いらない大学の教科書/参考書/テキストは高く売れる!捨てたりあげない方がいいかも!

[教科書]

就職したり、大学を卒業したり、編入・中退などすると、大学の教科書/参考書/テキストは不要になると思います。

そこで、大学/大学院の教科書の処分方法について詳しく説明していきたいと思います。実は大学/大学院の教科書は高価買取してもらうこともできるのです。

大学/大学院の教科書をいつまでも取っておいても場所を取るだけ

大学卒業後の教科書

大学で使っていた教科書の数は多いはずです。

大学の教科書は、学校を卒業すると使わなくなるものがほとんどでしょう。しかし、勿体無いと感じる方は、教科書を取っておくひともいます。人によっては、10年以上保管している人もいるでしょう。

けれども、大学の教科書を取っておいても、卒業後に見返すことはほとんどありません。いつか使えると思って保管していても、そのいつかは当分やってこないのです。ひょっとすると二度と教科書を見る機会はこないかもしれません。それでも、勿体無いという思いから、ついつい保管してしまうのです。

何十冊も参考書や教科書がある場合、保管しても場所を確保しなければいけません。本棚や押入れの多くのスペースを確保しなければいけないこともあるでしょう。

専門書ほど改定はよくされる

また、大学で使うような教科書や専門書ほど、よく改定されます。1年に一回、もしくは数回改定することもあるのです。なので、いつまでも古い本を持っていても、古い情報のままなので、年季が経つほど、持っていても、あまり意味はなくなります。使わない本はいつまでも取っておくべきではないのです。

捨ててたり、あげたりしても一銭の特にもならない

いらなくなった教科書は、邪魔なので捨てることを考えるかもしれません。

しかし、せっかく高いお金を出して買った教科書を捨てるのは勿体無いことです。ちなみに、教科書など捨てる場合は、自治体によっては燃えるゴミではなく、リサイクルとして古紙回収日に本をまとてめ出すこともできます。

また、後輩に不要な大学の教科書をあげるということもできますが、それも得する処分方法ではありません。

確かに後輩などにあげると喜ばれるかもしれませんが、高いお金を払い買った教科書ですから、タダであげてしまうのは勿体無い気がします。

一番良いのは大学/大学院の教科書を売ること

不要な大学/大学院の教科書は、捨てたりあげたりするのではなく、「売ること」です。

大学/大学院の教科書・専門書は、中学や高校の教科書に比べて、もともとの値段や専門性が高く、高く売れることがあるのです。ですから、捨てたりあげたりせずに、大学の教科書を売って、お金を稼ぎましょう。

大学の教科書/テキストはもともと多く市場に出回っているものではありませんし、新品は値段も高いため、中古買取でも高く売れることがあるのです。

教科書の状態によっては、大学/大学院の教科書・専門書ならば、一冊数千円以上で売れることも普通にあります。

教科書はどこで売ってもよいわけではない

大学卒業後の教科書買取

しかし、大学/大学院の教科書を売るといっても、どこでも売っていいわけではないのです。

例えば、よくある大型中古本店などでは、教科書はそれほど高く買い取ってもらえない場合が予想されます。そのようなお店は、人件費などとかかっているので、なるべく安く買取ろうとするため、教科書は大した値段で売れません。

また、教科書はメインで取り扱っていないため、中古の教科書を買いたい顧客も持っていなく、どうしても安く買取されてしまうのです。

それに一般的な中古本店だと、教科書に書き込みがあると、大幅に査定額が下がることもあります。大学/大学院の教科書や参考書には書き込みしている方も少なくないと思いますが、書き込みがある教科書は、なかなか普通の中古本店では高く売れないのです。

ネットオークションやフリマアプリは手間がかかる

また、大学/大学院の教科書をネットオークションやフリマアプリで売ることを検討するかもしれませんが、そのようなサイトで売るのは、商品撮影したり、落札者と連絡のやり取りをしたり、商品発送しなければいけないので、結構面倒くさいのです。

手間がかかる分、初心者や素人には、なかなか教科書は売りづらいでしょう。

教科書専門の買取サイトに依頼しよう!

教科書専門の買取サイトに依頼しよう!

そこでオススメなのが、教科書専門の買取サイトで売ることです。

ネット上には、教科書や参考書専門の買取サイトがあります。そういうサイトで売れば、大学の教科書は高く売れる可能性があります。

そのようなサイトは、主にネットで営業しているため、人件費や場所代がかかりませんし、また教科書の販売経路も多く持っているので、教科書が高く売れやすいのです。

自宅から本を発送して簡単に売れる

また、わざわざ重たい本を持っていく必要もありません。自宅から発送するだけで、簡単に教科書を売ることができます(送料は向こう持ち)。

サイトによっては、梱包用のダンボールを無料でもらうこともできるので、こちらは一切何も用意する必要なく、大学の教科書をすぐ売ることができます。もし、買取金額に納得がいかなければ、本を返してもらうこともできます。

大学卒業後は、社会人として新たな生活スタートが始まるので、この機会に教科書や参考書は売ってお金を稼ぎましょう!

いらない教科書/参考書はまとめて売った方がお得!

また、いらない大学/大学院の教科書や参考書は、まとめて売った方が送料無料で送れることもあるのでお得です。

不要な教科書が数冊ある場合は、いっぺんに送って買取依頼に出してみましょう!

下記では、オススメの教科書専門の買取サイトを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

参考書や教科書を高く売るならば!

下記では、教科書や参考書を売る際に、オススメな専門買取サイトを紹介しています。これから参考書や教科書を売りたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

専門書、大学教科書、医学書の買取サイト「専門書アカデミー」

専門書アカデミーで参考書教科書買取専門書アカデミー参考書教科書買取

「専門書アカデミー」はダンボール無料でプレゼントされ、全国送料無料で教科書や参考書を送ることができます。

「専門書アカデミー」では、発行から1年以内のものであれば、定価の15%から30%以上の買取が保証されます。また、スピード査定ならば、3営業日以内に振り込みも可能です。

「専門書アカデミー」の公式サイトはこちらになります。「専門書アカデミー」

教科書専門買取サービスの「テキストポン」

大学教科書専門買取業者テキストポン大学参考書いらない教科書専門買取テキストポン

「テキストポン」は教科書・参考書専門の買取業者になります。5冊以上売る場合は送料無料(着払い)で、ダンボールに要らない教科書を詰めて送り、本を売ることができます。

また、煩わしい会員登録が必要なく、ラインマーカーなどの書き込みがあっても、表紙カバーがなくても、買取してもらうことができます。

「テキストポン」の公式サイトはこちらになります。「テキストポン」

大学受験参考書など売るなら「学参プラザ」

大学受験の参考書・赤本・青本なら学参プラザ学参プラザ大学受験参考書買取専門

大学受験参考書を売るならば、「学参プラザ」が良いです。最新の赤本・青本なら全大学全学部どの本でも300円以上で売れます。

また医学部の本ならば600円以上で売れるので、大学受験参考書を売るならば「学参プラザ」がオススメです!

「学参プラザ」の公式サイトはこちらになります。「学参プラザ」


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ