自分の人生を犠牲にしてまで会社で働く必要なし

[人生哲学]

自分の人生を犠牲にする奴隷生活

残業は当たり前ではない

日本社会は自分の人生を犠牲にする社会人が多すぎる。いまの会社にしがみつくために、自分の人生を犠牲にして、自分の本心に蓋をして、無理やり好きでもない仕事を毎日こなす。それは、奴隷生活と変わりなく、ただ目先の金のためだけに、上司に媚びを売り、自分に嘘をつき、毎日好きでもないやりがいも感じない仕事をする。心と体が別々に正反対に動くので、ストレスが生じて、思わぬ病気やうつになり、果てには過労死や自殺に陥ることもある。正直いって自分の人生・命を犠牲にしてまで会社に全てを捧げる必要はない。特に真面目な心優しい人は、自分が悪い、会社が正しいと錯覚してしまい、限界まで自分を追い込んでしまう。そうしてどうしようもなく、踏ん張りきれない限界まで行き、命を足す社会人も少なくはない。特に日本人は、人のことを気にしすぎるあまり、自分の体や人生を犠牲にしてしまう。しかし、それは働きアリか奴隷でしかない。会社はいくらでも次の人材、次の働きアリを探すことはいくらでもできる。社員、社畜は一つのコマでしかない。

上司の判断が全てではない

また、会社員となると、どうしても上司の言うことに従わないといけない。上司の意見が絶対で、いくら意見を出しても、上司の判断で提案が通らないことがある。また、理不尽に自分の責任でもないのに責められることもある。仲間であるはずの同僚が平気で裏切ることもある。皆、自分の査定評価・給料に必死で、会社内でも仲間意識は皆無で奪い合いが生じる。影では同僚の悪口を言い、自分が少しでも高い評価が得られる人間であるかのように振る舞う。そのような内部では、創造性もなく、誰かの目を気にした意見(偽りの言葉)しか通らなくなる。会社の方向性を大きく変える提案は絶対に出ないし、常に誰かの目を気にする、酸素が薄い息苦しい職場でしかなくなる。

無理に上司に合わせる必要はない

残念ながら、このような会社は日本に多くあり、実際の数はわかっていない。けれども、これほどの過労死、自殺者、パワハラなど見れば、いかに日本社会がとてもストレスに満ちて、上下関係が厳しく、無駄な気を使わなくてはいけず、本来の仕事に集中できない負の連鎖の環境であるかが容易に分かる。

そもそも、それほど苦労してまで上司に意見を合わせる必要はない。もし、死ぬまでその会社で働きたいならば、嫌でも会社の意向、上司に好かれる姿勢や考えを無理やりにでもしなければいけない。けれども、もしキャリアチェンジやその会社に一生いるつもりがないのであれば、上司の意見になんて合わせる必要がない。それで会社の居心地が悪くなるようであれば、そんな会社なんてやめてしまえばいい。会社は国内に腐るほどあるし、人材を探す会社は街中の公衆トイレ以上にはるか多くある。

無理に上司に合わせるような提案をして、自分の創造性を失う必要はない。そうすれば、ますますつまらない人生を送ることになる。満員電車でつまらない椅子とりゲームに人生を捧げることしかできなくなる。独創的な考えも永久に失われてしまう。

上から目線の上司もつまらない人生を送っている

無能な上司や人間的に欠落している上司ほど、上から目線であり、つまらない人生を送っている。彼らは自分の人生が有意義なもので、力のある存在であることを誇張したがる。しかし、現実は満員電車に揺られ、数少ない給料で土日にわずかな娯楽を楽しむことしかできない。いくら上から目線で話そうとも、実際の生活は大したことのない水準で生活している。それは部下とも変わらない生活水準でもある。仕事ができるように見せたい、もしくはできているのかもしれないが、部下を卑下して自分を強く見せたい、支配したがる上司は、日本社会に虫歯の数よりも腐るほどいる。それらの虫歯よりも汚い心を持った人間の考えに合わせる必要もないし、そういう時間は人生の無駄な時間でもある。それならば、いっそのことその会社を離れた方がいいのかもしれない。

会社より自分の人生・命を大切にする

会社に人生を捧げる、命を捧げる日本の真面目な社員は無数にいる。しかし、命を失ってまで、大きな病気になってまで仕事をする必要はない。国内社会は、倒れるまで働くことを美徳としているが、それはもはや化石時代の考え方である。いまの時代は、皆が働きやすく、自分の考えが普通に言える時代。組織も重要だが、個人が輝く時代でもある。個人の輝きを失わせ、服従させようとする会社は古い。残念なことに、そのような会社は古いことに自覚がなく、自分たちはどんどん新しいことを取り入れている最先端な会社だと誤認している。蓋を開けてみれば、社員の入れ替わりは激しく、皆偽りの心で体を壊している。繰り返し言うが、会社に命を捧げるべきではない。

本当にしたいことは何か自分に問いかける

自分の人生で大切なことは、本当にしたいことは何か、自分に問いかけること。会社にいると否定的な言葉を多く受けることもあり、どうしてもネガティブな心をもたせてしまう。知らず知らずに自然と否定的な感情を抱かせ、自分にブレーキをかけてしまうのだ。あれは自分にはできない、年齢的に厳しい、資格や経験がない、などなど。挑戦する心を失わせてしまう。これも日本経済の特徴で、挑戦心を失わせれば、いつまでも会社に服従する人間を作り出すことができる。挑戦心は会社の規定枠の範囲で取り組めばいい。独立するとか、会社にとっては馬鹿げた迷惑な精神を持たせないように、周りは必死に引き止め、否定する。

けれども、大切なことは、自分にとって何がしたいのか、問いかけることだ。そこには、一切の制限はいらない。何ができない、何が難しいなど考えずに、本当に心のそこからしたいことを自分に聞いてみること。答えが見つからなくても考え続けることが大切。そうすればいずれは見つかる。そして、見つかったら、それに対して努力すればいい。今まで気付いたキャリアじゃなくても全然構わない。未経験であろうと、技術が足りなかろうと問題ない。本気でしたいことに打ち込める人生ほど幸せなことはない。これからの人生を好きでもない仕事で、イヤイヤ上司の顔を伺い仕事をする苦痛な人生ほど不幸なことはない。

自分と本音で語る時間を作る

今こそ、自分と本音で語る時間を作ってみよう。静かなところで、何も音がないところで、一人で10分でもいいから自分に語りかけてみよう。雑音(上司の戯言)や騒音(他人の虚言)を取り除き、自分と本音で話してみよう。会社での偽りの仮面を取り、本当の自分と話してみよう。自分は本当は何がしたいのか、どのようなことで社会に貢献したいのかを真剣に考えてみよう。そして、それは仕事に出来ないか、考えてみればいい。そこでは、経験や知識なんて関係ない。今後、経験していけばいいもの。他人の否定的な言葉に耳を傾ける必要はなく、自分だけに問いかけてみよう。答えは見つかるかもしれないから。

いつまでも自分に嘘をつく人生ほど辛いものはない

いつまでも自分に嘘をつく人生ほど辛いものはない。目先の給料や生活費のために、尊敬できない上司の意見に自分を合わせる必要はない。もし、違う道を進みたいならば、自分が思う世界へ飛び出せばいい。恐怖は幻想でしかないから。進んでみないと、その先を知ることはできない。自分の心に嘘をついていつまでも偽りの人生を歩んでいたら、きっと後で相当後悔することになる。それは自分の人生を不幸にしてしまうし、結果的に自分の周りにも悪影響を抱かせてしまう。多くのサラリーマン・社会人は自分と向き合うことなく、不幸な人生を歩んでいる。表面的には笑顔を見せて、リア充に見える人も、実は心に蓋をして、偽りの行動をしている。大切なのは、誰かに見せびらかすことでもない。自分で心から満たされる日々を過ごしているかが重要なのだ。

自分が輝くことで家族も輝ける

もし、靴売りが好きでたまらず、毎日でも靴を売るのも楽しくで仕方がない人が靴売りをしていたら、その人は間違いなく輝く人だろう。輝く人に仕事も年齢も関係ない。本当に輝く人はいつでも、いつまでも輝き続ける。それは本心でしたい仕事ができているから。本心で体が動けているから、本心で働けているから。だから、その人は輝いているし、また当然、家族にも良い影響を及ぼし、家族も輝ける。自分が輝くことで家族も輝くことができるのだ。そういう人には自然と仲間もできて、仲間も輝く影響を与えることができる。本当に輝くためには、自分のしたいことに集中できる環境が必須である。それは、上司に媚びを売ることでもないし、無理やり嫌な仕事に人生を捧げることでもない。

思い切ってキャリアチェンジするのもあり

もし、いまの仕事や人生に強いストレスや不快感を感じているならば、思い切ってキャリアチェンジするのもありだろう。それは転職かもしれないし、違う方法かもしれない。けれども、間違って欲しくないのは、いつもどこでも、自分に否定的な人はいるということだ。全ての人間が自分に賛同してくれるわけではない。時には反発し、戦わなければいけないこともある。けれども、そこで自分のやりたいこと、本心で動ける何かがあれば、人は困難にも立ち向かうことができる。やりたくもない仕事があるから、困難に立ち向かうことなく、逃げてしまうのかもしれない。今こそ、自分がしたいことは何かを真剣に考えるときだ。転職でもいいし、思い切って独立するのもいいでしょう。

困難を迎えた時が絶好のチャンス

重要なことは失敗を恐れないこと。何かすれば失敗するのではと考えないこと。失敗対策だけ考えればいい。恐怖は最小限にとどめておくように。そうではなく、困難な状況こそがチャンスだと思おう。困難を迎えることで、強いストレスが生じて、結果的に大きな原動力にもなる。自分、本来の姿と向き合えるチャンスでもある。困難な状況は肉体的にも精神的にも辛い状況ではあるけれども、冷静に前を向いて、突き進むことで、未来が見えてくる。まずは自分と向き合うこと。自分の本心に問いかけることが何よりも大切。そして、上司の意見や会社の意向に振り回されず、命を落とすことなく、自分のやりたいことに全力を注ぐことが、実りある人生であり、本当に幸せな人生なのである。

転職活動をして年収アップを狙う!

東京で見つかる求人東京で稼ぐ働く儲ける

「トーキョーダイブ」ならば、住まいも仕事もいっぺんに見つけることができるので、地方から都会での就職・生活を目指す人にオススメです!

正社員になりたい求人案件正社員求人案件

全くの未経験から正社員を目指すならば、「バイトル社員」はチェックしておきましょう。

「type」にしかない非公開求人も多数あるので、転職を考えている人はぜひ見ておくと良いでしょう。

本気でFXで稼ぐならば!

DMM FXでお金を稼ぐFXで本気でお金を稼ぐ

FXは外国為替の売買を通して差益を稼いでいきます。株式投資と違って、FXは少額でも投資ができるので、会社員にもオススメなのです。少額で行えば、たとえ損をしても最小限に抑えることができます。また、FXをすることで、世界経済にも目を向けることができるので、ビジネスでも大いに役立てることができるのです。

これまで投資を行ったことがない人は、ぜひFXを検討してみると良いでしょう。FXは無謀な取引さけしなければ危険な取引ではありません。むしろ稼ぐチャンスは多いにあります。挑戦する前からなんとなく恐怖を感じて、チャレンジしないのは、みすみす稼ぐチャンスを逃す行為であり、本当にもったいないことです。

お金を稼ぎたい、会社からの給料以外に自分の力で収入を得たいならば、ぜひFXに挑戦してみましょう。稼ぐチャンスは本当にありますし、たとえ損失を出しても必ず良い経験になるはずです。ちなみに、もしFXをするならば「DMM.com証券」をオススメします。

口座開設してFXを始めれば、最大2万円のキャッシュバックが得られます。お金を得ながらFXがスタートできるので、これからFXを始めたい人は「DMM.com証券」をチェックしてみましょう!本気でFXするならば、DMM 証券!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ