注目のオークションの秘訣

[ヤフオク]

注目のオークションで他との違いを見せる

ヤフオク 注目のオークション

注目のオークションはヤフオクの有料オプションの中でも効果的なオプションです。注目のオークションは入札方式になっていて、より高額な金額で入札している商品が目立つ上位の場所に来るようになっています。多くの商品が出品されているオークションでは目立つことが重要なので、少しでも上位の方で人の目につくように出品することが重要で、高額落札にもつながります。

なお、注目のオークションの設定金額は、1日あたり20円(税込21.60円)から1円単位で自由に設定できます。最低額の入札を入れておくだけでも、効果が得られるでしょう。しかし、ほとんどの人が最低額で入札している場合があり、そのような時は下の方で横一線に埋もれてしまうこともあります。

そこで、例えば1円でも多く入札を入れておくと、多くの人が最低金額で入札している場合は、その1円だけでも一つ上に表示されます。なので、最低金額の入札で効果があまり得られない場合は、1円でも高く入札してみてください。それで効果の違いが現れる可能性があります。

出品後に入札するのもアリ

注目のオークションは、出品時の入札する方法もありますが、出品後に入札する方法もあります。短期出品ならば出品時に集札しておくのも効果的ですが、例えば7日間などの長期間の出品の場合は、最初の5日間くらいはいくら注目のオークションに入札していても、まだまだ終了時期まで時間があるので、落札希望者からはあまり注目されませんので、結局無駄使いになってしまいます。

なぜなら、注目のオークションは1日あたりの金額になるので、例えば単純計算で1日20円としても5日間で100円の支出になってしまいます。たかが100円と思うかもしれませんが、これが仮に100点出品している場合は10,000円の支出になります。この金額で効果が得られないと個人で出品している人にとっては痛い金額ではないでしょうか。

なので、長期出品する場合は注目のオークション設定は残り2日を切ったあたり、もしくは1日を切ったあたりから注目させると最も効果的と言えるでしょう。そして以前は、再出品設定をしていて、自動再出品されると初日から注目のオークションが設定され入札料金がとられてしまうことがありましたが、現在は自動再出品された場合、「注目のオークション」「太字テキスト」「背景色」「目立ちアイコン」「贈答品アイコン」は解除されます。「最低落札価格」「アフィリエイト」は引き継がれます。追加のオプション利用料はかかりません。

また、途中で注目のオークション設定を行うと、現在の注目のオークションの入札額を知ることができるので、しっかり確認して入札金額を決定しましょう。

ヤフオクで稼ぐために知るべきこと!

下記ではヤフオクで稼ぐために使えるオススメのツールや情報について載せています。これからヤフオクで稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてみると良いでしょう!

日本最大級のショッピング・オークション情報サイト「オークファン」

オークファンで相場を知るオークファンはヤフオクに使える

「オークファン」を使えば、いくらくらいで商品が売れるのか、相場を知ることができます。価格設定などで使える便利なツールです。「オークファン」は、日本最大級のショッピング・オークション情報サイトであり、ヤフオク!、Amazon、メルカリなど、国内外のサイトに幅広く対応し、通販初心者から物販事業者までカバーする幅広い月額サービスを提供しています。

無料会員でも、過去6ヶ月までの落札相場の検索や、楽天など国内のショッピングサイト検索、そして欲しい商品がメールで通知される検索アラート機能などが利用できます。

ライト会員(月額324円)では、過去10年分、300億件の落札相場検索や、ヤフオク!で商品を自動で落札できる入札予約機能が本格的に利用可能です。

さらに、プレミアム会員(月額980円)ライト会員の機能に加えて、Amazonやメルカリで分析が可能になります。そしてネット物販のノウハウをメール講座にて教わることができます。

オークファンプロPlus(月額5980円)は、ヤフオク!・Amazon・メルカリを横断した商品データの分析ツール「オークファンプロPlus」になり、オークションやAmazonを使いビジネスを行う 個人・法人の方にオススメです。

レア商品を探している、激安値で商品をGETしたい人、短時間で効率よく物販収入を得たい、ネット物販を本業にしたい人などは、「オークファン」をチェックすると良いでしょう!「オークファン」

サラリーマンにかなり人気な副業マニュアル

副業で転売をして稼ぎたいサラリーマンが、ぜひ見ておくべくマニュアルです。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ