アパート経営とマンション経営の違いについて – どちらの不動産投資が良いのか?

[不動産投資]

不動産投資について勉強していくと、アパート経営かマンション経営かで迷うこともあるでしょう。これから不動産投資を考えている方は、今一度、アパート経営とマンション経営の違いについて、詳しく見ていきましょう。

アパート経営とマンション経営は違いも多い

アパート経営とマンション経営の違い

アパート経営とマンション経営は似ているようにも思うかもしれませんが、実際は様々な点で違いがあります。それぞれにはメリットデメリットがあります。これから不動産投資を始める方は、ぜひチェックしておきましょう。

アパート経営は中古でも数千万円以上の費用が必要

まず、アパート経営を選ぶ場合、中古物件でも都心の場合だと5,000万円以上するのが珍しくありません。マンション経営の場合ならば、ワンルーム購入もできるので、都心で新築でも1,000万円以下で購入することができます。

つまり費用面で考えるとアパートの場合は一棟買いになるので、アパート経営はどうしても費用が高めになります。もし費用があまりない、頭金がそれほど準備できない場合は、ワンルームの不動産投資も考えられるでしょう。

ワンルームの方が投資金は抑えられリスクも少ない

区分所有 - 不動産投資

やはり、ワンルームマンションの投資は、少ない投資金でも始められるため、リスクをある程度抑えることができます。数百万円クラスのワンルームマンションであれば、貯金で一括購入することもできるでしょう。そうなれば、借金する必要もなく、返済の心配もありません。ワンルームマンションの投資は、金額が低いので、OLの方でも投資している人は少なくないのです。

これがアパート経営となると、数千万円以上のお金が必要になるので、多くの方は借金をして購入するでしょうし、返済のことを考えると不安になることも少なくないでしょう。リスク面で考えると、ワンルームマンションを購入する(区分所有)方が、リスクを低めに抑えられるかもしれません。

区分マンション投資は修繕積み立て金や管理費がかかる

ただし、区分マンションの投資にもデメリットはあります。それは、毎月の固定費がかかることです。マンションの場合は、エレベーターや共有施設などもあり、修繕積立金や管理費などの費用が発生します。それらの費用が毎月の家賃収入から控えれるため、利回りでいうと区分マンション投資は、アパート経営よりも低めになります。

おおよそ区分マンションの平均利回りは5%~8%くらいではないでしょうか。これが、アパート経営の場合は立地や入居率によっては、10%以上の利回りが見込める場合もあります。利回りでいうと、アパート経営の方が良い場合が少なくないのです。

中古アパート経営は修繕の必要が出てくる

中古アパート経営は修繕の必要が出てくる

ただ、中古アパートの場合は、経年劣化により修繕の必要も出てきます。特に木造中古アパートの場合は、RC構造のものより耐久性が低いため、修繕する必要も出てくるので、管理という面で考えると、中古アパート経営も将来的に費用が発生するように思います。

ただし、アパート経営の場合は、何部屋もあるので家賃収入は、区分マンションよりも多くなるでしょう。もちろんアパート自体の購入金額は高いわけですが、何部屋もあるため、ある程度の修繕費用は捻出できやすいように思います。

区分マンションは入居者が入らないと収入はゼロ

区分マンション経営の場合は、一部屋しか持っていない場合は、入居者が入らないと収入はゼロです。しかし、アパート経営の場合はいくつか部屋を持っているはずなので、たとえ一部屋入居者がいなくても、他の部屋からの家賃収入が得られます。収入面のリスクでいうと、区分マンションよりもアパート経営の方が抑えられるようにも思います。もっともアパート経営でも入居率ゼロ%だと家賃収入が得られないわけですが。

マンション経営するならばファミリータイプがオススメ

ファミリータイプのマンションがオススメ

上記でお伝えしたように、マンション経営の場合は購入金額は抑えられますが、毎月の固定費がかかり、それほど多くの家賃収入は見込めません。ただ、もし投資金額を抑えて、マンション経営をしたいのであれば、個人的にはワンルームタイプよりファミリータイプがオススメです。

なぜ、ファミリータイプがオススメかというと、ワンルームタイプの場合だと一人暮らしが住むことが多いので、独り身だと引っ越しが比較的多いので、入居者が入ってもすぐに引っ越しされてしまう可能性が高いのです。

その点、ファミリータイプならば家族で住む場合が多く、子供の通学などの関係から、一人暮らしよりも引っ越しはしにくい状況になり、長く住んでもらえる可能性が高くなります。

ファミリータイプの区分マンションは売れやすい

またもし区分マンションを売却するとなった場合、ワンルームタイプのマンションを購入するのは、投資家以外はあまり考えられません。一人暮らしの方が、ワンルームマンションを購入するのはあまり考えにくいです。しかし、ファミリータイプならば、家族で長く住むこともあり、一般の入居希望者が購入する場合もあります。なので、最終的に売ることを考えるならば、マンション経営をする場合は、ファミリータイプの区分マンションを運営すると良いでしょう。

中古アパートも捨て難い

あとは、中古アパートも何部屋も持てるので捨て難いです。良い立地と値段のアパートがあれば、購入を検討しても良いかもしれません。ただ、不動産投資初心者が始めやすいのは、アパートよりもマンション投資でしょう。やはり規模が小さい分、運営もしやすい傾向にあります。

このようにアパート経営とマンション経営にはそれぞれ違いがあります。これから自分はどういう不動産経営をしたいのか、予算も踏まえて考えると良いでしょう。また、自分だけで考えずに、プロの意見も聞いてみることもオススメします。下記でもオススメの不動産投資セミナーを紹介しているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

オススメの人気不動産投資セミナー&不動産関連サイト

下記では、オススメの不動産投資セミナーや関連サイトなどをご紹介しています。興味ある方は、ぜひ参考にしてみてください!

年間1,200名以上から参加予約が殺到する不動産セミナー「ベルテックス」

「ベルテックス」不動産投資セミナー「ベルテックス」不動産投資セミナー

「ベルテックス」は、年間1,200名以上から参加予約が殺到する、人気の不動産セミナーになります。「ベルテックス」の参加費は無料で、水曜日から日曜日で4つの時間帯から参加時間を選べます。セミナー時間は、1.5時間程度のミニセミナーなので、不動産投資について知りたい初心者でも気軽に参加できるのです。不動産投資で副収入を得ることに興味がある方は、まず「ベルテックス」の無料セミナーに参加するのをオススメします。「ベルテックス」

資産形成ができる方法を学ぶ「Zweispace」

「Zweispace」不動産セミナー稼げる「Zweispace」不動産セミナー

「Zweispace」では、土地や自己資金がなくても、大家さんとして不動産による資産形成ができる方法について、不動産会社や大手銀行の幹部の方から説明を聞くことができます。不動産投資の本質について知りたい方、住宅購入を検討している方などは、「Zweispace」のセミナーに参加するのが良いでしょう。住宅購入よりも多くの資産を作れる古くて新しい方法が学べます。「Zweispace」のセミナー

不動産特化型クラウドファンディングサービス「OwnersBook」

「OwnersBook」「OwnersBook」

「OwnersBook」は、日本で初めての不動産特化型クラウドファンディングサービスです。全案件、1万円からの少額投資が可能ですので、まずは小さく始めてみたいという方にも最適です。投資案件は全て不動産のプロが厳選した不動産担保付です。さらにLTVチェックによりデフォルトリスクを最小限にしています。不動産投資・クラウドファンディングに興味がある方は、ぜひ「OwnersBook」をチェックしてみると良いでしょう。「OwnersBook」

「不動産の窓口」 - 無料の不動産投資のご相談!

「不動産の窓口」「不動産の窓口」

「不動産の窓口」では、これから不動産投資を始めたいけれども、何から始めていいのか、どこの不動産会社に相談すればよいのか、わからないひとのために、不動産投資のプロ(不動産会社)を紹介してもらえます。不動産投資を始めたいけれども、どこに相談すべきなのか迷っている方は、まず「不動産の窓口」に相談してみると良いでしょう!「不動産の窓口」

高く・早く不動産の売却をするなら「不動産の窓口」

「不動産の窓口」「不動産の窓口」

早く高く不動産を売却したいなら「不動産の窓口」もオススメです。最短1週間での売却も可能で、複数の不動産会社と提携してるため最善・最良の不動産会社を紹介してもらえます!複数の不動産会社と提携してるため最善・最良の不動産会社を紹介してもらえます!


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ