30代薬剤師は転職を考える良い時期・タイミング

[薬剤師]

30代の薬剤師は転職を考えることもあるでしょう。薬剤師が転職するならば、30代のうちが良いかもしれません。詳しく見ていきましょう。

薬剤師は30代でもチャンスはある

薬剤師 - 30代転職チャンス

普通の仕事だと、30代の転職は難しいこともあるでしょう。ある程度、キャリアや経験を積んでいないと、30代の転職はそう簡単なものではありません。しかし、薬剤師は6年間の猛勉強の末、仕事に就くため、薬剤師として働き始めるのは、普通の会社員よりも年齢が高くなってからです。したがって、薬剤師は30代でもどちらかというと若手部類に入り、まだまだ転職するチャンスはあるのです。30代でそれほど業務経験がない薬剤師でも欲しがる会社はあるでしょう。

30代から薬剤師を目指す人もいる

また、なかには30代から薬剤師を目指す人もいます。会社員を経験して、30代になり薬剤師を目指し、実際に猛勉強の末、薬剤師となる人もいるのです。このように薬剤師になったのが年齢的に高い人でも、薬剤師として働けるチャンスはあります。

薬剤師が転職する理由

薬剤師 - 転職理由

このように薬剤師は30代でもまだまだチャンスがあるのです。「30代になると転職が難しいのでは」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。薬剤師は30代からこそ経験を積む時期なので、まだまだ転職するチャンスはあるのです。また、薬剤師が転職を考える理由は下記のようなものがあります。

仕事に対しての給料が安い

仕事は忙しいのに給料が安いと感じている場合もあるでしょう。患者も多く、そこそこ忙しいのにも関わらず、年収が500万円を超えていなかったり、ボーナスもそれほど多くなかったりすると、転職を考えるものです。実際に、転職すると年収が上がるケースも少なくありません。勤務先によっては、年収600~700万円稼げることもあるでしょう。薬剤師は転職して、年収が一気に上がるケースもあるのです。

キャリアアップをしたい

向上心がある薬剤師ほど、さらにキャリアアップをしたいと思うこともあるでしょう。一つの会社だけにとどまると、なかなか新しいことを学べないものです。ですから、転職をして、さらに経験や知識を積む薬剤師もいます。今の環境に甘んじることなく、さらにステップアップしていきたい方は、転職を考えてみても良いでしょう。

人間関係が悪い

もっとも転職を考える理由として多いのが、人間関係の悪さです。職場の人間関係が悪いと、いくら高収入でも仕事を辞めたい、転職したいと思うこともあるでしょう。職場の人間関係はとても大切であり、劣悪だと最悪です。そのような環境では事故に遭遇してしまったと考え、いち早く転職すべきでしょう。

様々な薬剤師の勤務先

薬剤師

また薬剤師には、様々な勤務先があるので、下記で詳しく見ていきましょう。

調剤薬局で働く

薬剤師

薬剤師が働く一番オーソドックスなケースは、調剤薬局で働くことでしょう。薬局はコンビニよりも多いと言われています。調剤薬局での仕事先は見つけやすいでしょう。普通に働けば、500~600万円の年収を得ることは可能です。

病院で働く

また、薬剤師ならば、病院で働くケースもあるでしょう。病院ならば、様々な医師とも関わり持てるチャンスがあるため、医療の知識を深めることができるでしょうし、スキルアップにもなります。また、年収も500~600万円程度は稼げる可能性が高いでしょう。

ドラッグストアで働く

ドラッグストアで働くケースもあります。ドラッグストアでは、薬剤師としての仕事以外にも、レジ打ちや品出しなどの業務をすることもあるでしょう。また、マネージャーに昇進すれば、お店全体を任せられ、運営面に携わることもあるでしょう。お店の売り上げにも注意しないといけません。

ドラッグストア勤務の場合は、薬剤師としての仕事だけを行うわけではありませんが、その分、お店の経営面に携われる可能性があり、マネジメント業務なども学びたい方に最適かもしれません。店長クラスになれば、年収700万円ほど稼げる場合もあります。

公務員として働く

また、公務員として働く薬剤師もいます。地域により、薬剤師を募集していることもあるので、公務員として薬剤師の仕事ができるケースもあるでしょう。年収も500~600万円程度稼げる可能性あり、また、公務員なので仕事も安定しています。安定を求める人にとっては良い職場でしょう。ただし、公務員は人気のため、公務員試験を突破するのは簡単ではありません。

大手製薬会社で働く

薬剤師ならば、大手製薬会社で働くという方法もあります。大手製薬会社で新薬の開発など担当すれば、年収1,000万円も夢ではないでしょう。しかし、大手製薬会社に入るためには、相当な経験を積まないといけないので、狭き門であることは確かです。

転職の目的を明確にする

薬剤師

転職する場合は、転職の目的を明確化することです。収入を上げたいのか、スキルアップしないのか、人間関係が悪いからなのか、何を重きに置くかで転職方法も違ってくるでしょう。満足いく勤務先を見つけるためにも明確化することが大切です。

また、できれば勤務先を見学するのも必要でしょう。外からでもいいので、どのような職場なのか、実際に見ることも非常に大切です。

まずは積極的に行動してみよう!

薬剤師

30代ならば、まだまだ転職チャンスがあるのが、薬剤師の業界です。ぜひ前向きに転職を考えると良いでしょう。ちなみに、転職を考えるならば、下記の薬剤師専門の転職サイトがオススメです。一度目を通しておくと良いでしょう。

薬剤師専門のオススメ求人サイト

下記では、人気のある、薬剤師専門の求人サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

高収入求人多数!「ファルマスタッフ」

「ファルマスタッフ」薬剤師転職「ファルマスタッフ」薬剤師転職

「ファルマスタッフ」は、東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントになります。「ファルマスタッフ」では、1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリングしています。

そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しているのです。また、転職成功率は90%超の実績を誇ります。

お祝い金40万円進呈!「ジョブデポ薬剤師」

「ジョブデポ薬剤師」薬剤師転職求人

「ジョブデポ薬剤師」は、日本最大級の80,000件以上の求人件数を誇る、薬剤師専門の転職サイトになります。また、仕事が決まった方には最大で40万円のお祝い金がもらえるのです。登録は1分でできるので、まずは無料会委員登録をして、求人を探してみると良いでしょう。

求人事業40年以上!「Aidem Smart Agent 薬剤師」

「Aidem Smart Agent 薬剤師」

アイデムは、求人事業を40年以上運営する、実績ある薬剤師転職の求人サービスになります。職場環境を変えたい・今の給料よりも確実にアップしたい方は、「Aidem Smart Agent 薬剤師」を検討してみると良いでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ