや行動をすることですし、さらにそうしていると気づいていないことです。家族に責任をなすりつけるひとこそ、自分の責任を果たしていなく家族に責めていることをわかってません。

また、そういうひとはこうもいいます。本当は自分が悪いことはわかっているのだけれども家族を責めることがやめられない。しかし、そういうひとは本当はわかってないのです。自分がなぜそのような言動に走ってしまうのか、本当にはわかっていません。自分の弱さや責任から逃れようとするあまり、周りに責任を押し付けようとするのです。

自分の弱さを認めて自己成長する

そんなことをしても、いつまでも自己成長できないのですが、弱い自分や責任を持てない自分を持っているひとは、いつまでたっても家族に甘えて責任を押し付けるだけです。このような状況にしているのは、家族にも原因があります。親は自分の子どもが可愛いあまりに、そのような考えをとがめることができません。他人任せの子どもはそれをいいことに、いつまでも自立できず反抗するわりには、親になにもかも頼るのです。生活もなにもかもすべて。そうなると、反抗するだけのひとはいつまでたっても自立しないでしょう。

自分を変えるには、自分が努力するしかありません。自分を変えるのは、自分でしかないのです。もし、いまだに家族に甘えて相手に頼り責めてばかりいるひとは、もう一度考え直してみましょう。でなければ、いつまでたってもあなたは成長することができません。また、子どもを甘やかせている親は、自分の教育方法を考え直してみるべきです。厳しく子どもを自立させることは子どものためにもなるのです。可哀想だからというのは親のエゴです。本当に可哀想なのは自立できない子どもたちです。それは子ども自分たちの責任でもあるのですが、親として厳しくなる場面も必要です。

さらにお金を稼ぐために見ておくべきこと!

ゼロから正社員を目指すゼロから正社員を目指す

ニート・フリーターが派遣ではなく、本気で正社員を目指すならば「インテリジェンス」は登録しておくべきです。

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

本気で求人を探すなら、DODAもオススメ!ここでしか見れない非公開求人が多数あります。

FXお得なキャッシュバックお得なキャッシュバックFX会社

FXを始めるなら、口座開設すれば最大2万円のキャッシュバックがもらえる、DMM FXがオススメです。

転売で稼げる仕入先を探すならば、Amazon輸入転売リサーチ超効率化ツール「アマテラス」が、かなり人気です!

頭金ゼロ円で不動産投資頭金ゼロ円で不動産投資

「アパート経営のシノケン」なら頭金0円で不動産投資が始められます。

初心者が本当に副業で稼ぐならば、こちらのサイトで紹介されている教材が役に立ちます。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ