仮想通貨のトークンって何?暗号通貨と何が違うの?

[仮想通貨]

仮想通貨を勉強していると、トークンという言葉を聞いたことがあるかもしれません。実際に、このトークンは何を意味するのか、調べてみたので、ご紹介したいと思います。

トークンはブロックチェーンを利用した新たな通貨

トークンの意味は一体何?

いろいろ調べていくと、仮想通貨のいうトークとは、ブロックチェーンを利用した新たな通貨であることがわかりました。ちなみにブロックチェーンについては下記のページを参考にしてみてください。

簡単にいうと、ブロックチェーンは台帳のような存在で、ブロックごとに取引履歴が記載されているのです。そのブロックを鎖で結び、台帳として共有できるようになっています。トークは、まさにこのブロックチェーンを使った新たな通貨になるのです。

ちなみに、仮想通貨は「IOC(Initial Coin Offeringの略)」と呼ばれる、新規仮想通貨公開があります。これは、資金を募り、新たな仮想通貨を公開する方法です。普通は、企業が資金調達をしようとすると、厳しい審査を通らなければいけなかったり、信用力が低いと融資を得られることができません。

しかし、仮想通貨のICOの場合は、割と簡単に資金調達ができてしまうのです。ゆえに、ICOによる詐欺問題も発生しています。新規仮想通貨の出資を募る詐欺事件も起こっているのです。ですから、ICOの話には十分に注意しなければいけません。

また、新規仮想通貨ということは、それほど安定性もなく、不安要素も高いです。ただし、まだまだ始めたばかりの頃の仮想通貨は安く、将来的に爆上げとなれば、かなりの利益を稼ぐことも不可能ではないでしょう。ちなみに、ICOはクラウドセールやトークンセールなどとも呼ばれることから、割安感が想像できるでしょう。

アセットタイプ

また、トークンには2つのタイプがあり、一つはアセットタイプになります。アセットタイプは、発行者があらかじめ発行枚数を決めることができます。発行枚数が決まっているので、株式のような性質を持ち合わせているでしょう。開発元のビジネスが成功すれば、発行したトークンの価値も高まり、大きな利益を上げることも可能です。

カレンシータイプ

もう一つのタイプが、このカレンシータイプです。カレンシータイプは、採掘するタイプの暗号通貨のことを指し、あらかじめ決まった仕組みに基づいて枚数が増えて行くようにプログラミングされています。ですから、枚数を変更することができません。

暗号通貨とトークンも違う

また、厳密に言うと暗号通貨とトークンも違います。暗号通貨は、ブロックチェーンの副産物になります。様々な会社のブロックチェーンを使用した各通貨が暗号通貨になるのです。一方、トークンは、ビットコインが使っているこれまでのブロックチェーンを利用したものになります。ビットコインが利用するブロックチェーンは、ブロックサイズが1MBなので、取引スピードは高くありませんが、ある程度の実績があるので、信頼性はあるでしょう。

トークンは開発会社や通貨を応援する役割も持っている

トークンの役割

トークンに投資をするのは、ある意味で通貨や開発会社に出資をしているようなものです。自らが投資を行い、その通貨や開発会社を応援する形になります。いうなれば、アイドル(通貨・開発会社)を応援するようなものでしょうか。

こちらが出資をして育てていく、通貨の価値を高めていくことに、仮想通貨投資のやりがいを感じるのかもしれません。また、新規仮想通貨は、発展段階のため、将来化ける可能性は十分にあるでしょう。もちろん、資金を失う可能性もありますが、大きく稼ぎたいならば、トークン・新規仮想通貨にも注目してみると良いかもしれませんね。

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ