なぜ教室通い放題のプログラミングスクール・ジムの方が通信講座より良いのか?

[プログラミング]

これからプログラミングスクールに通うことを検討している人もいるでしょう。そこで今回は、なぜネット・通信講座よりも、プログラミングスクールの教室に通い勉強した方が良いのか、教室通い放題の良さについて考えていきたいと思います。

そもそも自宅で本当に集中できるのか?

ネット講座で集中できるのか

プログラミングスクールはネット講座のものもあります。しかし、そもそも自宅で本当に集中して勉強することができるのでしょうか。自宅だと漫画やらテレビやらベッドやらで、集中力を失うものだらけです。何よりも見てくれる講師がいない分、どうしてもだらけてしまいやすくなります。自宅で自習できない人も少なくないでしょう。ゲームやら動画やら思わぬものに好奇心をそそられて、なかなか勉強に集中できないということもあります。それならば、教室に通って、誘惑するものがない環境で、思いっきり勉強した方が、集中して勉強できるし、より早くプログラミング言語を習得することができるのです。

通信環境が安定していないと教わるのも大変

ネット講座のプログラミングスクールの場合は、通信環境が安定しないと教わるのも大変です。ネット環境が安定していないと映像が途切れたりと、肝心なところを聞き逃すという心配があります。また、どうしても通信講座は距離感があります。対面で本当に近い存在で学ぶということが難しいのです。対面ならば、ちょっとしたこともすぐに聞けますが、通信講座の場合は画面越しなので、なんとなく聞きづらい、ということもあります。

また、通信講座の場合は時間できっかり区切られてしまうため、人間臭い部分が気薄です。例えば、授業終了間際に聞きたいことがあっても、終了時刻きっかりに映像が切れてしまうということもありえます。しかし、教室ならば、融通を利かせて、聞きたいことも聞ける環境がある場合もあります。その場のノリを大切にして、授業を受けられるという意味では、やはり対面形式の授業の方がオススメです。画面越しだけでは得られない臨場感がありますし、この空気感はプログラミングを教わる上で、とても大切なことなのです。

マンツーマンで対面で教えてもらえる環境

画面越しではなく、対面でマンツーマンで教えてもらえる環境はとても大切です。講師側も、本当に生徒が理解しているのか、肌で感じることができます。生徒が理解しているのか、本当に聞きたいことが聞けているのかは、なかなか画面越しでは学べないこともあるのです。やはり本気でプログラミングスキルを学びたいのであれば、直にプロの講師に聞くのが一番早いです。身振り手振りや相手の表情、雰囲気も感じ取りならば、色々な感覚を通して学ぶことができます。これは通信講座だけでは得られないことでしょう。

一緒に励まし合える仲間との出会い

また、スクールに通うことの大切さは、仲間との出会いでもあります。同じようにプログラミングスキルを学びたい仲間との出会いがあるかもしれません。仲間との出会いは、励まし合える、モチベーションの維持にもつながります。また、わからないところも教えあったりして、カバーすることが可能です。このような仲間との出会いは、今後のIT業界において、仕事上の付き合いにも発展できる可能性があります。実際に仕事を始めるとなかなか、色々話せる同業者との出会いは少なくなるケースもあります。今のうちに知り合えるという意味でも、プログラミングスクールに通う意味はあるでしょう。

通い放題だからこそ気兼ねなく遠慮なく学習できる

通い放題のプログラミングスクール

通い放題だからこそ、時間を気にせずに好きなタイミングで学ぶことができます。時間の制限がかけられていると、精神的にも負担がかかることがあります。しかし、通い放題ならば時間を気にせずに自由に勉強することができるので、思いっきりプログラミングスキルを習いたい方は、通い詰めできるプログラミングスクールが良いでしょう。やはり、勉強するときは、精神的な面の安定性もとても重要です。ストレスなく思いっきり学ぶという意味でも、通い放題のプログラミングスクールはオススメですね。

リアルタイムの業界情報を聞くことができる

プログラミングスクールに通うと、自然とリアルタイムの業界情報を聞くことができます。IT業界は日々めまぐるしく変化していきます。今日の情報がすぐに過去になってしまうのです。第一線で活躍するためにも、ホットな情報はすぐにキャッチすることが大切ですね。学校に通えば、学校スタッフや講師から、最新の情報を聞くこともできます。自分に必要な情報、スキルをいち早く習得する意味でも、学校活用は有効です。また、転職活動を行う際も、スクールが全面的にバックアップしてくれる場合も多くあります。一人だけでは、なかなか難しい転職も、学校側が求人紹介や転職サポートしてくれることで、転職活動がスムーズに進む場合があります。

このように通い放題のプログラミングスクールに通うことは、様々なメリットがあるのです。これからプログラミングスキルを身につけたいと思う方は、ぜひスクールに通うことを検討してみると良いでしょう!

毎日11:00~23:00までいつでも通える、プログラミングを学べる「WebCamp」はこちら!

プログラマーになるためには!

下記では、未経験者でもプログラマーになる方法をお伝えしています。ぜひ参考にしてみてください!

無料でプログラミング研修が受けられる「ProEngineer」

「ProEngineer」研修「ProEngineer」無料プログラム研修

20代の方ならば、無料でプログラミング研修が受けられます。1~3ヶ月のプログラミング研修が受けられ、マンツーマンで就職活動のサポートをしてもらえるので、有名企業や大手企業への就職チャンスがあるのです!ぜひ「ProEngineer」をチェックしてみましょう!「ProEngineer」プログラミング研修

転職保証付きプログラミングスクール「WebCamp PRO」

「WebCamp PRO」

「WebCamp PRO」は、3ヶ月で即戦力エンジニアを目指すカリキュラムになります。基礎知識の習得から、より実践的なチーム開発を経て、最終的には1人でオリジナルサービス開発まで行います。より実務に近い形での開発経験を積むため、転職に直結したスキルを身につけることができます。学習カリキュラムは、HTML/CSS/Javascriptとったフロントエンドから、Ruby/Ruby on Railsのサーバーサイド、そしてMySQLやAWSまで学習していくので、転職に向けて3ヶ月間の学習で即戦力スキルが身につくカリキュラムとなっています。プログラミングスキルを身につけ、エンジニアとして活躍していきたい方は、「WebCamp PRO」もオススメです!「WebCamp PRO」もオススメです!

未経験からプロを育てるオンラインブートキャンプ「TechAcademy」

「TechAcademy」「TechAcademy」オンラインスクール

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。自宅でプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。わからないところは、チャットで質問することもできます。自宅でプログラミング知識をつけたい方は、「TechAcademy」を検討してみると良いでしょう。オンラインブートキャンプ「TechAcademy」

現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール「CodeCamp」

オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」

「CodeCamp」は、東証一部上場のフューチャーアーキテクトのグループ会社運営の現役エンジニアによるプログラミング家庭教師サービスになります。NHKや日経など各種メディアに取り上げられております。また、書籍も出版しており、Amazonのプログラミング学習カテゴリでランクインの実績があります。オンライン上でマンツーマンでレッスンが受けられるので、いつでもどこからでも学習ができるのが最大の特徴です。累計会員数は16,000名を超えており、「CodeCamp」は注目のオンラインプログラミングスクールになります。オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」

3ヶ月10万円で受講可能な転職特化型Ruby実践研修「ポテパンキャンプ」

「ポテパンキャンプ」「ポテパンキャンプ」

特に、Rubyエンジニアになりたいならば、「ポテパンキャンプ」がオススメです。「ポテパンキャンプ」は、1,500名以上のエンジニアキャリア支援実績がある、ITキャリア専門の転職支援企業です。プログラミング経験の少ない方の支援実績も多いので、あまり経験がない人も、「ポテパンキャンプ」を検討してみると良いでしょう。また、現役で活躍する講師が指導してくれるので、普通では気づかない改善点を知ることができ、プログラミング知識を深めることができます。普通のプログラミングスクールならば、3ヶ月の講座で40万から高いと100万円近くかかることもあります。しかし、「ポテパンキャンプ」ならば、格安の10万円でプログラミング講座を受けることが可能です。さらに、「ポテパンキャンプ」で仕事が決まれば、10万円のキャッシュバックがあるので、ほぼお金がかからずに、プログラミング知識を得ることができるのです。プログラミング知識を深めて、本気で転職したい方こそ、「ポテパンキャンプ」がオススメでしょう!「ポテパンキャンプ」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ