今使っている枕が、自分の体に合わないかもしれないと感じていませんか。枕が合わないことで、実は肩こりや首のこりの原因になっているかもしれないのです。なぜ枕で肩こりや首のこりの原因になるのか、自分の体に合う枕とはどのような枕なのか、詳しく見ていきましょう。

合わない枕が頭痛や肩こりなどの原因かも

枕が合わないと肩こりの原因になることも

今使っている枕に不満を感じていませんか、枕によっては首や肩に過度な負担をかけてしまい、首や肩のコリの原因になっている場合があります。

枕の硬さにより肩こりの原因にも

このように枕の高さによって首や肩に負担をきたしているかもしれないのです。頭が沈み込みすぎても、高くなりすぎてもよくありません。また、枕が合っていないと気道が確保できず、いびきの原因にもなります。枕が合わないことで、首や肩だけでなく、頭痛の原因になっているかもしれません。

枕が合わないと寝つきが悪い

枕が合わないと寝つきが悪い

枕が合わないと寝つきも悪いのです。夜中に何度も起きたりして、良質な睡眠をえることが難しいでしょう。また、羽毛の枕は肌触りよく柔らかくて気持ち良いですが、頭が沈みすぎてしまい、肩こりなどの原因になっている場合もあります。

低反発枕は肩こりの原因になることも

低反発枕は肩こりの原因になる

少し前は低反発枕もブームでした。でも、低反発枕も柔らかすぎて、頭が下がってしまうことがあります。また、低反発枕は寒い時期は枕が変形しやすく硬くなりやすく、常に安心して寝ることができないのです。

オーダーメイド枕が必ずしも合うわけではない

オーダーメイド枕が合うわけではない

オーダーメイド枕が必ずしも合うわけではありません。オーダーメイド枕は自分の体に合わせて作るわけですが、そもそも間違った姿勢で枕を作っている場合があります。それでは、どんなに高いオーダーメイド枕でも、理想的な姿勢で寝ることができないでしょう。

肩幅がある人は高い枕が必要

肩幅があるひとはある程度高い枕を

肩幅がある人だと、横に寝たときにある程度の枕の高さが必要になります。低い枕では、横に向いたときに頭を沈ませてしまい、頚椎が曲がった状態になり、首を圧迫してしまうのです。

壁と首の間の高さに合わせる

枕の理想的な高さは、壁に背を向けてまっすぐ立ったときに、首と壁の間くらいの高さがちょうどよいと言われています。だいたい、男性で平均4cm、女性で平均3cmの高さです。このような高さの枕を選ぶといいでしょう。

タオルで作るものより、やはり本物の枕を!

タオル枕は不安定

手っ取り早いのが、タオルで枕を作ることですが、タオルで枕を作るとグラグラ揺れて安定しません。気付いたときには頭がタオル枕から落ちているなんてことはよくあります。やはり、タオル枕よりも本物の枕の方がオススメです。

体に合うオススメの枕

オススメの体に合う枕

ズバリ、オススメの枕は高反発枕なのです。高反発枕ならば、ある程度強い反発力で自分の頭や首をしっかりサポートしてくれます。体への圧力を上手いぐらいに分散してくれるのも高反発枕なのです。メディアにも多く出演している、タンタン整骨院院長の小林先生は、「めりーさんの高反発枕」のオススメしています。めりーさんの高反発枕オススメ肩こりせず、良質な睡眠を得るためには、寝返りしやすいかどうかも非常に大切です。寝返りしやすければ、ずっと同じ姿勢で寝ることがなく、体への過度な負担を和らげてくれます。そういう意味でも、めりーさんの高反発枕は人気なのです。

長年ひどい肩こりに悩まされていた東京都のプログラマーの鈴木さんは、「リラ!まくら」がいいといいます。リラ!まくらの独自の曲線が首にしっかりフィットするのです。

もし、横向きで寝ることが多いひとならば、「YOKONE(ヨコネ)」もいいでしょう。ヨコネ枕クリニックで院長を務める田中先生も、良質な横向き寝を促す枕として高い評価を出しています。枕の蒸れが気になるひとは、通気性に優れた「The Pillow (ザ・ピロー)」もオススメです。The Pillow (ザ・ピロー)

このように、高反発枕の方が肩こりや首こり解消になり、また良質な睡眠を得やすいです。これまで、枕が合わないと感じていたひとは、上記の枕を試してみると良いでしょう。