仮想通貨TRON(トロン)2018年爆上げ!2017年より100倍以上上がった!

[仮想通貨]

Twitter界隈でも注目されていたTRON(トロン)がとんでもないことになっています。もうかなりの爆上げです。やばい感じですので、ご紹介しましょう!

2018年1月爆上げのTRON(トロン)

TRON(トロン)

これを見てもらうとわかると思いますが、尋常ではない爆上げを遂げているのか、TRON(トロン)です。もっと詳しく見ていきましょうか!

TRON(トロン)爆上げ前

だいたい2017年12月3日まで、トロンは0.0022ドルだったわけです。

TRON(トロン)爆上げ後

それがですよ、2018年1月4日には、トロンが0.2218ドルになってるわけですよ。わかりますか?実に100倍値段が上がったわけです。1万円でも100万円、10万円ならば1,000万円上がることになります。わずか1ヶ月足らずで、資産が100倍増える可能性がある。そりゃ、仮想通貨で億越えする人が出てきてもおかしくないですよね。

そもそもTRON(トロン)ってなにもの?

TRON(トロン)

TRON(トロン)は、ティッカーシンボル(企業や商品を識別するため付けられる符丁)がTRX、時価総額は1兆円を超えています。

トロン(TRON)はブロックチェーンと分散型ストレージ技術を用いています。母体は、非営利団体であるシンガポールのTron Foundationで、シンガポールの会社法の監督および規制の下で設立されています。ちなみに、シンガポールは安定した金融環境でも有名で、世界中から富裕層が集まってきています。

ちなみに、トロン(TRON)は2017年に中国の世界的取引所バイナンスでICOが行われたとき、30秒で即完売したと言われるほど人気の銘柄です。

TRON(トロン)はクリエイターに寄り添う通貨

TRON(トロン)は、世界的な無料のコンテンツエンターテイメントシステムの構築を目指す仮想通貨になります。TRON(トロン)には、クリエイターを発展させるために、様々な仕組みがあるのです。

将来的には、TRON(トロン)は、ゲームアプリなどでも使えるようにする予定で、ゲーム内で課金や通貨のやり取りが可能になり、また円での取り出しも可能になるかもしれないのです。

oBike(オーバイク)とも提携している!

oBikeとTRON

実は、TRON(トロン)は、oBike(オーバイク)とも提携しています。oBike(オーバイク)は、シンガポール発の台湾でも人気の高い、自転車シェアリングサービスになります。oBike(オーバイク)とライバル関係にあるのが、YouBike(ユーバイク)なわけですが、oBike(オーバイク)の優れている点は、返却場所やレンタル場所を選ばないことです。

大抵、自転車を借りるときは、サイクルステーション(借りたり返却したりする場所)が必要になるのですが、oBike(オーバイク)の場合はサイクルステーションがなく、どこでも借りることができます。街のあらゆる場所に、oBike(オーバイク)の自転車が停められているので、アプリで近くに停められている自転車を探して、すぐに自転車を借りることができるのです。

ただ、どこでも返却できてしまうということは、違法駐輪する問題もあり、返却場所にやや困ることもあります。ただ、oBike(オーバイク)は台湾の電話番号も必要なく、アプリで予約や決算など全て行えます。oBike(オーバイク)は、1000万人以上のユーザーがいると言われており、2017年1月から始められたサービスで、人気があり大変注目されているのです。

アプリ「Peiwo」で導入決定!

また、TRON(トロン)は、中国で有名な音楽ストリーミングサービスのひとつである、アプリ「Peiwo」で導入決定されています。1000万人規模のユーザーが利用しているアプリなので、さらに人気が高まる可能性があるのです。

Zhang Anwen(シャン・アウェン)がTRONに参加!

2018年1月12日、Zhang Anwen氏がTRONに参加することが発表されました。Zhang Anwen氏は、元は銀行のトップセキュリティー専門家なので、今後TRONでの、ブロックチェーンに関するセキュリティ面を強化していくことが予想されます。また、Zhang Anwen氏は、これまでBlockchain R&D プロジェクトマネージャーとしての経歴もあります。

TRON(トロン)はこれからもますます価値が上がる可能性は十分にあるので、見逃すことができません!

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ