金を買うタイミングはいつ?資産運用目的で持つべき?

[金(ゴールド)]

金の値段は絶えず上下しています。金を買うタイミングがいつなのか、気になる人も多いでしょう。今回は金の投資方法、金を買うタイミングについて詳しく見ていきましょう。

サラリーマンやOLでも金を買うことができる

金を買うタイミング

今は、サラリーマンでも金を購入することができます。金を買うというと、アラブの石油王など大金持ちのイメージを抱くかもしれませんが、実は、金は庶民でも買うことができます。値段も1万円前後の小さなものもあるので、比較的手軽に金を購入することができるのです。なので、普通の会社員も金を購入する人は少なくありません。

金は昔から人気のある商品です。金色というのは、人々を惹きつける力があります。金からパワーを得られると考える人も少なくありません。このように金は多くの人に愛されており、金を投資するという観点から金を購入する人もいますし、また、金は多くの人から喜ばれるので、人に金をプレゼントする人もいます。

金(ゴールド)の価値は上昇し続けている

金の値段は上昇している

金の価値は、上昇し続けているのです。これまでのチャート(価値の動き)を見てもわかりますが、金(ゴールド)は上昇し続けています。なので、金は安定した資産として考えられ、人気を高いです。上昇し続けているので、金を持ち続けていると、高い確率で資産が倍になるでしょう。

もし、投資を始めたいけど、安全な資産運用をしたい場合は、金の投資を考えてみても良いでしょう。金が手にはいると、嬉しいですし、なんだかパワーを得られたような気になります。不思議なことですが、金を持つことで、人生の活力が生まれます。それほど、金には不思議な力があるのです。

金を持つのなら、買う(購入する)タイミングを知ろう!

金を購入するタイミング

金を持ちたい、買いたいと思うのであれば、金を買うタイミングを見極めることです。金の価値は上昇を続けていますが、金を購入するタイミングがあります。金を買うタイミングを上手く合わせることで、金(ゴールド)を手頃に購入することができます。金(ゴールド)を買うタイミングは、ずばり安く売られている時です。言葉にすると簡単に聞こえますが、このタイミングはなかなか分かりづらいです。常に上昇を続けているので、いつが金を買うタイミングなのか分かりません。そこで、次に紹介するタイミングを目安に金の購入を検討してみてください。

株安の時は、金(ゴールド)が高騰しやすくなる

株安時は金が高くなる

金を購入する、ひとつの目安は株高の時を狙う作戦です。実は、株の値段が高いときは、金の値段が下がる傾向にあります。多くの投資家が株に集中するので、一時的にでも金の価値が下がるのです。その時こそが、金を購入するタイミングです。

株高の時は、アメリカ(米国)の景気も良い時が多いです。なので、金(ゴールド)を購入するタイミングとして、面白いでしょう。アメリカの経済状況が良い時は、株の値段も上昇傾向にあり、金が安くなる可能性も高いです。アメリカの経済動向を見ながら、金を購入するのも効果的かもしれません。

逆に言えば、不景気な時こそ、金の資産に頼る人が増えるので、金(ゴールド)の値段が高騰する時があります。そのような時こそ、金を持っている人は、売るタイミングでもあります。買うのならば、アメリカなどの世界経済が良い時に、売る時は世間が不景気な時が、一般的には優れた時期と言われています。

金を買い取る業者金買取業者

世界経済が不安定な時こそ、資産運用を目的に金が多く変われる傾向にあります。なので、不景気な時こそ、金が上昇する可能性が高いです。金の売り時は経済が不安定な時がいいかもしれません。逆に金を買うならば、景気がいい時、株高のときこそ、金がお手頃に買えるチャンスでもあるので、金購入を狙うのもいいでしょう。

大々的にCMなど広告で金(ゴールド)の宣伝がされているときは、すでに遅い

テレビCMが流れるときは購入すべきではない

また、大々的にCMなので金の購入を勧める時は、すでに購入するのが遅いことが考えられます。安く買えることが謳われていたり、金で儲けられるという宣伝が出るころには、すでにある程度、金の価値が動いてしまっている時です。そのような時に、金の流れに乗っても、安く買えないでしょうし、売りたい人も高く売ることは難しいでしょう。上手く売り買いするタイミングは、そのような広告が出ていない時に取引することです。メディアが取り上げる前に、自分で判断しながら動く必要があります。

10年前に購入した金(ゴールド)の価値が4倍に!

金の価値は4倍にまで膨らむ

金の投資で上手くいった人の例では、10年前に購入した金の価値が4倍に膨れ上がった例もあります。実際に、金は上昇し続けているので、4倍に値上がることも珍しい話ではないのです。やはり、安く買い、持ち続けることで、金の価値は上がっていきます。金を買うタイミングを見極めて上手く買い、金の値上がりがあるまで、待ち続けることが大切です。

金を購入する場合のデメリットについて

金を購入する場合のデメリット

金を買う時には、金を購入するデメリットについても考えなくてはいけません。金を購入する際のデメリットについて考えていきたいと思います。

売りたい時に、前よりも値段が上がっているとは限らない

金を売りたいときに値段が高いとは限らない

まず、金を買ったとしても、売りたい時に値段が値上がっているとは限りません。金(ゴールド)の価値は上昇を続けていますが、毎日上昇しているわけではありません。金の価値が下がる時期もあるのです。なので、売りたい時に、値段が購入時よりも上がっているとは限らないのです。なので、金を売りたいと思っても、値上がるまで待つ必要があります。

金を売る時にも手数料がかかる

金を購入すると手数料がかかる

また、金を売る時には、手数料がかかります。売れた分だけ利益になるわけではないのです。また、金を売る時と買う時で値段に開きがあります。なので、金を購入して、すぐに売っても損をしてしまう可能性が高いです。やはり、売買手数料分も踏まえて、金を売るタイミングを見計らないといけません。金を売る時は、手数料にも注意しましょう。

金(ゴールド)を失くしてしまうと、そのまま財産も無くなる

金をなくしてしまうと財産も消える

当たり前ですが、盗難や火災などで金を失ってしまうと、そのまま財産を失うことにもなります。お金を、そのままものに変えられるのが、金の良さでもありますが、金を失くしてしまうと、そのまま財産を失くしてしまうリスクがあるのです。なので、金を所持していても、保管について注意をする必要があります。

長期で保有する必要がある

金は長期で保有する必要がある

金は、上昇を続けていますが、急激な上昇をすることは、ほとんどありません。なので、金(ゴールド)が上昇するまで、長期に待つ必要があります。その点が、金の投資のデメリットとも言えるかもしれません。つまり、FXや株式投資のように、激しく値動きしないので、デイトレードには向かないのです。

金の投資をする場合は、長期的な視野が必要になるでしょう。ただ、金は上昇を続けているので、長い期間の投資を行う場合は、高い確率で稼げる可能性があります。ちなみに、金を持つ必要がなく、金の値動きを予想して稼ぐ、「金のバイナリー」という投資方法もあります。

金を持つだけでも見えないパワーが生まれる

金には見えないパワーがある

金を持つだけでも、見えないパワーが生まれるとも言われています。金には、多くの人を惹きつける力があるのです。なので、金を購入する人、金に魅力を感じる人は多いです。

また、金には何かわからない隠れたパワーがあるので、金を持つだけで、活力が生まれるという声も聞こえます。金は資産運用だけでなく、パワーの源としても人気なのです。

それでも金は世界共通の価値観があり、どこへでも通じる財産

金の価値は世界共通

以上のように金(ゴールド)のデメリットについて触れてきましたが、それでも金は世界共通の価値を持っています。金さえ持っていれば、どこへ行っても換金することができるのです。それは金の良さでもあります。また、先ほどにも述べたように、金には人の惹きつける魅力があります。金を持つことでパワーを得られるのも、金を持つメリットでしょう。

金を買い取る業者金買取業者

金(ゴールド)を購入するタイミングを見図る

金を売るタイミングも知る

このように、金を購入するタイミングについてお伝えしましたが、大事なことは自分でも常に金の値動きを見ることです。自分でもチャートを見ながら、金の値動きを研究して買うタイミングを見計らいましょう。金の値動きは、世界経済とも関係しています。常に動向をチェックして、金を買うようにしましょう。ただ、あまりベストなタイミングばかり追っても、そもそもいつが本当の買い時なのかは、誰にもわからないので、ここだと自分が判断した時に金を購入すると良いでしょう。

金(ゴールド)の資産や相続なら「リファウンデーション」

「リファウンデーション」金分割「リファウンデーション」金相続

「リファウンデーション」は、1kgや500gの大きなインゴットバーを、100gバーに精錬分割できるので、節税対策にもなります。金を売ることも可能です。金の相続や分割を考える人は、ぜひ検討してみると良いでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ