これまでプログラミング経験を積んだことがない人が、フリーランスのプログラマーになるには、どうすれば良いのか詳しく見ていきましょう。

まずはプログラミング経験を積むこと

プログラミング経験を積むこと

未経験者が、これからフリーランスのプログラマーを目指す場合は、まずは何よりもプログラム経験を積むことが大切です。フリーランスとして仕事を得ても、スキルがなければ、仕事をこなすことはできません。まずは、独学でも良いので、プログラミングの勉強をしましょう。

最初はつまずくことも多いと思いますが、諦めないことが大切です。慣れない言語だと、どのようにコードを書くのかわからないことも多いでしょうが、諦めなければ、身につくようになるはずです。

一人で勉強するのに限界があるならば

もし、プログラミングの勉強を一人でしていて、限界を感じているのであれば、スクールに通うのもいいでしょう。今は、無料でも学べるプログラミングスクールがあります。下記でも紹介していますが、スクールに通うことで、一人で勉強するよりも、さらにやる気を持ち、プログラミングの勉強ができるようになります。

また、仲間と一緒に勉強すれば、教え合うこともできますし、相乗効果が生まれるはずです。プログラミングはチームで行うことも多いので、そういう意味でも、スクールで学ぶことは多いでしょう。スクールで学べば、プログラミングの基礎的な力はつくはずです。また、そこでの出会いは、将来的なビジネス面での助け合いや関係性にも発展させられる場合があります。仕事を請け負うときに、ひょっとしたら助けになってくれるかもしれません。一人でこなすよりも、仲間と助け合い勉強した方が、身につくことも多いのです。

とりあえず作業を続けること

仕事を続けていくことでスキルも身につく

プログラマーとして活躍するならば、とりあえず作業を続けることです。仕事は取れるならば、まずは取ってくる。仕事に好き嫌いをするのではなく、まずは仕事を請け負ってみて、自分なりに努力してみることが何よりも大切です。できそうにない仕事でも、必死で頑張ればできるようになります。特にプログラミングの仕事は、がむしゃらに作業に取り掛かることが必要でしょう。必死に勉強して試行錯誤すれば、できるようになります。それが、スキルとしても自分の身になるはずです。

未経験者の場合は、とくにプログラミング世界に飛び込むのを躊躇しがちですが、それではいつになっても、プログラマーにはなれないでしょう。まずは、見切り発車でもよいので、飛び込んでみることが大切でしょう。後先のことを考えても、それ通りいくことはあまりないはずです。