アメリカと日本の残業の違い

[残業]

アメリカと日本の残業の捉え方

アメリカと日本の残業の違い

今回は、残業に関するアメリカと日本の捉え方の違いについて話していきます。アメリカと日本では、どのような違いがあるのでしょうか、もしくは共通点があるのか、以下を見ていきましょう。

日本は残業してなんぼの世界がある

未だに、日本には残業した方がいい風潮が根付いています。これは根性論や会社への忠誠心からくるのかもしれませんが、残業をする社員ほど良い社員だと見なしている会社も少なくないのです。会社を一番に考える社員こそ、優秀な社員であるとの見方が、暗黙のうちにあります。

アメリカは時給制を採用している

そもそも、アメリカでは時給制を採用しているところが多く、日本のように固定給で決まっているわけではありません。なので、アメリカの場合は、何時間働くといくらもらえるかなので、日本に比べて、合理的で、かつどれだけ給料がもらえるのかわかりやすいシステムになっています。日本の場合だと、残業しても、給料にあらかじめ残業代が含まれていたりするので、十分にお金がもらえないこともあるのです。

アメリカは残業を極力しない

しかし、アメリカは極力残業しない傾向にあります。それは、自分の時間を大切にしているからです。あくまで、会社での労働時間はライフスタリルの一部であり、仕事以外の時間にも注力を注いでいるのです。

アメリカは家族の時間を大事にする傾向が強い

また、アメリカ人は特に家族との時間を大切にします。なので、無理に残業して稼ぐのではなく、自分の家族との時間を大切にするので、残業はしない傾向にあります。あくまで必要な分だけ稼いで、それ以外は家族との時間を大切にするのです。

日本は家族を顧みず、残業を優先させる

逆に日本の場合は、家族との時間を顧みずに、残業に専念する傾向が強いです。家族と一緒に過ごすよりも、残業でお金を稼ぐことに意識が集中しています。また、家族の生活費のために、残業代を稼ぐ会社員も多いです。この意識の違いが日本とアメリカの間にあると言えるでしょう。

アメリカは残業するくらいなら、早出をする

アメリカ人は、残業するくらいならば、早出することを好みます。いつもより早く出社して、その時間に仕事をします。朝は、特に静かなので、集中して仕事しやすい状況にあるのです。アメリカでは、残業するくらいならば、朝早く来て、仕事を早く終わらす意識が強いでしょう。

日本企業にあるやらされている感

なので、アメリカでは、自分で仕事をこなす意識が高いように思います。稼ぎたい分だけ、自分の力で稼ぐ意識があります。逆に、日本の場合は、決まられた給料があるので、その分だけ働く、つまり働かされている感があります。日本だと、自分で給料を選ぶことはできません。それは安定があるとも言えます。アメリカの場合は時給制であり、いつ首を切られても不思議ではない状況なので、不安定さがあります。しかし、自分主体のワークライフが送れるメリットもあるのです。これは一概にどちらがいいとは言えませんが、各々の良さがあるのです。それが、残業面にも出てきます。

アメリカにある管理職になりたがらない気持ち

アメリカでも管理職はありますが、管理職になると時給制ではなく、固定給性になるので、昇給したくないアメリカ人も多くいます。今の時給制の方が、自分で稼ぎを選べてフレキシブルに動けると感じるのです。

アメリカにもある残業代訴訟

また、アメリカにも残業代訴訟があります。満足に残業代が得られていないと感じで、訴訟を起こすアメリカ人も少なくありません。給料については、日本もアメリカもそれぞれ不満があるようです。

残業は減らした方が作業効率が上がる

以上のように、アメリカと日本の残業についての考え方の違いについてお話ししてきました。残業は長期間行うと、労働力の低下にもつながるので、極力残業は減らした方がいいとも言えるでしょう。もし、残業をしていて、きちんと支払われていない場合は、専門家へ相談してみるのもオススメします。

いずれにしても、仕事以外の生活も、大切にした方が、より豊かな人生が送れるかもしれません。仕事だけの人生にならないように、バランスを保ちましょう。

今こそ違う仕事を考えるときかもしれない

今転職を考えている方も、まだ考えていない方も、違う仕事を知ることは大切なことです。

自分はどういう仕事が向いているのか、また今より条件の良い仕事があるのか、調べてみるのもいいでしょう。

下記では、転職やこれからの仕事を考える上で、参考となるサイトなので、興味ある方はぜひチェックしてみるといいと思います。

適正年収などが診断できる!「転職サイト@type」

typeの転職力診断テスト!

「転職サイト@type」では、転職力診断テストで適正年収などを診断することができるのです。

今の年収や条件に不満がある方は、簡単に行えるので「転職サイト@type」の転職力診断テストを受けてみるといいでしょう。

「転職サイト@type」の公式サイトはこちらになります。typeの転職力診断テスト

転職を考えているならばぜひ見ておきたい!「リクナビNEXT」

「リクナビNEXT」は以前からある転職サイトになります。

「リクナビNEXT」は昔から頼れる人気の転職サイト

「リクナビNEXT」には、多くの求人案件が掲載されているので、仕事探しをする際にも貴重な情報が得られるはずです。

どんな仕事があるかだけでも、「リクナビNEXT」で様々な仕事を見てみるといいでしょう。

「リクナビNEXT」の公式サイトはこちらになります。

転職のプロに相談できる「DODA」

DODAで求人案件が見つかるDODAで案件を探す

一人で転職活動をするのが不安な方は、「DODA」を利用してみるのもいいと思います。

「DODA」では、業界・職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが、転職希望者のキャリアやスキルを総合的に判断して、現在の転職市場において強みとなる部分、弱点となる部分を整理してくれます。

自分を見つめ直すきっかけになる

相談することで自分を見つめ直すきっかけにもなり、自分はどういう仕事をしたいのか、どういう仕事が合っているのかを見つける手助けをしてくれます。

どういう仕事が合っているか、転職活動に迷われている方は、一度「DODA」に相談してみるといいでしょう。

「DODA」の公式サイトはこちらになります。「DODA」転職サービス

Web職・ゲーム業界に特化した転職支援サービス「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」「マイナビクリエイター」

「マイナビクリエイター」はWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援(人材紹介)サービスになります。

キャリアアドバイザーもWeb・ゲーム業界出身なので、細かいポートフォリオの作り方などを教わることができます。

「マイナビクリエイター」は、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営していますし、特に20代~30代のWeb職・ゲーム業界に転職意欲のある方にオススメです。

「マイナビクリエイター」の公式サイトはこちらになります。「マイナビクリエイター」

東京での仕事と住まいが同時に見つかる!「TokyoDive」

「TokyoDive」「TokyoDive」

「TokyoDive」というサイトでは、地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に紹介するサービスなので、こちらを利用すれば、東京での仕事と住まい(家具家電付き物件もある!)が同時に見つけることも可能です。

上京してくる方は、仕事探しと住居探しの両方を行わなければいけないので、面倒なこともあると思います。そういうときこそ、「TokyoDive」を利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることもできるので、地方から東京へ移住して働き始めたい方にオススメなのです。

敷金・礼金・仲介手数料など一切なし!

また「TokyoDive」ならば、敷金・礼金・仲介手数料など一切なしで探すこともできますので、興味ある方はチェックしてみるといいでしょう!

「TokyoDive」の公式サイトはこちらになります。「TokyoDive」

広告・Web・マスコミ職種に強い「マスメディアン」

「マスメディアン」がオススメ広告・Web・マスコミ求人にオススメ

「マスメディアン」は、広告・Web・マスコミ職種を専門に転職・就職を支援しています。

4万人を超える転職支援実績

「マスメディアン」は、宣伝会議、販促会議、ブレーン、広報会議などクリエイティブ・マーケティング関連の専門誌を発行し、60年以上の歴史を持つ「宣伝会議」のグループ会社で、これまで4万人を超える転職支援実績があります。

広告・Web・マスコミ系への転職を検討している方は、「マスメディアン」をチェックしてみるといいでしょう!

「マスメディアン」の公式サイトはこちらになります。「マスメディアン」

体育会出身者のための転職支援サービス「スポナビキャリア」

「スポナビキャリア」「スポナビキャリア」体育会系転職

「スポナビキャリア」は、年間15,000人の体育学生が登録するスポナビが運営する、転職支援サービスサイトです。

「スポナビキャリア」では、体育会人財を採用したいと考えている企業を業界問わず紹介しています。

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分ある!

企業の幹部候補として活躍できるチャンスも十分あるので、体育会系出身者は「スポナビキャリア」もチェックしてみるといいでしょう。

「スポナビキャリア」の公式サイトはこちらになります。「スポナビキャリア」体育会系転職

Wお祝い金で最大11万円!「アルバイトEX」

稼ぐ仕事をするアルバイト稼ぐ

アルバイトをしたい方は、「アルバイトEX」ならば、Wお祝い金で最大11万円もらえるチャンスがあります!

アルバイトEXは大手求人サイトメディア(an、マイナビ、ジョブセンスなど)21社と提携しているため、お仕事情報は70万件以上あります。

これからアルバイトをするならば、お得なお祝い金がもらえるチャンスもあるので、「アルバイトEX」をチェックしてみるといいでしょう!

「アルバイトEX」の公式サイトはこちらになります。「アルバイトEX」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ