薬剤師の給料は本当に安いのか?

[薬剤師]

薬剤師を目指している・薬剤師として働いている、けれども給料が安い!と思う人もいるようです。本当に薬剤師の給料が安いのか考えていきましょう。

薬剤師の年収は500万円

薬剤師 - 平均年収

薬剤師の平均年収は、およそ500万円と言われています。30代半ばくらいには、これくらいの年収を稼ぐことが可能でしょう。この金額を少ないと見るかですが、普通の会社員の平均年収が400万円と言われている世の中で、年収500万円を稼げるならば、薬剤師の仕事はやや年収が高い仕事と言えます。ですから、薬剤師の給料は決して安くないのです。

ただ、薬剤師になるには、薬学部を6年あまり通い、猛勉強しなければいけなく、また高い学費もかかるので、そのようなことを含めると、薬剤師の給料は安いと感じてる人もいるのかもしれません。ただ、薬剤師の平均年収が500万円というだけであって、もちろんさらに稼ぐ薬剤師もいます。

また、薬剤師は勤務先も、病院・調剤薬局・ドラッグストアなどに分かれていきます。このように勤務先によっても、稼げる年収は違うのです。

病院勤務ならば年収600万円いくことも

薬剤師 - 病院勤務

例えば、病院勤務の薬剤師の場合、国立病院か民間病院かによっても変わると思いますが、年収600万円いくこともあります。小さな調剤薬局よりも、多くの患者が集まる大きな病院の方が、当然医療費は稼ぎやすいわけです。ですから、有名な病院や専門病院などで働けば、年収が高くなる可能性は十分にあるでしょう。

また、病院によっては夜勤があるでしょうから、夜勤専任ならば、月収40万円以上は稼ぐことができるでしょう。また、病院勤務の良いところは、医者と交流を持ち、医療の知識を深められることにあります。自身の医療的知見や経験をつけたいのであれば、病院勤務もありではないでしょうか。大きな病院ほど、様々な医者と出会える機会も多くなるでしょう。スキルアップのチャンスになります。

ドラッグストア勤務ならば年収700万円いくことも

薬剤師 - ドラッグストア

また、ドラッグストアで働く場合は、年収700万円いく可能性もあります。ドラッグストアで勤務する場合は、薬剤師手当として月3~4万円前後の手当がつく場合もあるのです。また、複数店舗運営しているドラッグストアの店長クラスになると、高い年収が得られる可能性もあります。

ただ、ドラッグストア勤務の場合は、調剤だけでなく、レジ打ちや品出し作業も多くなるでしょう。また、店長になると、運営方法や売り上げについても考えなければいけません。ドラッグストアに勤務する場合は、必ずしも薬剤師としての仕事だけでなく、他の作業や運営を任されることがあるということを知っておきましょう。

ですから、医療の知識を深めたい人にとっては、ドラッグストア勤務は向かないかもしれません。しかし、運営やビジネス的な部分ならば、ドラッグストア勤務で学べることも多いでしょう。

薬剤師公務員なら年収700万円いくことも

薬剤師 - 公務員

また、薬剤師の公務員として働けば、年収700万円いく場合もあるでしょう。薬剤師はもともと資格を持てば、安定している仕事ですが、公務員ならさらに安定性は増すでしょう。また、ほぼ年功序列のような形で、能力問わず、年齢が上がるほど年収アップは見込めることでしょう。

年収を確実にアップさせたいならば、安定性ある公務員を目指すという道もあります。ただ、公務員は試験もあり、人気なので、なかなか狭き門なのは確かです。

製薬会社ならば年収1,000万円いくことも!

薬剤師 - 製薬会社

そして、薬剤師がかなりの高収入を目指すならば、製薬会社勤務が良いでしょう。大手製薬会社勤務ならば、年収1,000万円いく可能性もあります。製薬会社はMRだけでなく、薬剤師も働きます。

製薬会社での薬剤師の仕事は、患者に薬を渡すのではなく、薬を作る仕事です。自らが、薬を作り出していくので、非常に高度な知識や経験が必要ですし、やりがいも十分あるでしょう。ただ、その分、忙しい日々が続くと思います。本当に高い年収を得たい、薬剤師として限界まで挑戦したい方は、製薬会社の勤務も良いでしょう。

ただ、こちらも人気である職場のため、製薬会社で働くのもなかなか狭き門であることは確かなのです。

地方に勤務すると生活もだいぶ楽になる

薬剤師 - 地方勤務

もし、薬剤師の方で、もう少しお金にゆとりが欲しいならば、地方勤務するのも一つの手です。地方であっても、薬剤師の給料は変わらず、普通の仕事に比べれば、そこそこいいはずです。さらに、地方ならば家賃など固定費が都会に比べて安いので、生活にもゆとりも持たせることができるでしょう。

現在、なかなか給料が上がらない方は、思い切って地方に移り住んで、豊かな暮らしをするという選択肢もあるでしょう。

薬剤師の仕事は人間関係も大切

薬剤師 - 人間関係

薬剤師の仕事は、このように勤務先によって、年収を上げられる可能性があるのです。ただ、薬剤師の仕事は、職場の人間関係もかなり大切です。薬剤師は狭い職場が多いでしょうから、人間関係が良好でないと、精神的に結構きついことがあります。どんなに年収が良くても、上司や同僚との人間関係が悪いと、悲惨な労働環境になってしまうので、年収だけで仕事を選ばない方が良いかもしれません。

何れにしても、給料が安い・高くしたいと考えている薬剤師の方は、まずは情報収集してみることが大事でしょう。下記でも、オススメの薬剤師専門の求人サイトを紹介しているので、いろいろ見てみると良いでしょう。職場が変わるだけで、給料がアップすることは、この業界ではよくあることです。チャンスを逃さないためにも、チェックしてみると良いでしょう。

薬剤師専門のオススメ求人サイト

下記では、人気のある、薬剤師専門の求人サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

高収入求人多数!「ファルマスタッフ」

「ファルマスタッフ」薬剤師転職「ファルマスタッフ」薬剤師転職

「ファルマスタッフ」は、東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントになります。「ファルマスタッフ」では、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしています。

そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しているのです。また、転職成功率は90%超の実績を誇ります。

お祝い金40万円進呈!「ジョブデポ薬剤師」

「ジョブデポ薬剤師」薬剤師転職求人

「ジョブデポ薬剤師」は、日本最大級の80,000件以上の求人件数を誇る、薬剤師専門の転職サイトになります。また、仕事が決まった方には最大で40万円のお祝い金がもらえるのです。登録は1分でできるので、まずは無料会委員登録をして、求人を探してみると良いでしょう。

求人事業40年以上!「Aidem Smart Agent 薬剤師」

「Aidem Smart Agent 薬剤師」

アイデムは、求人事業を40年以上運営する、実績ある薬剤師転職の求人サービスになります。職場環境を変えたい・今の給料よりも確実にアップしたい方は、「Aidem Smart Agent 薬剤師」を検討してみると良いでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ