高校受験、大学受験が終わったら使った参考書はすぐに売りましょう。その方が、高く売れます。けれども、参考書を売るにしても方法があるのです。少しでも高く売るためにどうすれば良いのか、下記で見ていきましょう。

受験が終わったら参考書はすぐに売ろう!

受験が終わったら参考書はすぐに売ること

高校受験、大学受験が終わったら参考書はすぐに売りましょう。参考書は時間が経つほど、情報が古くなり、高く売れる可能性が低くなります。少しでも高く売り、お金に変えたりならば、なるべく受験が終わった後、すぐに売ることです。

また、参考書を売る上で注意しなければいけないことがあります。どういう点に注意すべきなのか、下記で見ていきましょう!

参考書は近場の古本屋やブックオフで売るな!

ブックオフで参考書を売るな

参考書を売ろうとするときに、ついつい近場の古本屋やブックオフで売ることを考えるかもしれません。けれども、これはあまり良いことではありません。なぜならば、そのような店では参考書は高く売れない傾向にあるからです。

土地代、人件費などに莫大な費用を費やしているので、参考書が高く売れない可能性があります。また、参考書を求める顧客もそれほど多く持っていないため、適正相場で参考書が売れない可能性が高いのです。

不要になった参考書はネット買取で売ろう!

そこで、不要になった参考書は、参考書などを専門にしているネット買取店で売るようにしましょう。なぜ、このようなお店がいいかというと、まずは参考書などの専門店の方が、適正価格を知っているので、普通の書店で売るよりも高く売れる可能性があります。

また、ネット展開しているお店は、人件費や土地代にお金がかからないので、その分買取金額に上乗せすることができます。さらに、ネット買取ならば、自宅から発送するだけ(発送代も向こう持ちがほとんど)で簡単に査定金額を知ることができます。納得いかなければ、送り返してもらうこともできます(この場合の送料も向こう持ちが多い)。

ネット買取の方が、わざわざ本を持ち込むことなく楽ですし、また普通に中古本屋で売るよりも高く売れる可能性があるので、ネット買取店で売ると良いでしょう。しかも、書き込みがある参考書でも売れる可能性は十分あります。普通の中古本屋では買い取ってもらえないような本でも買取可能な場合もあるので、あとで後悔しないためにも、参考書専門のネット買取店に、本を売りに出してみましょう!高く売るために、急いだ方がいいですよ!