不動産投資をしたいけれども、なかなか自己資金が用意できず、不動産投資をするのは難しいと感じている方も少なくないでしょう。不動産投資は確かに自己資金が必要な場合がありますが、それほど多くの自己資金がなくても、投資できる可能性は十分にあるのです。

アパート一棟や戸建だとある程度自己資金も必要になるけれども!

自己資金が必要

確かに、アパート一棟や戸建を買おうとすると、かなりの自己資金が必要になることがあるでしょう。アパートの場合は一千万円以上の自己資金が必要になることも確かにあります。

しかし、中古ワンルームマンションならば、少ない自己資金で不動産投資が行えるのです。新築ではなく、中古ならば一千万円以下で購入できる可能性も十分にあるでしょう。都心であっても、中古ワンルームマンションならば、お手頃な値段で購入できる可能性は十分にあります。

これが新築ワンルームマンションとなるとそうはいきません。新築ワンルームマンションは高い上に、購入した瞬間に価値が下がってしまいます。しかし、中古ワンルームマンションならば、格安で購入できれば、購入当時よりも高く売れる可能性は十分にあるわけです。

少ない自己資金で不動産投資を始めるならば、中古ワンルームマンションが良いでしょう。

年収500万円以下でも中古ワンルームマンションならば投資ができる

不動産投資をするには、年収500万円以上必要ということを聞くことがあるかもしれません。それはアパート一棟など大型不動産を購入する場合に言われている場合が多いのです。

中古ワンルームマンションならば、少ない自己資金でも購入でき、融資もそれほど多く必要ではないため、年収500万円以下の方でも十分に購入できる可能性があります。実際に年収500万円以下で中古ワンルームマンションの不動産投資を行っている方もいます。

管理費、修繕費も家賃収入からペイすることも可能!

中古ワンルームマンション

中古ワンルームマンションを購入すると、管理費や修繕費が大変ではないかと心配する方もいるかもしれませんが、家賃収入からペイすることも十分可能です。激安賃料を設定しない限り、固定費を含めた家賃設定をすることも可能でしょう。

もし、割に合わないと思えば、購入対象から外してもいいですし、自分で住んだり、売りに出してもいいのです。固定費がかかるからといって、すぐに敬遠しないことです。よく計算しないと、実際にマイナスなのか、収入が得られるのかは見えてきません。

不動産投資を始めるならば中古ワンルームマンションの方がリスクは少ない

これから不動産投資を始めるならば、中古ワンルームマンションの方がリスクは少ないです。自己資金は少なくても投資は始められますし、少額融資でも不動産投資が始めやすいのが、中古ワンルームマンションです。

下手にいきなりアパート一棟購入して失敗してしまうよりも、だいぶリスクを抑えることができるはずです。自己資金が少なくても、将来のために不動産投資を始めたいならば、まずは中古ワンルームマンションの購入を検討してみましょう。

また、不動産投資を始める場合は、良い不動産会社選びが大切になります。もし、中古ワンルームマンションの投資を始めるならば、GA technologiesがオススメです。GA technologies中古ワンルームマンションの投資物件を主に提案している会社なので、相談しやすいと思います。これから、少ない自己資金で不動産投資を始めたい方は、ぜひ検討してみましょう!

GA technologiesの詳細については、こちらをご覧ください!GA technologies