なかなか稼ぐことができない。もっと稼ぎが欲しいという方も少なくないでしょう。そこで、今回はこれから儲かるであろう職業・商売について触れていきたいと思います。

転職や起業・独立をして、さらに収入を得たい方は、ぜひ参考にしてみてください!

目次

今一番儲かる仕事(職業)は何か?

今一番儲かる稼げる仕事(職業)

「忙しく毎日働いているのになかなか稼ぎにならない」そう頭を悩ます方も少なくないでしょう。

やりがいもないけれども、お金のために自分をごまかして仕事をしている方もいるでしょう。そして、何より一生懸命仕事をしていても、会社からもらえる給料はたいして高くないことに嘆いているかもしれません。どんなに、頑張っても年収が大幅にアップすることは、限りなく難しいのが現実です。

たとえ、個人の力で会社やお店の売り上げが倍になろうとも、自分の年収が倍になるわけではありません。なぜなら、会社を運営するには、人件費や賃料などの固定費がかかるからです。なので、会社の成績を上げても個人への見返りは限りなく少ないでしょう。そのような状況だと、仕事へのモチベーションが下がるのも無理はないでしょう。

たとえ、正社員として懸命に業績を上げても、自分の給料が上がるわけではない、しかも、その仕事が本当に好きな仕事ではなく、お金のため、生活のため、今日を生きるために仕事をします。

それは、本当の意味では「家主(株主や社長)のために、人生を捧げる奴隷のような人生」なのかもしれません。そのような生活から離れる、脱却するためにも、今一番稼げる、ある程度やりがい持って稼げる仕事をご紹介します。

以下で紹介する儲かる仕事に就けば、人生を大きく変えられるかもしれません。

歩合制の仕事は高収入が得られやすい

今一番稼げる仕事とは

今一番稼げる仕事(商売)について考えるとき、仮に起業や独立を抜きにして会社員として一番稼ぐのであれば、インセンティブ制度のある仕事が一番稼げると思います。

つまり、歩合制の仕事です。歩合制の仕事というのは、自分で売り上げた分の何パーセントかの利益を給料として還元する仕組みです。

実は、このような歩合制(インセンティブ制度)の仕事は、売り上げをかなり高いと、非常に大金を稼ぐことができます。

歩合制というと、眉を顰める人もいるでしょう。なぜなら、歩合制は成果を上げなければ、非常に給料が低いからです。

最低月収13万円ということも、ザラにあるのが歩合制の厳しいところです。売れない営業は、会社にとってお荷物として見られることもあります。なので、給料も薄給であるのが常です。

本当にデキる人は、歩合給でかなり稼ぐ!

歩合制の仕事は一番儲かるかもしれない

しかし、本当に売り上げを上げている、成果を上げている会社員は、歩合給として、相当な給料やボーナスをもらっています。

例えば、歩合給として有名なのが、不動産営業です。不動産を多く売れば、手数料として給料にも還元されます。できる営業マンはどれくらいもらっているかというと、不動産業界で売り上げのいい営業は、年収1,500万円を超えます。普通の会社員が、1,000万円以上の年収を上げるのは、たとえ大企業に就職しても、相当なスキルと成績が必要になるでしょう。

しかし、不動産業界の歩合制は、不動産自体の単価も高く、一つ売れば利益も大きいので、それだけ給料への還元も大きくなります。なので、不動産営業で成績を残す社員は、大金を稼ぐことができます。

サラリーマンが副業する方法

ただし、その分、仕事はかなり忙しいこともあります。特に、個人客を相手にする場合は、土日が繁盛期なので基本的に休むことはできませんし、深夜まで事務作業を行うことも多いです。ただ、本当に稼ぎたいのであれば、不動産の営業という仕事(職業)もオススメです。

ちなみに不動産業界は宅建(宅地建物取引士)が必要になります。宅地建物取引士の資格がなくても、不動産業界で働くことはできますが、扱える取引や仕事に限りがあります。本当に不動産業で働くのならば、宅建の資格を持っていると良いでしょう。

また、不動産業界以外にも儲かる仕事(職業)はまだまだあります。

医者(医師)は儲かる仕事

医者は儲かる仕事

たとえば、医者は儲かる仕事の代表格です。手術の多い外科内科の医師は、高収入である場合が多いです。平均年収もおよそ1,200万円を超えます。大学病院などの大きい病院に勤務する医師は、高収入を得ている傾向にあります。

ただ、医師は常に緊急手術に直面する状態にあるので、ストレスのかかる仕事でもあります。患者の命を左右する大切な仕事でもあり、大きな責任感のある仕事です。仕事(手術や処方)がうまくいけば、患者や家族からも感謝され、大きな達成感を得ることができるでしょう。その反面、ミスが許されない仕事なので、最新の注意が必要になります。

医学生は、将来が有望視されているため、合コンなど行えば女子大生やOLからもモテるでしょうが、人の命を扱う大切な大変な仕事なので、強い意志と責任感が必要になります。高収入を得られる仕事ですが、非常に高い倫理性と技術が必要となる仕事です。

パイロットも今一番儲かる仕事の一つ

パイロットは儲かる仕事

パイロットも儲かる職業(仕事)として有名です。パイロットは簡単に離れず、また航空業界では一番必要とする人材なので、高収入である場合が高いです。

ただし、パイロットになるには狭き門です。やはり、パイロットも空を飛ぶ飛行機を操作する仕事で、多くの命を任されています。一つ間違えば、大惨事をまねく仕事なので、最新の注意が必要ですし、体調管理も常に気をつけなければいけません。ちょっとしたケガをしただけでも、自己申告を行い、操縦することを禁止されます。

また、パイロットの資格を得るためには、普通の人が資格を得ようとすると莫大な金額がかかります。日本国内で資格を得ようとすると数千万円以上かかるので、なかなか手にすることができない資格と言われています。

なので、企業の力を借りずに、本当にパイロット(飛行機操縦)資格がほしい人は、航空産業が盛んなアメリカなどへ留学して飛行機の資格を得ます。ただし、たとえ日本より安く飛行機の資格が得られるといっても、渡米するための渡航費や、また現地滞在費、学費などかかり、なんだかんだで費用は1,000万円以上することがあります。

このようにパイロットになるには、資格を取るだけでも大金がかかるのです。なので、一般の人がなるには、航空会社に就職してパイロット養成員として働くことが一番無難なパイロットになる方法です。ただし、楽にパイロットになる方法といっても、簡単には操縦士にはなれません。なぜなら、就職後も適性検査を定期的に受けて、試験をパスできないと地上職(管理棟などでの仕事)を強いられるからです。

視力検査や語学力の検査、そのほかの身体検査を行い、パイロットに適性かどうかを企業は判断します。パイロット適性試験では、ちょっとした鼻孔の症状でも落とされることがあります。それだけ厳しい門なので、ケガや病気は特に注意する必要があり、日常生活にも気を使います。体調管理はベストに保たないといけません。

また、たとえ試験に通過しても、副操縦士としての経験を積まないと、一人前の操縦士(キャプテンパイロット)にはなれません。修業期間はおよそ10年と言われています。なので、仮に25歳で副操縦士になれても、主任の操縦士になるには35歳までかかるのです。その間にも定期的に試験があり、落とされる可能性があり、パイロットとして稼ぐには、相当な努力が必要と言えるでしょう。やはり、医師と同様に強い精神力が必要になります。

歯科医師も儲かる職業(仕事)と言われている

歯科医師は儲かるビジネス

また、歯科医師(歯医者)も儲かる仕事と言われています。歯を専門的に扱う仕事は、資格を有し、高額収入を得られる仕事として有名です。歯医者は、他の医師よりも学習期間(研修期間)が少なく、医師になれやすいとも言われています。また、内科外科の手術医師に比べて、ストレスも少ないと言われています。

ただ、歯科医師も難しい資格が必要になるので簡単ではありません。また、現在は歯科医師で溢れ、歯医医院を開業し運営するのも楽ではないと言われています。実際に歯科医院も廃業することがあります。たとえ、歯科医院を開業できたとしても、簡単ではないと言えそうです。

また、歯科業界にも様々あります。虫歯を治す歯科であったり、ホワイトニングや歯列矯正をする整形歯科であったり、分野は様々あります。整形歯科は開業してうまく運営できれば、稼げる分野であるとも言われています。いずれにしても、歯科医師は、資格を持つだけでなく、営業的な考え方も必要になるでしょう。

開業医は医師業界で一番儲かる職業(仕事)

開業医は儲かる職業

医師・医者の中でも、一番儲かるのが開業医ではないでしょうか。医師(医者)も儲かりますが、開業医が一番儲けることができるでしょう。なぜなら、開業医は病院の売り上げ自体が、自分の収入に影響します。病院全体の利益が、自分の利益にも関わり、自分の力(実績)だけでなく、自分の病院に勤務する他の医師の力(実績であったりスキル)が、自分の利益や財産になるのです。

開業医として、仕事をすれば、5,000万円、一億以上を稼ぐことができるでしょう。開業医となると、前線で施術するだけではいけません。病院全体を運営するマネジメント能力が必要とされます。

なので、自分が率先して施術(手術)を行うのではなく、仕事を任せる立場にならないといけません。自分の手はなるべく煩わせず、人(他の医師や看護師や事務員)に仕事任せる勇気や信頼が必要になります。すべてを自分ひとりでやりたがる職人気質の医師は、開業医として向かないかもしれません。

開業医として稼ぐには、コミュニケーション能力やマネジメント力が必要になります。

弁護士も稼げる仕事(職業)として有名

弁護士は稼げる商売

また、弁護士も稼げる仕事(職業)として有名です。

弁護士は、交通事故、離婚、企業法務、相続、刑事など様々な案件を請け負います。弁護士によって得意分野も違います。弁護士も、弁護士資格が必要になります。行政書士や弁理士など他の資格もありますが、弁護士の資格が一番取り扱える業務も多く、それだけ稼げる機会(チャンス)も多いです。

弁護士で活躍できれば、1,000万円以上稼ぐことができるでしょう。医師と比べると稼げる金額が少ないと感じてしまうかもしれませんが、弁護士は年齢に関係なく、なれる機会があります。医師(医者)になるには、若い頃に勉強が必要で高い学費がかかりますが、弁護士は社会人でも頑張ればなれます。実際に、社会人経験者が司法試験に合格して弁護士になるケースも多いです。前職が、コンビニ店員であったり、ニートであったりする弁護士も実際にいます。

ただ、弁護士になるには相当の勉強量が必要になります。たとえ、東大の法学部を出ても、試験が難しく何年も挑戦する就職浪人生も少なくありません。また、たとえ弁護士になれたとしても、案件をこなさなければ収入を得ることができません。

弁護士として活躍するには、対象地区の弁護士会に登録しなければ、その地区で弁護士業をすることができず、また、弁護士として生業を営むには、年会費がおよそ100万円かかると言われており、中には自費で払う弁護士も多くいます。

なので、たとえ弁護士の資格を持っていても、弁護士として活動していない弁護士も多くいます。中には、ニート弁護士(弁護士資格を持ちながらニート生活をする人)もいるほどです。

なので、弁護士は資格を取ってからが勝負と言えるでしょう。逆に弁護士資格を持ち、バリバリ案件をこなす人は、相当お金を稼ぐことができるでしょう。やはり、弁護士業界も案件を多くかかけると激務になるので、忙しい日々を送ることになるでしょう。

ただし、弁護士事務所を開業できると、稼げる金額も上がってきます。弁護士業界は、医師業界に比べて、設備投資を多く必要としないため、始めやすい傾向にあります。なので、弁護士としてどこかの事務所で1年間経験した後に、すぐに独立する弁護士も少なくないです。

弁護士は独立するのが、医療業界に比べて比較的簡単と言えるでしょう。ただし、本当に稼ぐ(儲ける)には、それからの企業努力が必要になります。なぜなら、弁護士事務所は多くあるので、案件を多く抱え、売上を上げるために、魅力的な弁護士事務所にする必要があるからです。

大企業に就職してお金を稼ぐ

大企業で働くのも給料が良い

普通の会社員が高収入を得るならば、やはり大企業への就職が人気です。大企業は、それだけ多くの社員を抱え込める資金力と福利厚生が充実しています。なので、働きやすい環境があり、また収入面の待遇も良いと言われています。有名どころでは、リクルートや電通、大手商社が人気です。

これらの企業は、重役につけば1,000万円以上の収入を得ることができます。また、勤務体系も充実化しているので、自身のスキル向上にも最適でしょう。

高収入を稼ぐならば、大手企業に就職する方法があります。ただし、就職するには難関試験をパスしないといけません。やはり、高学歴の社員も多く、学歴や学生時代の活動、また中途採用に対しては、即戦力になりうるスキルや経験が必要とされるでしょう。また、大企業に勤めることは、社会のステイタスにもなります。結婚相手を探すうえでも大きな武器となるでしょう。

しかし、大企業に勤めるということは、上司と部下の間に立つことも多くなり、非常にストレスを伴う仕事でもあります。なかには過労により鬱になったり、命を落としてしまう方もいるので、過酷な仕事とも言えるでしょう。

中小企業で成り上がる 〜 バリバリ働き稼ぐ

中小企業で働くのも儲けられる

たとえ、大企業に入れなくても、中小企業で高収入を得る方法もあります。世の中の会社のおよそ9割は中小企業とも言われているほど、中小企業は多くあります。そのような中小企業で働き、高収入を得る方法があります。中小企業は、大企業に比べて福利厚生や勤務環境は優れてないかもしれませんが、多くの仕事を担当することもできます。

大手の場合は、分業制である場合が多く、自分ひとりに任せられる仕事にも限りがあります。しかし、中小企業の場合は、ひとりでカバーしなくてはいけない業務も多岐に渡るので、自然と身につく仕事も多くなります。なので、中小企業の方が、大手に比べて任せてもらえる仕事が多い傾向にあります。

また、大手企業に比べて、中小企業は人件費などの固定費も少なく済みます。もちろん、売り上げも大手に比べて少ないですが、一人に還元できる金額や割合も、大企業に比べて多くなります。なので、中小企業では、個人に対しての見返りも割とフレキシブルであることが考えらえるので、たとえ大手企業に就職しなくても、中小企業で頑張れば、大企業の役員並みの年収を手にすることもできます。

また、中小企業では社長がひとりで頑張っている会社も少なくなく、もし社長が引退したときは、会社をいきなり任されることも少なくありません。そうなると、いつの日か社長になれる可能性もあるのです。

これが大企業となるとライバル社員も多く社長になれる可能性はかなり低いかもしれませんが、中小企業の場合はもともと社員も少ないので、将来的には会社を任せられる立場につく可能性もあるのです。

これこそ大企業では得られないチャンスです。大企業の場合は、社長になれるチャンスなどほとんどありません。たとえ、代表取締役になれたとしても、株主の言う通りに会社で働くことが迫られるでしょう。

しかし、中小企業で働き、社長を任されれば、すべて自分の考えで会社を動かせるチャンスがあるのです。なので、必ずしも大企業で働くだけが、稼げる高収入を得る道(方法)ではありません。

生命保険の営業も実は稼げる仕事

今稼げる仕事商売

実は、医師や開業医、そして社長よりも稼げるチャンスのある仕事(職業)があります。社長でもなく、いち会社員として、うまく業績を上げれば、生涯年収以上を一年間で稼ぐことも可能です。それが、生命保険の営業です。実は、大手生命保険の営業はかなりの大金を稼ぐことも可能です。

有名な生命保険会社は、毎年全国トップ営業マンを表彰します。かなり優秀な営業になれば、年間なんと6億円の収入を得ることもできるのです。6億円というと、宝くじを当てても、なかなか手に入らない金額で、一人分の生涯年収を優に超えています。

しかし、実際にこのくらいの金額を得る、超優秀保険な営業も日本に実在するのです。このような仕事も歩合制、つまりインセンティブになりますが、非常に稼げる仕事と言えるでしょう。

また、これくらい稼げると勤務体系もあってないようなものです。結果を出しているので、好きな時間に自分のペースで稼ぐことができるでしょう。ある意味で、自由に相当稼げる仕事(職業)と言えます。

ただし、そこまでになるには、相当の努力と多くのクライアントの助けが必要になるのは、言うまでもありません。

機関投資家もかなり稼げる仕事(職業)!

今一番稼げる仕事・会社員サラリーマン

上記であげた生命保険販売員よりも稼げる職業。それが投資、投機分野で働く会社員です。機関投資家とも言われる分野で働く人たちは、非常に高い金額だと、1,000億、または兆円規模の取引をひとりで扱います。超高額なお金を相場を読みつつ、扱うので非常にストレスのかかる仕事です。少し相場の読みを間違えただけで、数千億が飛んでいきます。

ただ、このような投資業界で実績を出す会社員は、なんと数十億円を稼ぎます。以前、公開されていた年間収入ランキングで、およそ60億円以上を年間で稼いでいた会社員がいるほどです。

それくらい、投資(投機)分野で活躍できれば、大きな収入を得ることができます。ただ、そのような分野で働くのは、本当にごくわずかの限られた人材です。働きたいと思っても簡単に職につくことはできないでしょう。ただし、投資は個人的に行えるので、大金を稼ぎたい儲けたい人は挑戦してみても良いでしょう。

普通の会社員は、なぜ稼げないのか

稼げる仕事ではない職業

様々な稼げる仕事がありながら、普通の会社員がなかなか思うように稼げないのはなぜでしょうか。

それは多くの仕事(職業)が稼げない儲からないものばかりだからです。多くの人が、生活のためお金のためにする仕事は、本当は社長や株主が得するようにしかできていません。つまり、自分が働けば働くほど、企業の株主が得する仕組みになっています。

これを知らずに働いている人がかなり多いです。なぜなら、お金を稼ぐことの本当の意味を学校では教えてくれないからです。小中高そして大学では、会社の利益になるように一生懸命に働く人材を育てます。本当に自分が稼げるようになる方法を、学校では教えてくれないのです。

多くの人たちは、自分の生活、家族の生活を養うために働いているのですが、結果的に会社の利益になるように働いていいます。ということは、必然的に自分の取り分が少なく、多くの利益を株主などへ渡しているので、働けども、大した収入にはならず、いつも生活に困窮しているのです。

まず転職する給料を得るために転職

ですから、これから転職される方は、なるべく自分が儲かる仕事をするようにしましょう。貴重な自分の人生の時間を、ただ社長や株主のために働くのを避けましょう。

今の仕事が合わない・稼げないならば本気で転職を考えるべき

もしも、今の仕事が合わない、なかなか稼げないならば、本気で転職を考えるべきです。このまま同じように仕事をしても、お金を稼げるわけではありません。

人生の貴重な時間をお金にならない仕事に捧げるよりも、もっと稼げる仕事をして、お金を得た方がいいでしょう。とりあえず、転職サイトなどに登録して、もっと稼げる仕事がないのか、周りをよく見てみることも大切です。

正社員になりたい求人案件正社員求人案件

都会で働くという選択肢も持つ

また、地方の方は、やはり都会に出た方が働き口は多いです。また、仕事も様々あるので、今より稼げる仕事が見つかるチャンスは十分にあります。

ひょっとしたら、今の場所だとなかなか良い仕事先が見つからないかもしれません。これまで目を向けてなかった都会での仕事にも注目してみましょう。意外と自分がやりたい、稼げる仕事が見つかるかもしれません。

東京で見つかる求人東京で稼ぐ働く儲ける

また、稼げる仕事(職業)は会社員として働くだけではありません。自分でビジネスを持つことでも稼ぐことができます。自分でビジネスを起こし儲かる仕事は何か、下記で見ていきましょう。

個人でビジネスを持ちお金を稼ぐ!今は会社に頼らずとも仕事ができる時代

稼げる儲かるビジネス

会社員として働きながら、自分でビジネス(仕事)をしてお金を得ることができます。もし、会社の給料に満足できなくても、お金を稼ぐ術を身につけておけば、会社だけに頼らずに済みます。

では、稼げる仕事(ビジネス)は、どのようなものがあるでしょうか。一つ上げられるのが、転売でお金を稼ぐことです。自分で格安商品を仕入れて、高く売れれば、利ざやを稼ぐことができます。

実は、「転売」を会社員やOLが稼ぐ儲けるビシネスとして、始めている人も少なくありません。自分で見つけた仕入先から商品を買い占めて、適正価格で売りお金を稼ぐことが、社会人でも会社で働きながらにしてできます。このような仕事(ビジネス)ができれば、本業とプラスしてお金を稼ぐことができるでしょう。

輸入ビジネスは儲かる

転売は国内だけでなく、海外サイトで売買(輸出入ビジネス)を行いお金を稼ぐこともできます。

海外を相手に転売を行う場合は、国内で安く仕入れて海外へ高く売ったり、また海外で安く仕入れて国内で高く売ることもできます。例えば、気になるブランド品を海外サイトでチェックしてみると半額以下で仕入れられることもあるのです。

また、日本の電化製品や漫画やフィギュアなども人気です。海外に人気な日本の商品に目をつけるといいでしょう。ポイントは日本独自のものに注目することです。伝統品も高く売れる可能性があるのでしょう。

海外から仕入れる場合に大切なことは、仕入先を確保することです。また、海外へ輸出する場合は、どういう日本製品が売れるのかよく注意することです。

これさえできれば、輸出入ビジネスで相当儲けることができるでしょう。今後もグローバル化は進んでいきますし、これからも輸出入ビジネスが衰退することはないでしょう。

もし本気で輸入・輸出ビジネスで稼ぐならば、「電脳せどり」というツールを使用することをオススメします。個人で仕入れる場合は、このようなツールで何が売れるのか、よくチェックすることが大切なのです。

自分で稼ぐならば投資は外せないビジネス

一番稼げるビジネスは投資

もし会社に頼らずに、自分で稼ぐならば、投資も外せないビジネスです。

投資は稼げる職業としてあげましたが、会社員でも個人で投資で稼ぐことができます。それが、FXや株式投資などです。これらは、法人だけでなく個人も行えます。うまく運用できれば、会社員でも学生でも主婦でも稼ぐことができます。

投資を始める前に、ある程度の勉強が必要ですが、しっかり研究して自分の取引手法を確立することができれば、勝てるようになってくるでしょう。

投資で大切なことは、必ず最初は少額で始めることです。投資は損失を出すことも普通にあります。特に初心者の場合は、最初は損失を出しやすいのです。

ですから、最初は少額で取引を行い、慣れてきたら資金を増やして取引すると良いでしょう。

少額で取引を始めるならばFXがオススメ!

もし、少額で取引を始めるならば、株式投資よりもFXがオススメです。なぜならば、FXはレバレッジといって、資金の何倍もの金額を取引することができます。

最初に少額で始めるならば、レバレッジがあるFXの投資を始めると良いでしょう。ただし、FXは値動きが株式投資よりも大きいので、慎重に取引することが大切です。下記ではオススメのFX会社を紹介しています。

また、簡単に勝てるわけではないので、取引しながら研究すること。また、FXの勉強をしっかり行うことです。下記ではオススメのFXに関する教材も紹介しているので、参考にしてみると良いでしょう。

今流行りの仮想通貨も見逃せない

今流行りの仮想通貨

また、今流行りの仮想通貨(ビットコインなど)の取引も見逃せません。

仮想通貨は、FXよりもさらに値動きが激しく、短期間で大きく稼げるチャンスもあります。なかには、数千円で億を稼ぐトレーダーもいるほどなのです。

相場にうまく乗れば、相当稼ぐことができるでしょう。ただし、その分大きく負ける可能性もあるので、いずれにしても十分注意しながら取引することが大切です。

不動産投資も手堅い投資

不動産投資

また、不動産投資も手堅い投資ですね。良い物件を購入できれば、安定収入が継続的に得られるので、資金がある方はぜひ検討してみると良いでしょう。

不動産投資で大切なことは、良い不動産会社と関係を持つことです。不動産会社のなかには、とりあえず売れればいいと考えている会社もあります。やはり、自分に有益な情報を与えてくれる不動産会社の協力が必要になります。

手始めに、下記で紹介しているような不動産投資セミナーに参加してみるのもいいでしょう。

ネットショップを立ち上げて、商品を売りお金を稼ぐ

ハンドメイド商品を作成してお金を稼ぐ

また、オリジナルハンドメイド商品を作り、ネットショップで売り、お金を稼ぐ方法もあります。

実際に、主婦の方でオリジナルハンドメイド商品を作り、ネットショップで売って、月20万円以上稼ぐ方もいるのです。

インターネットでは、様々な人が物を買っているので、自分のビジネスを広げるためにも、利用しない手はないでしょう。しかも、今は簡単に自分のお店がネット上で作れます。

オススメなサイトは、BASEというサイトです。BASEで簡単ネットショップ運営

ここでは簡単に自分のネットショップが作成できます。無料なので、ぜひ試しに登録してみると良いでしょう。

ある女性はフリマアプリから自作アクセサリーのネット販売を始めて、人気が出てネットショップを立ち上げ、かなりの売上を得ている人もいます。何か、自分で作成して売れるものがあれば、ネットショップで売ってみるといいでしょう。それは作品でも情報でもいいと思います。

自分が持っている知識や経験を生かし、それを商売として成り立たせられれば利益を得ることができます。個人でネットショップを開く場合は、なんでも屋にはならないこと、何かに特化したネットショップの方が強みになりますし、ユーザーを惹きつけます。

とりあえず自分が興味あるものや、人よりも詳しいものを売ってみるといいでしょう。意外と人気が出て、売り上げをあげられる可能性があります。

本気でネットショップを開業するなら知っておくべきこと今はネットショップを誰でも開業できる時代

フランチャイズ店でお金を稼ぐ

もし資金がある方ならば、フランチャンズ店を立ち上げて、お金を得る方法もあるでしょう。フランチャイズならば、あらかじめ運営ノウハウも確立されているわけなので、ビジネスを始めやすいでしょう。

ただし、どういうフランチャイズが良いのかは、よく判断しなければいけません。まずは、下記のようなフランチャイズ専門のサイトで相談してみると良いでしょう。

フランチャイズでお金を稼ぐフランチャイズでお金を稼ぐ

企業から直接仕事をもらってお金を稼ぐ儲けるビジネスプランがある

企業から直接仕事をもらい稼ぐ

今は、企業からの仕事を法人だけが扱う時代ではありません。大企業の仕事でも、個人が請け負うことがあるのです。

たとえば、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスサイトは、多くの企業が働き手を募集しています。サイト制作など高度な案件もあれば、記事作成やデータ入力など、比較的簡単に作業しやすい仕事もあります。

そのような仕事を行い、自分の力でお金を稼ぐ儲けることができるのです。自分で仕事をするとなると、クライアントを探したり、仕事を見つけることが大変ですが、ランサーズなどを使えば、すぐに仕事を見つけることができます。

特に、自分でビジネス(商売)を持ちたいけど何をしていいかわからない、何ができるのかわからない人は、このようなサービスで仕事を始めてみるのも良いでしょう。比較的楽に仕事を見つけることができます。また、成果が出れば、個人的に案件を任されることもあるので、さらに稼ぐことができるでしょう。

フリーランスとして仕事をしてお金を稼ぐ

フリーランスとして仕事をしてお金を稼ぐ

また、今は会社に属さずとも、フリーランスとして仕事をしてお金を稼ぐ方法もあります。

フリーランス月100万円フリーランスで月100万円

今は、フリーランスでも仕事が取れる時代です。コネクションやスキルなどがあれば、フリーランスとしてもやっていけるでしょう。

フリーランスとして働くデザイナー求人

今の会社に不満がある場合は、フリーランスの選択肢も視野に入れるといいでしょう。

実際にフリーランス向けの案件を多く扱うサイトもあるので、そういうサイトをチェックしてみるといいでしょう。

ポイントサイトでお金をコツコツ貯める

これは、大金を稼ぐというよりも、コツコル少額を堅実に稼ぐ方法ですが、ポイントサイトを利用する方法です。

ポイントサイトでゲームやアンケートに答えて、ポイントを貯めて、商品や商品券と交換することができます。また、商品を売ってお金を稼ぐこともできるでしょう。

コツコツゲーム感覚でポイントを貯めるのが好きな方は、ポイントサイトをチェックしてみるのもいいでしょう。

チャットレディの仕事でお金を稼ぐ

チャットレディの仕事でお金を稼ぐ

女性の方ならば、チャットレディの仕事でお金を稼ぐ方法もあります。

チャットレディは、チャット上で男性客の話し相手をするのが主な仕事です。特に会うことはないので、危険なこともありません。また、チャットレディは顔出ししなくても、メールのやり取りだけでもお金を稼ぐことができます。

チャットサイトによっては、登録するだけでお金(ボーナス)がもらえるサイトもあるので、ぜひチェックしてみると良いでしょう。

プログラマーになりお金を稼ぐ

プログラマーになりお金を稼ぐ

これからはますますプログラマー人材は必要とされることでしょう。AI化が進むなかで、プログラミングスキルは重宝されます。

もし、プログラミングができれば、ひとりでWebサービスを立ち上げて、起業することも可能でしょう。それこそ、一発当たれば上場企業レベルの会社を立ち上げられ、青天井の収入を得ることも可能です。

本当に大きな金額を稼ぎたいならば、プログラマーへの道もオススメします。今は、下記のように未経験であってもプログラミングが学べるスクールもあるので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

ドローン業界も今後発展する可能性あり!

ドローン関連の仕事

ドローン業界も今後発展していくことが予想されます。今はメディアなどでも、ドローンは多く使われています。

今度はドローンパイロットという職業も知名度が上がるかもしれません。実際に下記のように、ドローンを専門にした求人案件を扱うサイトもあるので、ぜひチェックしてみると良いでしょう!

儲かるビシネスをまずは何でも始めてみる

儲かるビジネスはなんでも始める

本業の仕事以外にも収入が欲しい人は、まずは何でもいいので儲かるビジネス、稼げそうな商売を始めてみることです。サラリーマンやOLなどの社会人は、副業としてビジネスを始めることができます。先ほどのランサーズを利用したビジネスなどでも良いですし、資金があれば、株式投資や不動産投資なども良いでしょう。

まずは、自分なりに稼げそうな商売を考えて始めてみましょう。実際にビジネスをすることで、自分にあっているかどうかもわかります。人によって得て不得手があるので、実際に商売をすることで、何ができるのかもわかってきます。

なるべく小リスクでビジネスを始める

ただ、商売を最初に始めるには、なるべくリスクがないものから始めると良いでしょう。なぜなら、ビジネスには損失や失敗もつきものだからです。最初から調子よく飛ばしていると失敗したときに立ち上がれなくなります。

なので、損をするものだとあらかじめ意識して、自分のビジネスを行うと良いでしょう。そうすれば、いざうまくいかなくなったときでも、軌道修正することができます。

これから儲けるならば自分のスキルや経験を売る

自分のスキルで稼ぐ

もし、これから儲けたいのであれば、自分のスキルや知識経験を売ることです。これまでの人生経験で得た知識や経験は多いと思います。そのような、知識や経験をビジネスとして販売することができます。実際に自分のスキルや経験が欲しいと思う人がいるのです。

今の仕事(商売)で稼げないならば、思い切って転職するのもあり!

転職するのもあり

もし、今してる仕事(商売)で思うように稼げないならば、思い切って転職するのはありです。

なぜなら、他の仕事の方が自分に合ってるということがよくあるからです。今の仕事が自分には合っていないかもしれません。

実は他の仕事が自分にとって天職であるということはよくあることです。ましてや、今の仕事(商売)が嫌いならば、本当に職を変えることを真剣に考えた方がいいでしょう。

嫌いな仕事を続けることは相当なストレスになりますし、無理にしてもスキルは思うように上がらないでしょう。自分にとってやりがいを感じられる仕事をした方が、成長できるスピードも早いと思います。

仕事は大変な面もあるので、前向きに取り組めることが大切です。下記のような転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

リクルートエージェントで転職転職して年収アップ

好きな仕事と得意な仕事は違う

好きな仕事と得意な仕事の違い

また、好きな仕事よりも、実は得意な仕事の方が稼ぎやすいことがあります。どんなに好きな仕事でも、得手不得手があります。効率よく稼ぐ、儲けるならば、自分が得意な仕事(商売)を見つけることです。自分が人よりも比較的できる仕事、それは必ずしも一番好きな仕事ではないかもしれません。

でも、自分が得意ならば、それがビジネスになるのです。また、いくら好きな仕事であっても、その仕事(ビジネス)を続けていくと嫌いになってしまうかもしれません。

しかし、得意な仕事であれば、よほどのことがないと、不得意になりません。つまり、仕事で儲けたいならば、好きな仕事よりも、自分が得意な仕事を見つけることです。

これが、儲けられるチャンスにもつながります。これはよく覚えておきましょう。しかも、人は思いもよらなかった仕事が、実は自分にとって得意な仕事であったというケースは往々にしてあるのです。

得意な仕事が何か、自分が気付かないことも多い

得意な仕事を見逃す

自分が得意であることすら気づかず、嫌いな不得意な仕事を定年まで続けている人も少なくありません。

さすがに定年まで続ければ、たとえ不得意でも少しは人よりもできるようになるかもしれませんが、もし得意な仕事をずっとしていれば、もっとその業界で一目置かれる、能力を発揮して稼げる人間になっているのです。

20代も転職できるサイト20代こそ転職

だから、いち早く自分が得意な仕事を見つけましょう。もし儲けたい、稼ぎたいならば、得意な仕事(商売)を見つけて、それに集中することです。

それを見つけるまでは、いくらでも転職していいと思います。商売を変えていいでしょう。そうしないと稼げる商売は見つかりません。本気で稼ぎたいならば、得意な仕事を見つけてください。

お金を本気で稼ぐ本気でお金を稼ぐ

自分にとって得意な仕事(商売)を見つけるのに効果的な方法は、第三者に話しを聞くことです。

つまり様々な業界(ビジネス)に詳しいエージェントの話しを聞くことです。自分ではわかっているつもりでも、自分が何が好きで何が得意なのか、客観的にわからないものです。

なので、客観的に見てもらえるエージェントに、話を聞いてみましょう。対話で話していると、自分が何が得意なのか、もしくは得意そうなのかわかってきます。そのためにも、転職エージェントを使うことは非常に効果的なのです。

今、稼げない仕事(商売)に悩んでいる人こそ、ぜったいに転職エージェントを使うべきです。稼げる儲かる仕事を見つけるなら転職エージェントを使った方が良い

転職サービスで自分が稼げる仕事を見つける転職サイトで自分が稼げる仕事を発見する

これから儲けるため、稼ぐためには起業(商売)するという考えもあり

儲ける稼ぐために企業する

これから儲けるため、稼ぐためには起業するという考えもありなのです。最初に申し上げたように、会社員として働くことは、社長や株主に儲けさせるように働きます。ですから、一番自分が儲けたいのであれば、起業することです。

自分の会社で働けば、多くのお金を自分のために稼ぐことができます。

自分の会社なら、会社のお金をどう使うかを自分で考えることもできます。本当に一番儲けたいのであれば、ビジネスを始めましょう。ビジネスには、失敗もあるかもしれませんが、失敗から学べるのであれば、それは失敗ではなく、成功するために必要なテストだったのです。

まずは、行動してみましょう。動いたり、考えたりすることで、稼ぐ方法や儲ける方法が見えてきます。大切なことはまず行動して、色々経験してみること、また、稼げる方法や儲ける方法はたくさんあるということです。

誰のために仕事をしているのか、将来自分はどうありたいのかを考えてみましょう。自分の思い描く未来を強く明確にすれば、それを目指す原動力にもなります。意識を変えれば、これからもっともっと稼ぐことができます。