ビットコインアドレスって何?本当に必要なの?

[仮想通貨]

ビットコインアドレスってなに?怪しくない?本当に必要なの?と思う方も少なくないでしょう。そこで今回は、ビットコインアドレスについて、触れていきましょう。

ビットコイン送金のために必要なビットコインアドレス

ビットコインアドレス

ビットコインアドレスは、ビットコインを送るためにも必要なのです。

ビットコインには、日本円のような通帳がありませんよね。通帳やカードがないと、普通はお金が送れませんよね。その代わりとなるのが、ビットコインアドレスなのです。

ビットコインアドレスがあれば、どこでも、いつでも自分のビットコインを送ることができます。

ビットコインの流れはみんなが見れる

ここで、銀行とビットコインでは大きな違いがあります。それは、銀行で行われる送入金は公開されていませんが、ビットコインの送入金は、公開されているということなのです。

普通のお金とビットコインでは、通貨のあり方が違うのです。

例えば、お金は日本円の場合だと日本銀行のみ作成できますよね。でも、ビットコインはみんなで作り上げていきます。日本円は政府が管理しているとすれば、ビットコインはユーザーたちで管理するイメージです。

ビットコインは中央集権型ではない

ビットコイン

この大きな違いは、ビットコインは中央集権型ではないということなのです。

例えば、日本円の場合は、日本銀行が製造するので、政府の一存で増やしたり減らしたりも可能でしょう。というよりも、政府しかコントロールできない中央集権型になります。

対してビットコインは、みんなで扱うので、誰かの一存で減らしたり増やしたりコントロールすることができないのです。つまり、誰かに管理されたり、流れを左右させられることがなく、フラットな環境ができているのです。

ビットコインはブロックチェーンで成り立っている

ビットコインは、みんなで管理するため、通貨の行き来もみんなが情報共有できるようになっています。ビットコインアドレスがわかれば、どこに通貨が流れたかがわかるのです。

これは危ないのではないかと思うかもしれませんが、通貨の流れが見えるからと言って、奪われたりする心配はありません。むしろ、このブロックチェーンは、みんなで管理するからこそ、不正を暴き、セキュリティを強化する狙いがあります。

これが非公式の場合、どこに不正があるか判断がつきづらくなってしまうのです。そうではなく、みんなで監視することで、お金の安全性を保つ狙いがあります。

BLOCK CHAINサイトで閲覧できる

ブロックチェーン

実際にBLOCK CHAINというサイトで、ビットコインの入出金の流れを誰でも確認することができます。

BLOCK CHAINサイトはこちらです。

ビットコインアドレス

上記の矢印箇所に、ビットコインアドレスを入力して、検索してみましょう。

ビットコインアドレス

すると、残高がいくらで、どこからビットコインが送金されたかがすぐにわかります。つまり、このように誰でも見れるようになっているのです。これが、ビットコインの大きな特徴です。

イメージとしては、個人だけで管理するのではなく、共有しながら通貨を管理するイメージです。共有しつつ、各保有通貨は守れらます。

ビットコインアドレスはバーコードと英数文字がある

ビットコインアドレス

ビットコインアドレスは、バーコード型、もしくは30文字程度の英数文字型があります。バーコード型も使えますが、コピペしやすいので、英数文字型のアドレスを利用することが多いと思います。

ビットコインアドレスは変わる

また、ビットコインアドレスは定期的に変わります。これはハッキングされたりされないため、セキュリティ強化のためです。たとえアドレスが変わっても、自分のビットコインアドレスがなくなる心配はありません。

ビットコインアドレスは正確に書くこと

ビットコインアドレスは正確に書くようにしましょう。間違ってアドレスを記入してしまうと、最悪の場合、ビットコインが消失してしまう可能性もあります。ビットコインアドレスの記入は慎重に行うようにしましょう。

誰もが共有できる世界

ビットコイン

これまでは、誰しも知られないように管理するのがお金のあり方でした。

しかし、これからは誰もが共有できるのが、新しいお金のあり方に変わってきています。誰かにコントロールされるのではなく、自分たちで管理していく。それが新のセキュリティという考え方です。

ビットコインアドレスが変わっても、情報が見れても、自分のビットコインが奪われることはありません。これから通貨の世界も大きく変わってくるかもしれません。

いずれにしても、ビットコインの送金など行うためにも、ビットコインアドレスは必要です。その際に、記入間違いがないように十分注意しましょう。

これから仮想通貨を始めるならば、こちらをチェックしておこう!

下記では、仮想通貨を始めるのにオススメな会社を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

アジア圏で最大級のビットコイン取引所「QUOINE」

「QUOINE」は、アジア圏で最大級のビットコイン取引所になります。業界最多の14通過ペア数に対応しており、BTCJPY取引率手数料無料(但し、BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引)、ETH取引は除く)です。

また、ビットコイン価格が他取引所より低いと評判であり、スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、iPad、Android)です。取引は0.01BTCから取引可能で、レバレッジは最大25倍になります。クイック入金業界最多で約380の金融機関に対応しています。

業界では珍しいLINEを活用したチャットサポートもあるので、初心者の方でも安心して始めることができるでしょう!

ユーザー数20万人、月間取引高450億「ビットフライヤー」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「ビットフライヤー」も仮想通貨取引の口座開設でオススメです。ユーザー数20万人、月間取引高450億、資本金約40億の財務基盤があるので、安心して取引することができます。

「ビットフライヤー」には、高機能取引ツールがあり、FX取引にも対応しています。「ビットフライヤー」ならば、たった5秒でビットコインの購入・売却が完了します。24時間365日入金できるクイック入金サービスも提供しているため、土日の急な相場変動でも安心して取引することができるのです。

もしこれから、仮想通貨取引を始めたい方で、安心安全を選ぶならば、「ビットフライヤー」を検討してみると良いでしょう。

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の「GMOコイン」

「GMOコイン」は、東証一部上場のGMOインターネットグループなので、安心感があります。また、GMOはFXなど投資関連の運用実績があり、専用スマホアプリ『ビットレ君』で本格的に取引を行うことができます。

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。チャートは、単純移動平均線・指数平滑移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・平均足が利用できます。

新規登録キャンペーンもあり、お得に口座開設することもできるので、「GMOコイン」をチェックしてみましょう!

追証なしでFXできる「Zaif(ザイフ)」

Zaif(ザイフ)は、ビットフライヤーと同じくらい有名は、ビットコインFXができる取引所です。最大レバレッジ25倍まで対応しています。これからビットコインFXや、ビットコイン以外のオルトコイン取引を行いたい人にもおすすめです。

アプリ利用者数No.1 「coincheck(コインチェック)」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

coincheck(コインチェック)は、アプリ利用者No.1のビットコイン取引所になります。記憶に新しく、約580億円分のNEMが流出するトラブルが発生しました。セキュリティ面で今後改善する余地がある取引所でしょう。出川哲朗氏の出演CMでも有名で、知名度の高いビットコイン取引所であり、多くの方が利用しているので、これから仮想通貨取引を行いたい方は、利用してみるのもありでしょう。


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ