表裏のある二重人格が強いひと

[メンタル]

二重人格者の弱さ

おもてうらある二面性

二重人格をもつひとがいますので、そのようなひとについてお話したいと思います。二重人格者は本当は心の弱いひとです。それはなぜでしょうか。

あるひとで二重人格で日々生活を送るひとがいます。そのひとは、職場や友人にたいしては好意的に接するようにしています。わりと当たり障りのない対応を心がけています。しかし、家に帰ると家族にたいして悪態をついたり暴言を吐いたりして、乱れた心を全面に表します。けれども、また職場や友人が集う場にでかけると社交的な自分をつくろうのです。

悪態をつく姿を見ている家族からすれば、そのひとの日々の暮らしはまさに二重人格者です。しかし、職場のひとや友人はその姿を知ることなく、まさか自分たちが名指しで悪口を言われているなど知る由もありません。二重人格者は影で他人の悪口をいいます。

二重人格者は日々の暮らしに疲弊している

しかし、そういう人物はこうもいいます。「自分の日々の生活に疲れる」毎日人格が変わることに疲れを感じています。しかし、そうしないとひとと付き合えないのです。醜い自分が出てしまうかもしれないので。ですから、外ではなるべく良い面を内では徹底的に醜い面を見せます。ただ、そういうひとは心が弱いです。自分の見せられない姿を徹底的に隠すので、緊張の糸が切れたときは奈落の底に落ちるかのように這い上がることができません。家族には自分のヒドい姿を見せますが、ひとたび自分になにかを言われるとショックで立ち上がることができません。

言うだけ言うのですが相手になにかを言われるとあまりにも心がもろく崩れてしまうのです。だから、外では内での顔をかくして社交的に装います。自分の家族での姿を見られたくないのです。見られたら自分が責められてしまい、立ち直ることができなくなってしまいます。自分が弱ければ弱いほど、見せたくない部分をひた隠しにします。そして、他人に好かれる面だけ見せようとするのです。

二重人格者は人生を苦しむ

ただ、そのように偽りで接していても、本当の友人はできません。ある程度、社交的に振る舞えたとしても結局は誰にも悩みを打ち明けられない人間になってしまうのです。そして、そのストレスを家族にぶつけます。このような行為を繰り返す二重人格者が今は少なくありません。自分の弱さや自立心のなさを認められず外ではキレイな姿を装い、内では悪態をつけてしまいます。それを繰り返すことで、日々体力や気力を消耗していきます。ずーっと人生苦しめられることでしょう。人間はありのままの自分を出せることが本当の強さです。

さらにお金を稼ぐために見ておくべきこと!

ゼロから正社員を目指すゼロから正社員を目指す

ニート・フリーターが派遣ではなく、本気で正社員を目指すならば「インテリジェンス」は登録しておくべきです。

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

本気で求人を探すなら、DODAもオススメ!ここでしか見れない非公開求人が多数あります。

FXお得なキャッシュバックお得なキャッシュバックFX会社

FXを始めるなら、口座開設すれば最大2万円のキャッシュバックがもらえる、DMM FXがオススメです。

転売で稼げる仕入先を探すならば、Amazon輸入転売リサーチ超効率化ツール「アマテラス」が、かなり人気です!

頭金ゼロ円で不動産投資頭金ゼロ円で不動産投資

「アパート経営のシノケン」なら頭金0円で不動産投資が始められます。

初心者が本当に副業で稼ぐならば、こちらのサイトで紹介されている教材が役に立ちます。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ