大学へ本当に行くべきなのだろうか?大学に進学する意味とは

[自分探し]

現在、中学生や高校生の方で、自分は本当に大学へ行くべきなのか、と迷う人もいるでしょう。そこで、今回は大学へ行くべきなのかどうかについて、触れていきます。

大学は本当に行くべきなの?

大学へ行くべきなのか

自分は本当に大学へ行くべきなのか。実際に大学へ行く人も、将来のことについて定まっていない人が多いです。将来のことが決まらない、まだまだ遊びたい、学びながら将来について考えたい、という様々な思いから大学に皆通います。なかには、大学で学びたいことがあるから、大学進学をする人もいるでしょうが、それは稀なケースで、多くはなんとなく大学進学する学生ばかりです。

大学に通うと1,000万円近くかかる場合がある

ただし、大学に通うと一人暮らしで仕送りなどしてもらう場合は、1,000万円近くかかることがあります。学費の高い大学だと、一年間で200万円くらい学費がかかることもあるのです。このように、私立の大学に行くとなると、かなりのお金がかかるので、経済的な面で大学に行けない人もいます。また、奨学金を借りて大学へ行く人も少なくありません。大学へ進学するとなると、かなりの学費がかかるので、ますます行く意味が問われるのです。

大学生活は最低でも4年間を費やす

大学生活

大学生活は最低でも4年間を費やします。もし留年や浪人すれば、さらに年数を費やします。薬学部や医学部などは、6年生になります。大学に通いだすと、少なく見ても、4年間は学生生活を過ごすことになるでしょう。学生気分を味わいたいならば、4年間も学生になれるので、喜ぶ人も多いと思います。それだけ青春を謳歌することができます。

大学は無理に行くべきではない

大学は不必要に行くべきではない

大学に通えば、社会人ではない、学生気分を4年間は過ごすことができます。まだ働きたくない人にとっては天国のような時間になるでしょう。

しかし、個人的には大学へは無理に行く必要はないと思います。4年間なんとなく学生生活を過ごすということは、貴重な4年間を遊びで費やしてしまうことになります。高卒ならば、その4年間は働いています。この差は大きいです。

手に職をつける仕事ならば学歴は関係ない

例えば、料理人や大工、その他Webデザイナーやプログラマーでもいいです。このような手に職をつける仕事は、学歴は関係ないのです。ただ適当に学生生活を過ごすよりも、いち早く仕事に慣れた方が、アドバンテージ(有利)になります。ですから、遊ぶだけで過ごす4年間と、しっかり技術を学ぶ4年間は違います。もし、大学に行く意味がわからないのであれば、高卒で仕事を始めても良いのです。

また、従業員として働く仕事だけでなく、社長業でもそうです。特に自分で会社を起こす社長ならば、学歴などは必要ありません。高卒だろうが、中卒だろうが、関係ないのです。事実、世で大成している大社長は、中卒上がりの人も少なくないのです。

必ずしも学歴社会ではない

大学へ行くべきではない

世の中には、学歴社会だから大学へ出た方が良いと言われるかもしれません。確かに、大手企業に新卒入社したいならば、大学を出た方が有利かもしれません。大学を出ていないと受けられない採用試験もあるでしょう。しかし、世の中はそのような仕事ばかりではないのです。

社会人になれば、学歴よりも実績です。自分は何をできるのか、社会貢献できるどのようなスキルがあるのかが問われるのです。そこでは、どこの大学に出ているとか、偏差値とか関係ないのです。所詮、偏差値なんていうのは、新卒者を物差しで測る数値くらいでしかありません。大切なのは、社会人として何ができるかが重要なのです。

大学へ行くよりも将来を見据えた行動をすべき

そういう意味では、ただ漠然と大学へ行くよりも、将来を見据えた行動が必要になります。特に専門職につきたいならば、専門職だけを学べる専門学校にいっても良いと思います。漫画家を目指すならば、大学へ行くよりも、漫画家に必要な技能が学べる専門学校に行くと良いでしょう。それ以外の仕事でもそうです。必ずしも大学に行く必要がなければ、専門学校でもいいのです。

また、いち早く技術を身につけるならば、誰かの下で働くのもありだと思います。もし、目指す道が決まっていて、10代から集中して努力すれば、相当な技術がつくはずです。志すものがあるならば、わざわざ大学へ4年間も行って、意味のない時間を過ごすのは勿体無いことです。大学全入時代と言われたりとしますが、大学に通うことで人生の貴重な時間を無駄にしている可能性もあるのです。

海外留学も視野に入れる

将来を見据えた行動

それに、必ずしも日本の大学が優れているとは限りません。どれほどの学生が、大学で学んだからといって、優秀な人材が育つのでしょうか。日本の大学は、まだまだ「あくまで社会人になる前の遊び期間」という認識が大きいのです。実際に大学に通うと、どれほどの生徒が真剣に研究なり、勉強しているのか疑わしいものです。授業をさぼり遊び呆ける学生も少なくありません。

もし、そのような4年間を過ごすくらいならば、海外に視野を向けるということもできます。同じ学費を払うくらいならば、海外に出て留学してみるのも良いでしょう。多感な時期に、外国文化や外国の人と触れるのは、かなり貴重な経験になります。これまで触れたことのない文化に触れるのは、何よりも良い経験になるはずです。

大事な4年間を費やすことになるので慎重に検討しよう

4年間を無駄にしない

このように、大学に通うことで4年間は遊べる可能性がありますが、逆に言うとスキルを磨けるはずの貴重な4年間を無駄にするということにもなります。仕事によっては、大学卒業後に仕事を始めると、高卒生に遅れを取る場合があるでしょう。事実、東京大学院まで行って社会人となった人が、高卒上がりの人に年収で劣ることもあるのです。ですから、どれほど高学歴だろうとも、仕事によっては学歴が関係ないことがあるのです。むしろ学歴が関係ある仕事の方が少ないようにも思います。

将来自分はどうなりたいかを考えることの方が重要

学生生活と違い、社会人生活は様々な価値観を持った人や、いろいろなビジネスがあるのを目の当たりにするでしょう。そのような様々なものが入り混じる世界では、学歴なんて関係ないのです。むしろ大学に出ていることが足枷になる場合もあります。遊んでしまい学生生活から抜け出せず、社会人として適用できない人も多くいます。

これから大学生になるかどうかが控えている人は、今一度真剣に大学に行くべきか考えてみましょう。無意味に大学へは行く必要はないと思います。それならば、もっと他の選択肢を探してもいいでしょう。それには、情報を集めることです。他にどのような学校や選択肢があるのか、自分は将来どうなりたいのか、そっちの方を考えた方がいいでしょう。いち早く将来の道を定められた人ほど、先にその道に対して努力することができます。なんとなく大学へ行くよりも将来どうしたいのかを真剣に考えてみましょう。将来を考えるならば、下記のサイトでいろいろな学校の情報を集めることも参考になると思うので、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

将来につながる資格取得・オススメの学校

下記では将来につながる資格取得やオススメの学校についてお伝えします。これから新たな夢や目標を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

複数の学校に一括資料請求!「なるには進学サイト」

「なるには進学サイト」

学校を卒業後に自分はどのような進路に進めば良いのか、なりたい職業はなんなのかなど、自分に合った職業・仕事を見つけるならば、「なるには進学サイト 」がオススメです。こちらでは、大学・専門学校・通信制高校に無料でカンタン一括資料請求できます。なりたい自分になるための人気学校情報が満載なので、中学生・高校生から大学生・社会人まで必見の日本最大級の進学情報サイトです。「なるには進学サイト」

自宅に居ながら手軽に資格取得ができる「RHKトータルアカデミー」

「RHKトータルアカデミー」

「RHKトータルアカデミー」は、自宅に居ながら手軽に資格取得ができる、多数のジャンルで通信講座を低価格で受けられます。現役実績のある多くのキャリア講師、管理美容師、現役保育士など、教員資格を持つ専門講師が担当している為、初心者でも気軽に受講できる講座でサポート体制もしっかりしています。過去10年に渡り5万人の受講生がいる、人気の自宅学習が「RHKトータルアカデミー」になります。「RHKトータルアカデミー」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ