後悔しない遺品整理の仕方 – 時期・方法・費用(料金)など

[遺品整理]

今は亡き人の遺品整理を一人でしようと思うと大変なことです。遺品整理は業者に頼んだ方が良い場合もあります。また、遺品整理をする上で注意すべきこともあります。後悔しない遺品整理をするためにはどうすれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

後悔しない遺品整理をするために

後悔しない遺品整理

遺品整理は想像以上に大変なものです。人が残していくものは結構多く、家族で整理するのは大変なことなのです。また、自分たちで整理しようと思っても、思いがこみ上げ、なかなか整理ができない、処分ができないということもあるのです。

第三者の協力を得た方が良い

ですから、業者なり第三者の協力を得て、一緒に遺品整理をした方が、スムーズに整理ができる場合が多いです。遺品整理は悲しさがこみ上げ辛い思いをするかもしれませんが、整理をするということを念頭にして、心の整理のためにも、人の力を借りて作業していくのがいいでしょう。

遺品整理を業者に依頼する場合の相場費用(料金)

もし遺品整理を業者に依頼する場合は、相場費用はだいたい下記のような値段になります。

  • 1K(作業員1~2名)4万円~
  • 2DK(作業員3名)13万円~
  • 3DK(作業員4~5名)19万円~

トラックの大きさや台数で計算する場合は、相場費用はだいたい下記のような値段になります。

  • 1tトラック 5万円~
  • 1.5tトラック 7.5万円~
  • 2tトラック 10万円~

何れにしても、まずは業者に相談して見積もりをとることが大切です。

遺品整理で注意すべきことはなにか

遺品整理ですべきこと

遺品整理ですべきことは何か。これから遺品整理をする際には、ぜひ注意してほしいことがあります。

捨てるものと捨てないものを分ける – 保管すべきものはなにか

遺品整理をするとき、なんでもかんでも捨てれば良いわけではありません。遺品整理をした際に、「大事なものも捨ててしまった」とあとで後悔してしまう場合もあります。

なので、残しておくものをあらかじめリストアップすることです。下記では、代表的な残しておくべきものをピップアップします。

  • 銀行通帳
  • 届印・その他印鑑
  • クレジットカード、キャッシュカード
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 請求書、領収書
  • 契約書類
  • 有価証券
  • 不動産など権利関係書類
  • 宝石など価値の高いもの
  • 使う予定ある電化製品
  • 故人の商売道具
  • 写真、手紙、エンディングノート

など、ざっとあげると上記のようなものです。お金に関するもの故人との思い出に関するものは、やはり保管しておいた方があとで後悔することがないでしょう。

捨てるか迷う場合は保留にする

捨てるか迷うもの

また、残すまでもないけれども、なんとなく捨てがたいものは、捨てずに保留でとっておくのも一つの方法です。あとで、親族にあげるものも出てくるかもしれません。

ただし、なんでもかんでも保留でとっておくと、ほとんど捨てられなくなってしまいます。せっかく廃棄のための業者を呼んでいるのに、全体の3分の1しか捨てられなかったというケースもあり、これだとなんのために業者を呼び、遺品整理をしているのかわからなくなります。

ですから、バランスを考えて、残すもの・捨てるもの・保留にするものを分けていきましょう。

事前に親族間で話し合っておくことも大事

また、遺品整理をする前に、事前に親族間で話し合っておくことも大切です。遺品をめぐりトラブルになる可能性もあります。特に高価な遺品の場合は、取り合いになったり、相続で揉めることが多いのです。

なので、相続人間でどういう遺品を残すのか、高価な遺品についてはどのように分けるのか、よく話し合っておくことが大切です。なんなら、相続人全員同席で遺品整理をした方が、あとで揉める可能性も少なくすむでしょう。

故人が男性の場合はアダルト品が出てくる場合も

また、実はよくあるのが、故人が男性の場合に多いのが、遺品としてアダルト品が出てくることがあります。故人にとっては見られては恥ずかしいものだと思うので、こっそり処分してあげましょう。

電化製品は利用できる場合も

電化製品

またテレビなどの電化製品は、年式や状態によっては、まだ利用できる場合もあります。親族間で使う予定はないか、よく話し合っておきましょう。

賃貸物件の場合は一ヶ月契約延長するのもあり

遺品整理で契約延長

また、故人の物件によっては、賃貸物件という場合もあるでしょう。遺品整理は急いでするのが必ずしも良いとは限りません。親族間や業者とよく話し合って遺品整理をすることで、後悔ない遺品整理をすることができます。

ですから場合によっては、賃貸契約を1ヶ月延長し、その間に遺品整理を行うというのもアリだと思います。その方が、ある程度時間をかけて、故人との思い出の品を整理し、部屋を片付けることができるはずです。

遺品整理を急ぐべきなのか、よく考えてみましょう。どうしても急がなければいけない理由がない限り、ある程度時間をかけて遺品整理をするのも良いと思います。

遺言やエンディングノートが残っていないか

遺品整理をする際に、遺言やエンディングノートが残っていないか、よく見てみましょう。もし残っている場合は、本人の意思が記載されていることが考えられます。

遺品整理をしていると、エンディングノートが見つかる場合もあります。そこから本人の意思を垣間見ることもできるので、なにか残されていないか注意してみましょう。

遺品整理は故人の遺産を守ることでもある

遺品整理は故人の資産を守ること

遺品整理というのは、心の整理であるとともに、故人の遺産を守ることでもあります。遺品に残された故人の遺産を、後世に継ぐためにも、遺品整理を行っていきます。遺品整理を通して、亡き人が残していったものを大切に保管すること、そして次の世代にも残すこと。

遺品整理というのは大事な作業です。整理を行うことで、家族の絆を再確認できることもあります。ぜひ、故人との思い出も大切にして、後悔なき遺品整理を行いましょう。

ちなみに遺品整理を専門業者に頼むならば、CMでもおなじみの「スピード買取.jp」【スピード買取.jp】や、ライフリセット【ライフリセット】などがオススメです。自宅まで無料査定してくれるので、遺品整理を検討する際は、是非一度相談してみると良いでしょう!

遺品整理を考えているならば、こちらをチェックしておきましょう!

下記では、遺品整理する際に役立つサイトを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

遺品整理の高価買取専門「スピード買取.jp」

「スピード買取.jp」「スピード買取.jp」

「スピード買取.jp」は遺品整理の高価買取を行っています。TVCMも放送しており、知名度がある会社です。日本全国無料で出張査定可能で、申込みから最短30分で来てもらうこともできます。

また、即日現金可能で、クーリングオフなどアフターフォローもしっかりしているので、安心して「スピード買取.jp」に依頼することができるのです。「スピード買取.jp」

遺品整理専門の「ライフリセット」

「ライフリセット」「ライフリセット」

「ライフリセット」は、遺品整理専門の会社になり、故人がお部屋に残した遺品や不要物を整理します。遺品整理を行うならば、一度「ライフリセット」へ問い合わせてみるのも良いでしょう。【ライフリセット】

不用品回収の「オールサポート」

「オールサポート」「オールサポート」

「オールサポート」は、おかたづけ・遺品整理を行っている会社です。通常の業者と違い、買取知識にたけており、安く作業を行うことができます。「オールサポート」は月間1000件ほどの依頼を受けており、評判も良いのです。

また、お客ごとに予算に合わせた複数のプランを提案してもらうことができます。また、「オールサポート」では、単品回収も格安で行っているので、1点からでも依頼することができるのです。「オールサポート」

着物高価買取の「ウルトラバイヤープラス」

「ウルトラバイヤープラス」「ウルトラバイヤープラス」

「ウルトラバイヤープラス」は、着物の高価買取を行っています。自宅に梱包材がなくても、無料の「宅配キット」を用意してもらえ、送料無料で宅配査定が行えます。また、買取キャンセル時の返送料も無料なので、安心して利用することができるのです。

遺品整理で着物が出てきたら、「ウルトラバイヤープラス」に査定依頼してみると良いでしょう。ウルトラバイヤープラス

骨董品の高額買取の「日晃堂」

「日晃堂」「日晃堂」

「日晃堂」は、骨董の買取専門店です。リサイクル業界でも珍しい、骨董品やアンティークを専門にしたサービスで、出張費、査定料、手数料は全て無料です。骨董品の値段を調べたい方は、「日晃堂」に問い合わせてみると良いでしょう。日晃堂

切手の高価買取専門「買取プレミアム」

「買取プレミアム」「買取プレミアム」

「買取プレミアム」は切手専門の買取サイトになります。自宅まで無料で出張、査定、買取をしてくれます。遺品整理で切手が出てきたら、「買取プレミアム」に買取依頼してみると良いでしょう。買取プレミアム


情報商材 ブログランキングへ

楽天広告

このページの先頭へ