声優を目指す人は大学へ進むべきなのか

[自分探し]

声優を目指したい人は、自分は大学へ進むべきなのか、迷う人もいるでしょう。そこで今回は大学進学について考えていきたいと思います。

大学進学は保険にもなる

大学進学は保険になる

まず、押さえておきたいポイントは、大学進学すると保険になることです。仮に大学生として過ごす4年間で、声優になれなかったとしても、新卒入社で企業で働くことができます。この社会人になる前の4年間の学生生活で声優を目指すこともできるのです。なので、声優を目指すならば、大学に通いながら声優を目指した方が良いという声もあります。

せっかく将来の夢があるのに学業に費やすのは勿体無い

ただ、個人的に思うのが、せっかく声優になりたいという夢があるのに、貴重な時間を学びたくもない勉強に費やすのは、ものすごく勿体無いということです。そんな時間を過ごすくらいならば、声優学校でしっかり基礎を学んだ方が良いと思います。もし、大学に行き、さらに声優学校に行くとなると、かなりのお金がかかるわけです。大学に行くだけでも大変なのに、さらに声優の学校となると、家族の家計が相当圧迫されることになります。

保険とか考えて本当に大成するのか

逃げ道を作らないこと

そして考えるべきことは、大学生活を保険とか考えて、本当に声優として大成するのかどうかです。最初から、声優としてうまくいかないかもしれないと考える人が、果たして良い声優になれるかといったら疑問に思います。声優でもミュージシャンでも俳優でもそうですが、後がない人の方が必死で努力します。本気で将来の夢を叶えたいと思う人こそ、目標に到達するまで頑張るものです。なので、最初から逃げ道を作って、声優を目指すことに疑問を感じてしまいます。

むしろいくらでも失敗していい年代だと思うので、後先省みずに勝負する方がよっぽど有意義な時間を過ごせるように思います。

声優を目指した経験は無駄にならない

たとえ大学進学をせずに、声優だけを目指したとしても、それは無駄にはならないということです。将来の夢が断たれたら、それで終わりと思うかもしれませんが、そのようなことはないのです。むしろ、真剣に一つのことだけを頑張った経験というのは、必ず他の分野でも生かすことができます。中途半端に目指すよりも、やりたいならば、真剣に集中して努力することです。結果が実る実らないは関係ありません。

もちろん声優になれることが一番良いかもしれませんが、なれなかったとしても、必死に頑張った努力は無駄になることはないのです。声優になりたいのに、大学へ行くかどうか迷われているならば、無駄な時間を全て割き、声優だけに集中してみても良いと思います。下記でも声優の専門学校について紹介しているサイトがあるので、ぜひ参考にしてみましょう。

将来につながる資格取得・オススメの学校

下記では将来につながる資格取得やオススメの学校についてお伝えします。これから新たな夢や目標を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

複数の学校に一括資料請求!「なるには進学サイト」

「なるには進学サイト」

学校を卒業後に自分はどのような進路に進めば良いのか、なりたい職業はなんなのかなど、自分に合った職業・仕事を見つけるならば、「なるには進学サイト 」がオススメです。こちらでは、大学・専門学校・通信制高校に無料でカンタン一括資料請求できます。なりたい自分になるための人気学校情報が満載なので、中学生・高校生から大学生・社会人まで必見の日本最大級の進学情報サイトです。「なるには進学サイト」

自宅に居ながら手軽に資格取得ができる「RHKトータルアカデミー」

「RHKトータルアカデミー」

「RHKトータルアカデミー」は、自宅に居ながら手軽に資格取得ができる、多数のジャンルで通信講座を低価格で受けられます。現役実績のある多くのキャリア講師、管理美容師、現役保育士など、教員資格を持つ専門講師が担当している為、初心者でも気軽に受講できる講座でサポート体制もしっかりしています。過去10年に渡り5万人の受講生がいる、人気の自宅学習が「RHKトータルアカデミー」になります。「RHKトータルアカデミー」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ