WebCampって正直どうなの?口コミ評判をまとめてみた!WebCampPROと比較

[プログラミング]

WebCampってよく聞くけれども、実際どうなの?WebCampPROもあるみたいだし、どれがいいのかわからない!そういう方も少なくないでしょう。そこで今回は、WebCampについて、評判や口コミも絡めてお伝えしていこうと思うので、これからWebCampの入学を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WebCampについて詳しく知ろう!口コミ評判は実際どうなの?

WebCampを詳しく知ろう

WebCampは基本的に1ヶ月でスキルを習得していきます。見ているとプログラミングも学べますが、Web系のスキル(デザインやサイト制作)を学ぶ方が多いように思います。WebCampは、教室にも通う放題でオンラインでも学べるスクールになります。

WebCampは、1ヶ月集中コースなので、バディー制度を採用しており、担当講師がマンツーマンで技術を学ぶことができます。短期間で徹底的に教わりたい方は、WebCampも良いでしょう。

教室は11:00~22:00まで開放しており、13:00~22:00は講師にいつでも質問できます。また、オンラインでも質問が可能で、過去の豊富な質問履歴もチェックできるので、質問を調べていくことでプログラミングの理解が深まります。

WebCampの料金について

WebCampの料金

WebCampでは、受講開始前に、専任の講師によるカウンセリングがあります。カウンセリングで、学習内容や受講期間について話し合い、一人一人に合ったカリキュラム作成していきますので、WebCampでは、受講期間によって料金が以下のように変わります。

受講期間 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月
社会人 ¥118,000 (税別) ¥198,000 (税別) ¥258,000 (税別)
学生 ¥59,800 (税別) ¥118,000 (税別) ※学生は3ヶ月コースなし

上記のように、WebCampはマンツーマンでみっちり教わるため、料金は受講料金は安くはありません。ただ、この期間はかなり集中してスキルを教わることができるでしょう。また、学生の場合は、ほぼ社会人の半額くらいの料金で受講できるので、学生にとってはだいぶお得ですね。

WebCampの講師は、WebCamp経験者がなることも

WebCampの場合は、WebCampを卒業した方が講師になる場合もあるようです。なので、講師のスキル面に不安視する方もいるかもしれませんが、ただ講師が卒業生ならば、受講生が疑問に思いやすいポイントもよく把握しているでしょうし、実体験をもとにしたアドバイスはくれるでしょう。また、現役バリバリで経験を積んでいる講師もいると思いますし、フォローはしっかりしてくれるでしょう。

WebCampはWEB系を習う方が多い

WebCampはWEB系が多い

いろいろネットでWebCampの情報を見ていると、Web系(サイト制作など)で受講される方が多いような気がします。自分で一からサイトを作りたい、1ヶ月しっかり勉強してスキルを身に付けたい方は、WebCampを検討しても良いのかなと思います。

ただし、1ヶ月という短期間は、本当に限られた時間です。本当にあっという間に時間は過ぎ去ってしまいます。ですから、意識を高くもって勉強することが大切でしょう。なんとなく過ごしても1ヶ月はすぐに過ぎ去りますし、スキルを習得したいのであれば、本気で挑まないといけません。

あとは、WebCampの場合はグループで制作を発表したり、意見交換したりする場もあるため、競争意識を持ち取り組むことができるでしょう。周りに仲間がいれば、モチベーションの維持にもつながるはずです。一人だけではなかなか集中してできない、学校にも通いながら学びたい方は、WebCampもいいかもしれません。WebCampは渋谷にありますので、都内在住の方でも地方の方でも比較的アクセスしやすいでしょう。

2~3ヶ月学ぶのも悪くない

WebCampは1ヶ月コースがあり、多くの方が1ヶ月だけ受講するかもしれませんが、結構1ヶ月だけだと卒業したらすぐ忘れてしまいやすいです。やはりすぐ吸収する分、すぐ忘れやすくもあります。しっかり腰を据えて学ぶならば、料金は高くなりますが、2~3ヶ月受講も良いと思います。その方が、焦らずある程度ゆっくり学習できるので、知識やスキルも身につきやすいでしょう。

また、もしプログラミングを学びたいならば、「WebCampPRO」の方がオススメです。「WebCampPRO」こちらの方が期間は長く(6ヶ月程度)、月額料金で考えると、WebCampよりも安いですし、半年間じっくりプログラミイングを学ぶことができます。

WebCampは、忙しい方で1ヶ月で技術を習得したい、特にサイト制作などWeb系の技術を学びたい方は検討してみると良いでしょう。

WebCampの公式HPはこちら!WebCampの公式HP

WebCampWebCamp

プログラマーになるためには!

下記では、未経験者でもプログラマーになる方法をお伝えしています。ぜひ参考にしてみてください!

無料でプログラミング研修が受けられる「ProEngineer」

「ProEngineer」研修「ProEngineer」無料プログラム研修

20代の方ならば、無料でプログラミング研修が受けられます。1~3ヶ月のプログラミング研修が受けられ、マンツーマンで就職活動のサポートをしてもらえるので、有名企業や大手企業への就職チャンスがあるのです!ぜひ「ProEngineer」をチェックしてみましょう!「ProEngineer」プログラミング研修

転職保証付きプログラミングスクール「WebCamp PRO」

「WebCamp PRO」

「WebCamp PRO」は、3ヶ月で即戦力エンジニアを目指すカリキュラムになります。基礎知識の習得から、より実践的なチーム開発を経て、最終的には1人でオリジナルサービス開発まで行います。より実務に近い形での開発経験を積むため、転職に直結したスキルを身につけることができます。学習カリキュラムは、HTML/CSS/Javascriptとったフロントエンドから、Ruby/Ruby on Railsのサーバーサイド、そしてMySQLやAWSまで学習していくので、転職に向けて3ヶ月間の学習で即戦力スキルが身につくカリキュラムとなっています。プログラミングスキルを身につけ、エンジニアとして活躍していきたい方は、「WebCamp PRO」もオススメです!「WebCamp PRO」もオススメです!

未経験からプロを育てるオンラインブートキャンプ「TechAcademy」

「TechAcademy」「TechAcademy」オンラインスクール

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。自宅でプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。わからないところは、チャットで質問することもできます。自宅でプログラミング知識をつけたい方は、「TechAcademy」を検討してみると良いでしょう。オンラインブートキャンプ「TechAcademy」

現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール「CodeCamp」

オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」

「CodeCamp」は、東証一部上場のフューチャーアーキテクトのグループ会社運営の現役エンジニアによるプログラミング家庭教師サービスになります。NHKや日経など各種メディアに取り上げられております。また、書籍も出版しており、Amazonのプログラミング学習カテゴリでランクインの実績があります。オンライン上でマンツーマンでレッスンが受けられるので、いつでもどこからでも学習ができるのが最大の特徴です。累計会員数は16,000名を超えており、「CodeCamp」は注目のオンラインプログラミングスクールになります。オンラインプログラミングスクール「CodeCamp」

3ヶ月10万円で受講可能な転職特化型Ruby実践研修「ポテパンキャンプ」

「ポテパンキャンプ」「ポテパンキャンプ」

特に、Rubyエンジニアになりたいならば、「ポテパンキャンプ」がオススメです。「ポテパンキャンプ」は、1,500名以上のエンジニアキャリア支援実績がある、ITキャリア専門の転職支援企業です。プログラミング経験の少ない方の支援実績も多いので、あまり経験がない人も、「ポテパンキャンプ」を検討してみると良いでしょう。また、現役で活躍する講師が指導してくれるので、普通では気づかない改善点を知ることができ、プログラミング知識を深めることができます。普通のプログラミングスクールならば、3ヶ月の講座で40万から高いと100万円近くかかることもあります。しかし、「ポテパンキャンプ」ならば、格安の10万円でプログラミング講座を受けることが可能です。さらに、「ポテパンキャンプ」で仕事が決まれば、10万円のキャッシュバックがあるので、ほぼお金がかからずに、プログラミング知識を得ることができるのです。プログラミング知識を深めて、本気で転職したい方こそ、「ポテパンキャンプ」がオススメでしょう!「ポテパンキャンプ」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ