Zaif(ザイフ)でビットコインを購入するなら簡単売買?現物取引?

[仮想通貨]

Zaif(ザイフ)でビットコインを買ったり売ったりする場合は、簡単売買か現物取引、どちらがいいか迷う方もいると思います。そこで、両者の違いについて見ていきましょう!

簡単売買は手っ取りばやいが!

Zaif(ザイフ)簡単売買

Zaif(ザイフ)の簡単売買は、その名の通り、本当に簡単にビットコインの購入ができます。ですから、仮想通貨取引について詳しくない方には、簡単売買の方がやりやすいかもしれませんね。

ですが!注意してほしいことがあります。それが手数料の高さです。簡単売買の場合は、操作が簡単なのですが、現物取引と比べて、手数料が高めなんですよね。

簡単売買はスプレッドが大きく開いている

簡単売買は、現物取引よりもスプレッドが大きく開いているのです。スプレッドとは、買いと売りの差です。次の画像を見てもらえばわかると思います。

簡単売買

たとえば、Zaif(ザイフ)の簡単売買で、ビットコインの売り買いをする場合、売り価格は971,928円で、買い価格は1,042,954円なのです。

つまり何が言いたいかというと、この時点で両者に7万円程度の開きがあるわけです。ですから、仮に、ビットコインを購入して、その後に売りたいとなったとき、この7万円の差も考慮して売らないと利益にならないわけなんです。

このスプレッド(価格)の開きが大きいのが、簡単売買のネックなんですよね。

現物取引

方や、上記が現物取引です。

現物取引の場合、先の簡単売買の表記の同時刻のもので、売り価格は1,009,080円、買い価格1,008,850円です。価格差は200円程度しかありません。

これが何を意味するかというと、スプレッド(価格差)が狭く、売買がしやすいこと、また簡単売買よりも、安く買えて高く売れるということなのです。

なので、なるべく手数料を低く抑えたいならば、現物取引の方がオススメなんですよね。

現物取引の場合は、手数料がもらえることも!

現物取引手数料

また、Zaif(ザイフ)の現物取引の場合は、手数料がもらえることがあります。普通は手数料は支払うのが当たり前かもしれませんが、手数料をもらえることもあるのです。

なぜかというと、Zaif(ザイフ)の場合は、maker手数料がプラスでもらえることがあるのです。makerとは、自分で新たに注文を並べることです。

Zaif(ザイフ)の板

例えば、Zaif(ザイフ)の現物取引には、このように売買価格が並べられています。この表示されている価格で注文した場合は、takerといって、並んでいる価格で注文を出すことになります。

しかし、逆に、並んでいない新たな価格で注文を出すことを、makerというのです。つまり、maker手数料を得たい場合は、並んでいない新たな価格で注文を出すことです。

例えば買いでtaker注文を入れたい場合、誰も入れていない「1009860」という価格で注文を出すと、注文が決まった場合に、taker手数料がもらえる可能性があります。

このように、新たに注文を並べる方が、プラスの手数料がもらえるのです。既に、並んでいる注文から取引を行うのは、消費すると考えられ、手数料はもらえないのです。

maker手数料を狙う際の注意点

ただし、maker手数料を狙う際の注意点としては、注文が通りづらいことです。新たに価格設定するので、約定スピードは既存の価格を利用した方が注文は通りやすいです。ですから、素早く取引したい場合は、既存の価格で注文に出した方が無難でしょう。

現物取引の手続き方法

現物取引

それでは、初心者の方のために、Zaif(ザイフ)での現物取引の手続き方法について説明していきましょう。

まず、ビットコイン売買の場合は、左上のメニューから「BTC/JPY」を選んでくださいね。そして、右側でビットコインを買いたいならば「現物買い」、売りたいならば「現物売り」を選びましょう。

この時、「信用買い」「信用売り」もありますが、こちらは先物取引のようなものです。つまり、実際にはビットコインの所持は行わずに、買いや売りを入れることができます。こちらについては、下記を参考にしてみてください。

現物取引を行う場合は、「現物買い」か「現物売り」かを選びましょう。

「現物買い」を行う!

現物買い

それでは、「現物買い」を行う際の手続きについて、ご説明しましょう。まず決めなければいけないのが、「指値」か「成行」かです。「指値」は自分で購入金額を決めること、「成行」は値段はお任せで購入することになります。

お任せといっても、なるべく売買取引価格近くで購入されます。ただ、他からの注文量が多いときは、価格がずれ込む場合もあります。ただ、逆に言えば、注文量が多い場合は、指値をしてもなかなかその値段で購入できない場合があるのです。

だからこそ、「成行」ならば確実に購入できる可能性が高くなるので、いち早く売買したい方は、「成行」を使う場合が多いです。ただし、「成行」なので、既にある注文価格から選ぶので、takerになり、先のmaker手数料はもらえません。

maker手数料をもらいたいならば、「指値」で新たに価格設定する必要があります。

「成行」

なので、「成行」の場合は、買いたい量だけ設定することになります。

使用量残高

また、買いたい量についても、残高量の100%か、50%か、など使用量を選ぶことができます。Zaif(ザイフ)への入金方法は、下記を参考にしてみてくださいね。

「指値」での注文方法について

指値注文

さて、再び戻って「指値」での注文方法についてですが、1BTCの価格(JPY)を入力する場合は、手入力もできますが、

気配値クリック

気配値をクリックすることでも自動入力できます。例えば、買値の「1005000」をクリックすれば、1BTCの価格(JPY)の欄に反映されるはずです。

ただし、これだと既存価格での注文となり、maker手数料がもらえないので、手数料を得たい場合は、自分で新規価格(注文に出ていない価格)を手入力して注文に出す必要があるでしょう。

あとは、リミット売り(JPY)について気になったかと思います。これは、自動的に利確できる設定のことです。設定価格よりも高くなったら、自動的に購入したビットコインを売却することができます。

こちらは任意の設定になりますが、仕事で忙しくなかなか相場を見れないから、良いタイミングで売りたい方などには、オススメの設定かもしれません。あくまで任意なので、入力してもしなくても良いでしょう。

取引履歴に反映される

取引履歴

ビットコイン売買後は、取引履歴に反映されます(ここではセキュリティのため表示を隠しております)。

取引履歴詳細

詳細を見ると、上記のように詳しく知ることができます。maker手数料などはボーナス欄で表示されると思います。

以上が、Zaif(ザイフ)の簡単売買、現物取引になります。スプレッドを抑えたいならば現物取引、簡単に売買したいならば、簡単取引といった感じです。何回も取引する方は、手数料のことやスプレッドを考えると、現物取引がいいかもしれませんね!

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ