bitMEXからbitFlyerにBTC送金してみたよ!やり方・どれくらい時間がかかるの?

[仮想通貨]

bitMEX(ビットメックス)からbitFlyer(ビットフライヤー)へビットコインを送金してみたので、やり方などご紹介します。本当に簡単に送金ができますよ!

bitMEX(ビットメックス)からbitFlyer(ビットフライヤー)へのビットコイン送金

アドレスコピー

まず、BTC(ビットコイン)の送金を行う際は、bitFlyer(ビットフライヤー)のサイトにログインして、ビットコインアドレスをコピーします。上記のような感じで、バーコードタイプもあるのですが、英数字のアドレスをコピーしましょう。

ビットコインアドレスについて詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてくださいね。

また、bitMEX(ビットメックス)およびにbitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録がまだの場合は、下記を参考にそれぞれ登録を済ませておきましょう!

BitMEX(ビットメックス)で送金手続きを行う

BitMEX送金手続きを行う

bitFlyerからビットコインアドレスをコピーしたら、BitMEXサイト内の新規出金欄で、送金手続きを行います。

宛先アドレスに、コピーしたビットコインアドレスを貼り付けましょう。出金したい金額(XBT)は、全額出金希望ならば、「全額を出金」ボタンを押せば、ワンクリックで反映できます。

そして、注意したいのが、「ビットコインネットワーク料金(XBT)」です。これはいわば、出金手数料なわけですが、この料金が高いほど、早く送金手続きがされます。

初期設定では、0.001XBTになっているはずです。ビットコイン1枚100万円換算の場合は、1,000円(100万円×0.001XBT)です。手数料にしては高いですよね。

そこで、最少料金は赤線にもあるように、0.0002BTC(200円)から行えるので、手数料を抑えたい場合は、初期設定の0.001BTCを0.0002BTCに書き換えるといいでしょう。

たとえ、0.0002BTCにしても、体験談で申し上げると、翌日22時にはbitFlyerに反映されていました。早いと次の日には反映されている感じです。

アナウンスでもある通り、BitMEXは1日1回出金確認を手作業で処理しているみたいですね。なのである程度時間がかかり、手数料を多く払ってくれる方から処理をしているようです。BitMEXには多くのユーザーが集まっているので、処理作業も大変でしょうね。

さて、手数料も打ち込んだら、2要素トークンを打ち込み、あとは「送信」ボタンを押すだけです。

ビットコインアドレスは間違えないように!

この時、注意したいのがビットコインアドレスのうち間違えです。アドレスを間違っていると、最悪の場合、ビットコインが消失する可能性もあるので、入力には十分に注意しましょう!

メールで確認すること!

送金手続き

送金手続きを行うと、出金履歴に上記のような案内が表示されます。BitMEXから出金を行う場合は、送られるメールを確認・クリックする必要があります。メールが来たら30以内にクリックしないと自動的にキャンセル扱いになってしまうのです。

なので、必ず送られてくるメール内に記載されてある「確認」ボタンをクリックしましょう!

確認ボタン

おそらく上記のようなメールが送られるので、送金額や手数料を確認して、「出金を確認」ボタンをクリックしましょう。

出金手続き完了

BitMEX出金手続き完了

メールでの確認作業が終われば、BitMEXサイト内で上記のような出金確認完了が表示されるはずです。ちなみに、13時(協定世界時、日本時間は22時くらい)前なら出金をキャンセルすることもできるようですね。キャンセルしたい場合は、メールサポートを利用しましょう。

BitMEX出金手続き完了

以上が、BitMEXからbitFlyerへの出金手続きです。手数料は、0.0002XBTでも、次の日には送金完了されることもあるので、急ぎでなく手数料を抑えたい場合は、0.0002XBTでも平気だと思います。

ただ、今後さらにユーザーが増えてくると、また違ってくるかもしれませんが、とりあえずは次の日に送金されることもあるので、検討してみると良いでしょう。参考にしてみてくださいね!

BitMEXからbitFlyerへビットコイン送金後に日本円に換金する

ビットコイン換金

BitMEXからbitFlyerにビットコイン送金した後、そのままbitFlyer上でビットコインを持っておくのも良いですが、将来ビットコインが値下がりした場合に、知らないうちに資産が減っている可能性があります。

ですから、将来ビットコインが下落して資産が減りそうであるならば、今の内に日本円に換金しておきましょう。ビットコインが下落すると上記のように、知らないうちに資産が減少している場合もあります。

ビットコイン取引所でビットコイン換金

bitFlyerでは、ビットコイン取引所ページにて、ビットコインから日本円に換金できます。

手数料を考える

上記のように、日本円に換金する際は、手数料もかかるので、手数料を加味して換金を行いましょう。ビットコインを売る際は、なるべく安い値段(この場合だと886,348円)に近い方が早く売れます。高い値段で売ろうとしても、なかなか買ってくれないので注意しましょう。

ビットコインが下落しそうだと思ったら、早めに日本円に換えておくのも一つの方法ですよ!

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ