高反発枕のメリットとデメリットについて

[買い物]

高反発枕は今、注目されている枕になります。肩こりや首コリ解消にも効果的と言われている高反発枕ですが、高反発枕とはどのような枕なのか詳しく見ていきましょう。

知っておくべき高反発枕のメリットとデメリット

肩こりしない枕は首元に隙間を作らない

高反発枕は人気な枕になりますが、メリットデメリットがあります。下記で詳しく見ていきましょう。

高反発枕のメリット

まずは、高反発枕のメリットについてです。高反発枕には様々なメリットがあるのです。

高反発枕は反発力があり頭や首をしっかりサポートする

肩こりは枕が原因!?

まず、高反発枕は高い反発力があるため、頭や首をしっかりサポートしてくれます。頭が枕に沈み込みすぎることなく、ちょうど良いフィット感を与えてしっかり頭や首を支えてくれるので、首や肩の筋肉は過度に緊張することなくリラックスした状態で寝ることができるのです。

枕は、頭をしっかり支えないと、首や肩にストレスを生じさせ、コリの原因にもなるのです。また、頭だけでなく、安定させるために、首もしっかり枕で支える必要があります。その点、高反発枕は、頭も首もぴったり支えてくれるため、筋肉が緊張しにくく、肩こりなどしにくいのです。

高反発枕は型崩れしにくい

柔らかすぎる枕は肩こり原因

高反発枕は、反発力が高いため、型崩れしにくいとも言われています。低反発枕だと寒い季節は硬くなりやすく、変形してしまいやすいのです。しかし、高反発枕は数万回の耐久テストでも耐えられるくらいの耐久性を持ち、また気温差にも影響しにくいので、型崩れすることなく使うことができます。また、耐久性が高いので、10年以上使える高反発枕もあるくらいなのです。

高反発枕は通気性に優れている

そば殻の枕が通気性吸湿性よし

高反発枕は、枕の中に大きな気泡を持っているものが多く、その分、通気性に優れています。なので、夏場でも蒸れにくく、快適に睡眠を送ることができるのです。寝汗などもかきにくいため、睡眠の妨げなどを防ぎます。高反発枕は、暑い季節でも快適に過ごしやすい枕なのです。

高反発枕は速乾性もある

肩こりしない枕は素材選びも大切

また、高反発枕は速乾性もあるので、汗などで湿ってもすぐに乾きます。濡れてもすぐに高反発枕は乾きやすいので、快適な睡眠を送ることができるのです。

高反発枕はダニやほこりが付きにくい

高反発枕はダニが付きにくい

高反発枕はウレタン素材が使われている枕が多く、このような素材はダニやほこりなどが付きにくいとも言われています。なので、ハウスダストなどのアレルギーを持っている人は、高反発枕を使うことで快適に過ごせる可能性が高いでしょう。

手洗いできる高反発枕もある

肩こりしない枕は洗えることが大切

高反発枕は手洗いができる枕もあります。汗が染み込んだ枕を手洗いで清潔に保つことができるのです。寝汗や垢やシミなど、枕の汚れが気になる人も、高反発枕ならば手洗いできるものもあるので、いつまでも清潔に使用することができるのです。

高反発枕は寝返りが打ちやすい

肩こりしない枕は何度でも寝返りうてる

また、高反発枕は寝返りも打ちやすいです。高反発なため、頭や首をしっかり支えてくれるので、少し左右に首を振るだけで、反発力で簡単に寝返りすることができるのです。また、首元もしっかり支えられているので、寝返りしても寝違えなど起こす可能性が低く、何回寝返りしても安定感あり、頭を安定させて眠ることができます。柔らかすぎる枕だと、寝返りがしにくいのですが、高反発枕ならではの寝返りのしやすさがあるのです。

高反発枕は首の骨(頚椎)を寝ながら矯正してくれる

高反発枕は頚椎の骨を矯正してくれる

高反発枕は、首の骨を寝ながらにして、矯正してくれる働きもあります。高反発枕を使うと、本来理想とされる姿勢をキープしながら寝ることができ、首筋を理想的な形で気持ち良く伸ばしながら寝ることができます。これにより、寝ながらにして首の骨を矯正してくれる働きがあるのです。肩こりや首こりがひどい人こそ、高反発枕で本来あるべき姿勢に戻し、コリを解消させるよう働きかけてくれるのでオススメです。

高反発枕は体圧分散力に優れている

高反発枕は圧力分散力に優れている

高反発枕は、体圧分散力にも優れています。人は重力を感じながら寝るので、体にどうしても圧がかかります。枕に頭を乗せていると、頭部へ圧が集中して、首や肩に負荷がかかってしまうのですが、高反発枕の場合は、圧をうまく分散してくれるので、頭部一点だけに集中することなく、放射線状に圧を逃し、首や肩へ過度な負担をかけないようにしてくれるのです。体への過度な負担をかけずに、リラックスして眠ることができるのが、高反発枕の良さの一つです。

高反発枕は天然素材を利用している枕も多い

高反発枕は天然素材を使用する枕もある

また、高反発枕は健康面も考慮して天然素材を使っている枕もあります。なので、健康的にも安心して枕を使うことができるのです。高反発枕は、機能面だけ優れた枕ではありません。

高反発枕のデメリット

上記では高反発枕のメリットについてお伝えしてきました。高反発枕のメリットはこのように多いのですが、逆にデメリットもありますので、下記で詳しく見ていきましょう。

最初は慣れないこともある

高反発枕は多少慣れないこともある

高反発枕のデメリットのひとつとして挙げられるのが、高い反発力を持っているため、最初は慣れないことです。今までとは違った反発力があるので、最初は戸惑うこともあるでしょう。でも、本来の姿勢で寝る為に必要な反発力なのです。逆に今までが不自然な姿勢で寝ていて、それで慣れてしまっていたのでしょう。ただ、高反発枕でも2〜3日使っていれば慣れてきます。最初は慣れないこともあるでしょうが、使っていくうちに体にフィットしてくるでしょう。

普通の枕よりは値段が高い

高反発枕は値段が高い

また、高反発枕のデメリットとして挙げられるのが、優れている枕であるために、普通よりも値段が高いことです。やはりやや高めの値段なので、買うのに躊躇してしまうかもしれませんが、しかし効果は値段以上のものがあります。睡眠は毎日するもので、枕選びは快適な睡眠を得るためにとても大切なものです。そこは、妥協せずにぜひ良い枕を選んだ方がいいでしょう。

高反発枕の種類は少ない

高反発枕の種類は少ない

高反発枕は普通の枕に比べて、種類が少ないです。高反発枕は機能面や効果などにこだわっているため、種類もそんなに多くありません。多くの種類から選べないのはデメリットでもありますが、迷うことが少ないという面では必ずしもデメリットばかりではないでしょう。

高反発枕を扱う販売店は多くない

高反発枕は取り扱い店舗が少ない

高反発枕は取り扱い店舗が少ないです。普通の枕よりも高いので、なかなか数がさばけず、販売店も安い枕を多く売りがちです。

もし、高反発枕を買うならば、ネット購入がオススメです。ネットなら、割引価格で購入できることもあります。ネット割引で通常よりも安く販売している高反発枕もあります。高反発枕を購入検討する際は、ぜひネット購入も考えて見るといいでしょう。

使い始めは多少においがあることも

高反発枕は多少においがすることもある

高反発枕はウレタン素材などを使っている枕もあるので、多少においがすることがあります。なので、最初はタオルなどを枕に巻くといいかもしれません。ただ、におい自体は使っていくうちに薄れていくので、大きな問題はないでしょう。

長く使える肩こり首こり対策枕なら高反発枕

低反発枕は柔らかすぎるのも難点

以上のように、高反発枕のメリットやデメリットについてお伝えしてきました。高反発枕は優れた枕です。肩こりや首コリの解消効果も期待できるので、これから枕を購入する人は、ぜひ高反発枕をオススメします。高反発枕は耐久性に優れているので、長く使うことができます。メンテナンスもしやすく、清潔に使い続けられる枕なので、高反発枕をぜひ検討してみましょう!

今、すごく売れている人気商品はコレだ!

人気商品人気の売れている商品

「The Pillow ザ・ピロー」は首や肩に負担がかからない枕として非常に人気があります。

YOKONEは人気な枕非常に人気な横向き寝専用枕

横向きで無理なく寝たい人には、「YOKONE」が体に負担がなく寝れると評判です!

えんきん口コミ比較えんきん口コミ評判比較

目の疲れを感じれいる人は、CMでも話題の「えんきん」がオススメです。

「めなり」口コミ評判目の疲れに悩む人こそ「めなり」

老眼や目の疲れに悩む人にこそ、「めなり」も人気なアイケアサプリメントです。

ASTRIUM(アストリウム)アンチエイジングASTRIUM(アストリウム)美白サプリメント

富士フィルムが独自に開発した、ASTRIUM(アストリウム)に含まれているナノアスタキサンチンは、従来のアスタキサンチンの9倍もの浸透性、吸収力を誇り、高い美容効果が期待できます。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ