キャバクラ、ガールズバー、クラブ、スナックなどで働く女性への偏見

水商売や風俗への偏見

キャバクラ、ガールズバー、クラブ、スナックのような水商売で働く女性たちへの偏見の目があるのは確かです。特に、そのような世界を経験したことがない人は、怪しい、汚れているというイメージを抱きます。そのような偏見から、後ろめたさを感じつつ、夜の仕事をする女性たちも少なくありません。水商売で働く女性たちへの、偏見の目について触れていきたいと思います。

水商売で働く女性は軽い女と見られている

水商売の仕事も大切な仕事

水商売で働く女性たちは、軽い女だと見る人たちもいます。なぜかというと、キャバクラやパブなどの水商売はお触りなどあり、また体の付き合い(枕営業)があるイメージなので、軽い女たちと見られてしまいがちです。特に、水商売の経験がない人たちは、小説やドラマなどのイメージを、そのまま持ってしまいます。水商売は、自分の体を売ってお金を稼ぐ軽い女たちだという、イメージを持たせてしまうのかもしれません。

水商売で働く女性たちを見下す目線

水商売で働く女性たち

そのようなことから、キャバクラやクラブなどで働く女性たちを見下だす傾向があります。表には、そのような感情を出さないかもしれませんが、どこかで見下す人たちもいます。事実、アサウンサー試験で水商売をしていることが発覚して、内定を取り消すテレビ会社もあるほどです。普通の仕事と水商売の仕事は、分けて考える人たちも少なくありません。しかし、そのような人たちも、スナックやキャバクラに行くこともあるのです。それにも関わらず、ホステスやキャバ嬢を見下す風潮が、残念ながら世の中にはあります。

風俗嬢は下品で低俗な商売という見方

水商売への偏見

特に、自分の体や性欲をビジネスにする、風俗嬢は下品で低俗な商売であるという見方もあります。性のはけ口としてのビジネスは、汚い下品というイメージが強いです。風俗で働く女性たちは、黒い歴史として、なかなか表立っていうことはできません。

これはAV女優などもそうでしょう。自分の体や心を売る風俗ビジネスは、なかなか世間の目からは冷たく見られてしまいます。

水商売で働く女性は、恋愛対象にしたくない、との声も

水商売の女性は嫌われるのか

スナックやキャバクラで働く女性は恋愛対象にできない、という声も男性から聞かれます。やはり、ホステスやキャバ嬢は人生経験も豊富で、軽いイメージがあるのか、なかなか恋愛対象や結婚対象にしようとしません。たとえ、自分が水商売や風俗のお店にお世話になっていたとしても、自分の彼女や結婚相手としては、別に考える男性陣も少なくないのです。そこには、風俗嬢や水商売で働く女性たちを、汚いイメージで見ているのかもしれません。

まともな親の元で育っていれば、水商売の仕事は選ばないのか

水商売でも関係ない

「まともな親の元で育っていれば、水商売の仕事は選ばない」との考え方を持つ人たちもいます。普通の幸せな家庭に育っていたら、そのような下品な商売にはつかないだろう、という考え方です。水商売で働く女性たちは、貧しい不幸せな家庭というレッテルを貼りたがります。

ホステスやキャバ嬢のすべてを否定する見方もあるのです。そのような業界で働く女性たちは、みんな不幸な家庭で育ったのだという、勝手な固定観念があります。

容姿だけでなく、内面の美しさも求められる、水商売で働く女性たち

内面の美しさが求められる

しかし、キャバクラや高級クラブで働く女性たちは、容姿だけでなく、内面の美しさも求められる人たちです。水商売で働く女性たちは、ただ煌びやかな格好をすればいいだけではありません。相手の男性客を喜ばせる心遣いが常に必要になるのです。そこには、おもてなしの精神が必要になります。

なので、キャバクラやスナックで働く人たちは、外見だけでなく、内面の美しさも求められる女性たちです。そのような女性がいるからこそ、多くのビジネスマンが利用しています。なので、ホステスやキャバ嬢たちは、決して低俗でも下品でもありません。サービス業に徹するプロの仕事人と言えるでしょう。

全ての仕事が、サービスにより対価を得ているということ

水商売も必要な仕事

これは水商売だということは関係なく、全ての仕事がお客さんにサービスすることで対価を得ています。昼間の事務の仕事も、結局は会社としてサービスを顧客に提供することで対価を得ているのです。その観点から考えると、昼間の仕事も夜の仕事も同じなのです。なので、ホステスやキャバ嬢などの夜の仕事だけ奇異で見られる必要はありません。仕事として行う以上、同じ土俵なわけで、見下される筋合いもないのです。

水商売も性風俗も、需要がある(求められている)ので、商売として成り立っている

水商売も必要とされているビジネス

極論を言えば、水商売であれ、風俗であれ、需要があるから商売として成り立ちます。欲求を満たしたいお客さんのために、サービスを提供する場があるのです。ということは、水商売も風俗も、世の中に必要とされるビジネスなのです。なので、それらを汚い下品というイメージから排除する考え方にも偏りがあります。

そのような職場で働く女性たちも、ちゃんと社会貢献をしている貴重な人材であることを忘れてはいけません。事実、多くの男性陣がお世話になっているのも事実です。

ビジネスの目線から言えば、決して見下すことではない

スナックの仕事は需要がある

このようなことから、キャバ嬢やホステス、そして風俗嬢を見下すことはできないのです。見下す人たちは、自分に対してコンプレックスがあり、優位に立ちたちと考える人たちかもしれません。本当は、優劣の関係性はないのです。むしろ、そのような偏見にも負けずに健気に働く女性たちの方が、人間的に素晴らしいとの見方もできます。同じビジネスの目線からは、どれも貴重な商売と言えるでしょう。

水商売で働く女性たちは、偏見を気にせず、自分の仕事に徹すること

自分の仕事に誇りを持つ

以上のことから、水商売や風俗で働く人たちは、偏見を気にせずに、自分の仕事に徹することです。自身のサービスにより、対価を得ていることを意識して、気配りできる心遣いを養う努力に集中しましょう。これらの経験や知識は、必ず他の分野でも生かされるはずです。

もし、自分の仕事に後ろめたさがある場合は、それは偏った固定観念に起因している場合もあるので、気にせずに、プロとして自分の仕事に徹することです。お客さんは、そのような仕事人を必要としています。