快眠できる枕を選ぶことは、質の高い睡眠を得られることにもつながるので、非常に大切なことです。毎日の体を健康に保つためには、しっかり睡眠できること、質の高い睡眠を保てることが大切なのです。そこで今回は快眠できる枕選びのポイント、およびオススメの快眠枕をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に合わない枕を使うことでの障害

快眠できる枕おすすめな枕

まず、睡眠は生きる上でとても大切なもので、自分に合わない枕を使って寝ると様々な症状をきたす場合があります。

いびき・首や肩のコリ

いびきを快眠枕で治す

たとえば、いびきです。いびきは気道が十分に確保されていないために起こる場合が少なくありません。合わない枕を使っているといびきの原因にもなると言われています。また、自分の体に合わない枕を使うと無理な体勢で寝ている場合があり、そのような時は、肩や首の筋肉を緊張させてしまい、コリの原因にもなるのです。なので、合わない枕を使うと、体のハリやコリをきたすこともあります。

体の重さ・だるさ

体の重さだるさを感じる合わない枕

良質な睡眠を得られないと、体に重さやだるさを感じることもあります。しっかり寝ているはずなのに、なぜか体に重みを感じてしまうのです。これは枕が自分に合わず、寝ているのだけれども、逆に疲れを抱えてしまっていることも考えられます。体の疲れをいやす質の良い睡眠を得るには、自分に合う枕選びはとても大切なのです。

眠れない・寝つきが悪い・不眠症

寝つきが悪い枕不眠症

自分に合わない枕だと、寝れなかったり、寝つきが悪かったり、不眠症に陥る場合があります。本当は寝ていたいのに、すぐに寝ることができないのです。自分の体に合う枕ならば、リラックスした状態になれるので、すぐに寝ることができます。

快眠できる枕を選ぶ上での基準

快眠枕を選ぶ基準とは

このように、自分に合わない枕を使うことで様々な障害をきたしている場合が少なくないのです。快適な睡眠を得るためには、快眠できる枕選びが必要になります。それでは、快眠できる枕を選ぶためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。下記で詳しく見ていきましょう。

適切な高さになっているのか?

枕の理想的な高さ

快眠できる枕を選ぶためには、枕の高さ選びも大切になります。枕が低すぎると、首や肩の筋肉を緊張させてしまい、コリの原因にもなってしまうのです。また、高すぎる枕も首を無理に曲げさせてしまうので、首コリや肩こりの原因にもなってしまうのです。快適な睡眠を得るためには、程よい高さ、ちょうど頭と体の軸が一直線上になるような形が理想的なのです。

壁と首の間の高さに合わせる

人は、壁に背を向けて立った時、首と壁の間に隙間ができます。この隙間と同じくらいの枕の高さが理想なのです。これよりも、高かったり低かったりすると、先ほどのように首や肩のコリの原因となってしまうのです。なので、まっすぐな姿勢で壁に立ち、壁と首の間の長さを測ってきましょう。その距離が理想的な枕の高さです。

またこの距離は、女性の場合で大体約3cm、男性の場合で大体約4cmと言われています。体格差により若干の誤差はありますが、標準的な体型であれば、この距離を基準においておくと良いでしょう。

寝返りは打ちやすいのか?

快眠枕は寝返りが打ちやすいか

また、快眠できる枕で大切なことは、寝返りのしやすさです。寝返りがしにくいと快適な睡眠を得ることはできません。人は一晩で20〜30回寝返りをすると言われています。寝返りすることで、骨の歪みや筋肉の緊張をほぐす働きもあるため、寝返りはとても大切なことなのです。なので、快眠するためには、寝返りしやすい枕を選ぶことも大切なことなのです。

首や肩のコリを解消できるのか?

快眠枕で肩こり解消できるか

首や肩こりを解消させるには、リラックスした状態を保てることが大切になります。睡眠時も筋肉が凝る状態では、コリの解消はできません。なので、体が緊張せずに、リラックスした状態を保ちながら寝れる枕が、快眠できる枕になります。

通気性・速乾性に優れているのか?

通気性速乾性に優れた枕か

快眠するためには、通気性にも優れている必要があります。汗や熱で蒸れる枕は、睡眠の妨げになるのです。また、汗をかいてもすぐ乾く枕が理想的です。いつまでも、蒸れていたり湿っていたりすると、不潔でもありますし、快適な睡眠を送ることができないのです。

手入れがしやすいのか?

快眠枕の基準!手入れ洗濯がしやすいか

また、快眠するためには、常に清潔であることも大切です。手洗いできたり、メンテナンスしやすい枕が理想的な枕と言えるでしょう。快眠できる枕は、常に清潔に保てる枕です。寝心地だけでなく、手入れがしやすい枕かも注意しておくべきポイントでしょう。

働く体を維持するために快眠できる枕選びは大切!

肩こりは枕が原因!?

睡眠はとても大切です。働ける体を維持するためには、良質な睡眠で疲れを癒すことが重要なのです。上記の快眠できる枕の基準を踏まえて、自分に合う枕を探すといいでしょう。

オススメの快眠できる枕はコレだ!

快眠できる枕おすすめ枕はこれだ

さて、ここでは当サイトでオススメの快眠できる枕についてご紹介します。下記の枕は、寝心地良く、肩こりや首コリ解消にも効果が期待できる快眠枕です。ぜひ、検討してみてください!

第1位!めりーさんの高反発枕★★★★★

めりーさんの高反発枕満足度!10万本突破

値段:12,800円(税込み)43%引き! 販売元:モットンジャパン

めりーさんの高反発枕は、高い反発力に優れていて、寝返りがとてもしやすいです。僅かな力で簡単に寝返りすることができます。また、枕の高さ調節もできて、自分の好みの高さに合わせることができるのです。あのNASAが開発したウレタンフォームを素材に使っており、体圧分散力にも優れていて、頭部に圧が集中することなく、うまく圧を逃してリラックスした状態で睡眠を送ることができるのです。

また、8万回の耐久テストにも耐えられる力を持ち、普通に使っていれば10年は使える高反発枕になります。めりーさんの高反発枕は、90日間使用して満足できなければ、返金保証もついているので、これから枕を買い替えたい人にもぜひオススメです!

めりーさんの高反発枕人気めりーさんの高反発枕口コミ評判レビュー

第2位!地球上で眠るすべての人へオススメ!「The Pillow ザ・ピロー」★★★★

ザ・ピロー【The Pillow 】評価サイトが素晴らしい

値段:7,980円(税込み) 販売元:さくら株式会社

「The Pillow ザ・ピロー」も、頭部や首をしっかり支えてくれる枕で、快眠しやすい枕なのでオススメです。枕に頭を乗せた瞬間に、ふわっと浮くような感覚があり、首元をしっかり支えてくれるので、首や肩に過度な負担は感じません。また、「The Pillow ザ・ピロー」は通気性や速乾性に優れているので、夏場も枕が蒸れる心配はないのです。

「The Pillow ザ・ピロー」は、前後で傾斜が違うので、二種類の寝心地を感じることができ、高さ調節で細かい調整ができるので、どのような人にもオススメな枕です。

【The Pillow (ザ・ピロー)】高反発枕最高品質高反発枕【The Pillow (ザ・ピロー)】

第3位!横向き寝専用枕【YOKONE】★★★

横向き寝専用枕【YOKONE】いびき防止疲れを取りやすくする枕

値段:15,800円(税込み) 販売元:ムーンムーン株式会社

横向き寝専用枕【YOKONE】は、舌根(舌の付け根)が気道狭窄を引き起こすことを予防し、いびき予防対策枕としても注目されているのです。ヨコネ(YOKONE)は、特許の技術で、頭・首・肩・肘を支えてくれるので、大変寝やすい枕になります。また、リラックスウレタン素材を採用しているので、肌触りもよく寝心地が良いのです。

ヨコネ(YOKONE)ならば、寝返りしてもズレにくいので、寝返りが多い人でも快適な睡眠を得ることができます。いびきや肩こりに悩まされている人は、ぜひヨコネ(YOKONE)を使ってみるといいでしょう。

YOKONE(ヨコネ)オススメ横向き寝枕YOKONE(ヨコネ)横向き寝枕