Ledger Nano S (レジャー ナノS)の対応通貨とアプリケーション – 暗号通貨ハードウェアウォレット – 使用可能な仮想通貨

[仮想通貨]

仮想通貨は、コインネックのNEM(ネム)流出問題などもあり、益々暗号通貨ハードウェアウォレットでの管理が必要とされます。

そこで、今回は話題のLedger Nano S (レジャー ナノS)の対応通貨・アプリケーションについて触れていきますので、Ledger Nano S (レジャー ナノS)購入検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の対応通貨(暗号通貨)

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の対応通貨

Ledger Nano S (レジャー ナノS)は、実に25種類以上の暗号通貨に対応しているのです。下記で、対応通貨のリストを表記しておきます。

  • BITCOIN(ビットコイン)
  • ETHEREUM(イーサリアム)
  • LITECOIN(ライトコイン)
  • DOGECOIN(ドージコイン)
  • ZCASH(ジーキャッシュ)
  • DASH(ダッシュ)
  • STRATIS(ストラティス)
  • RIPPLE(リップル)
  • HELLO(ハロー)
  • BITCOIN CASH(ビットコインキャッシュ)
  • KOMODO(コモド)
  • ETHEREUM CLASSIC(イーサリアムクラシック)
  • PoSW Coin(ポスダブリュー・コイン)
  • ARK(アーク)
  • EXPANSE(イクスパンス)
  • UBIQ(ユービック)
  • PIVX(ピヴクス)
  • VERTCOIN(ヴァートコイン)
  • VIACOIN(ヴァイアコイン)
  • NEO(ネオ)
  • STEALTHCOIN(ステルスコイン)
  • BITCOIN GOLD(ビットコインゴールド)
  • STELLAR(ステラ)
  • HCASH(エイチキャッシュ)
  • DIGIBYTE(デジバイト)
  • QTUM(クアンタム)

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の対応アプリケーション

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の対応アプリケーション

また、Ledger Nano S (レジャー ナノS)は、様々なアプリケーション(ウォレットアプリなど)に対応しています。

  • Ledger Wallet Bitcoin
  • Ledger Wallet Ethereum
  • Ledger Wallet Ripple
  • Copay
  • Electrum
  • Mycelium
  • MyEtherWallet
  • GreenBits
  • BitGo
  • Google Chrome

Wallet(ウォレット)によって管理できる仮想通貨は違ってくるので、Ledger Nano S (レジャー ナノS)のように、様々なウォレットアプリに対応できる方が、より多くの仮想通貨に対応することが可能なのです。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)のスペック

Ledger Nano S (レジャー ナノS)のスペック

下記では、Ledger Nano S (レジャー ナノS)のスペックをご紹介します。

サイズ & 重量

  • サイズ : 98mm(高さ) x 18mm(幅) x 9mm(厚み)
  • 重量 : 16.2g

対応コンピュータ

  • Windows 7 以上
  • Mac 10.8 以上
  • Linux or Chrome OS、Google ChromeもしくはChroniumのソフトウェアとLedger Nano Sを接続するUSB ポートが必要です。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)は、日本語サポート窓口付き

Ledger Nano S (レジャー ナノS)は、フランスにあるLedger社製になりますが、日本正規代理店もあり、日本語サポート窓口が付いているので、安心して使用することができます。

また、アフターサービス対応時に使用するシリアルナンバーのシール付きで、代引き、銀行振込、各種カード決済、Amazonペイメントでの決済も可能です。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の対応通貨はさらに増える可能性がある!

Ledger Nano S (レジャー ナノS)対応通貨

Ledger Nano S (レジャー ナノS)の対応通貨は、既に25種類以上ありますが、今後はさらに増えて行くことが予想されます。これからは、保有の仮想通貨を守るためにも、ぜひLedger Nano S (レジャー ナノS)は持っておきたいところです。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)公式サイト

Ledger Nano S (レジャー ナノS)は公式サイトから購入するのが良いでしょう。ちなみに4個セットならば15%OFF(期間限定の可能性あり)が受けられますよ!

Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレットの公式サイトはこちらになります。Ledger Nano S (レジャー ナノS)

Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレットLedger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレット

↓ Ledger Nano S (レジャー ナノS)の感想・レビューは、こちらにどうぞ!

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

平均評価:  
 0 レビュー

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ